革新的な脱毛効果!顎髭(あごひげ)の脱毛のために、事前対策やアフターケアの賢いやり方はこちらです。

2019-06-21

メガネをかけた女性

顎髭脱毛は事前にいくつかのことを意識するだけで高い脱毛効果を得ることが可能です。

こちらでは施術前にすべきことと、施術後にすべきことについてまとめています。

効果的に顎髭の脱毛を進めたい方は、是非参考にしてみてください。

効果的な顎髭脱毛のために事前にすべきこと7つ!

効果的な顎髭脱毛を行うためには、脱毛前に以下の7つのことに注意しましょう。

  1. 日焼け対策を行う
  2. 保湿して肌の潤いを保つ
  3. 毛抜きでの処理を絶対にしない
  4. 十分な睡眠をとる
  5. アルコールの摂取を避ける
  6. 施術当日も化粧水や乳液を塗って行く
  7. 当日の朝に髭を剃る

それでは、それぞれ詳しく説明します。

【その1】日焼け対策を行う

脱毛前は日焼け対策をしっかりと行う必要があります。

日焼けをして肌の色が濃くなっていると施術を断られたり脱毛機の出力パワーを下げられたりして効果的な脱毛ができなくなってしまうためです。

火傷や肌トラブルのリスクも高くなります。

外出する際は日差しが強い日だけでなく、常に日焼け止めを塗るようにしましょう。

こまめに塗りなおすことも大切です。

日焼け止めはSPFの高いものを選ぶと効果的です。

【その2】保湿して肌の潤いを保つ

脱毛をする方は日頃から保湿を行なって肌の潤いを保つことが大切です。

肌が乾燥した状態で施術を行うと照射する光やレーザーがヒゲの根元まで届きにくくなり、脱毛効果を得にくくなってしまうためです。

また、施術時に強い痛みを感じたり肌トラブルのリスクも高くなってしまいます。

髭剃りの後や入浴後には必ず保湿を行うようにしましょう。

化粧水と保湿クリームを合わせて使うと保湿効果が高まるのでおすすめです。

【その3】毛抜きでの処理を絶対にしない

毛抜きをする男性

脱毛前と脱毛中は毛抜きでの処理は絶対にNGです。

照射する光やレーザーの熱はヒゲがあることで毛の根元まで届くため、ヒゲを抜いてしまうと根元にダメージを与えることができず、脱毛効果を得られなくなってしまうからです。

また、毛の成長サイクルも1~2ヶ月ずれてしまい、効果的な施術間隔で光やレーザーを当てても脱毛できないヒゲが生まれてしまいます。

ヒゲを処理する際は毛抜きを使わず、電動シェーバーやカミソリを使うようにしましょう。

【その4】十分な睡眠を取る

十分な睡眠を取れているかどうかも効果的な脱毛ができるかどうかに関係しています。

十分な睡眠を取れていないと神経が過敏になりやすく、施術時の痛みを強く感じてしまうようになります。

その結果、脱毛機の出力パワーを下げることになり、毛の根元にダメージを与えにくくなってしまうからです。

顎ヒゲは脱毛の中でも特に痛みを感じやすい部分で、麻酔を使用するほどの痛みがあります。

痛みを強く感じないようにして脱毛機の出力パワーを下げないためにも、施術日の前日は十分な睡眠を取るようにしましょう。

【その5】アルコールの摂取を避ける

施術前日はアルコールの摂取を控えるか、可能であれば我慢するようにしましょう。

アルコールを摂取するとアルコールの成分を分解するために体内の水分が使用され、肌が乾燥してしまうからです。

肌が乾燥すると照射する光やレーザーがヒゲの根元まで届きにくくなり、脱毛効果も下がってしまいます。

また、血行が良くなってしまうため肌トラブルのリスクも高くなります。

効果的な脱毛と肌トラブルのリスクを下げるためにも、施術日の前日のアルコール摂取は我慢するのが無難です。

【その6】施術当日も化粧水や乳液を塗って行く

化粧水と乳液

施術当日は肌に何も付けないようにするという認識がある人も多いですが、施術当日も化粧水や乳液を塗っていくようにしましょう。

髭剃り後は肌が荒れて水分が逃げやすくなり、肌がカサカサになってしまうためです。

夏は湿度が高いため乾燥肌の人以外は塗らなくても大丈夫ですが、冬は乾燥しているので塗るようにしましょう。

なお、施術当日に化粧水や乳液を塗っている場合は、レーザー照射前に何か塗っているのか確認される際に塗っていることを伝えて、施術前に洗顔シートで落とすようにしましょう。

【その7】レーザー照射の12時間前や当日の朝に髭を剃る

施術前は自己処理が必須ですが、自己処理は施術当日の朝に行うようにしましょう。

ヒゲが伸びていると毛の奥に光やレーザーの熱が伝わる前に肌に伝わり、熱が分散されてしまうためです。

火傷のリスクもあるため、ヒゲが伸びすぎていると施術を断られることもあります。

私の経験としてですが、微妙に無精ひげにすると毛根までよく熱が伝わり、痛みが強くなりますが、脱毛の効果があがりました。

髭は伸びすぎてもいけないので、レーザー施術の12時間前くらいに髭を剃っていくのが脱毛効果を高める一つの方法です。

効果的な施術と効果的な脱毛のタイミングを逃さないためにも自己処理は当日の朝に行いましょう。

夜遅くに施術をする方は施術前にするのがおすすめです。

顎髭脱毛後は欠かせない!3つのアフターケア

施術後は肌がダメージを受けているので、肌トラブルのリスクを下げ健康な肌状態に戻すためにも、保湿ケア・UVケア・施術箇所の冷却を行うことが大切です。

【その1】保湿ケア

施術後も肌の保湿は欠かせません。

施術後は毛穴が軽い火傷のような状態になっており、光やレーザーの熱が残っていることから肌が乾燥しやすいからです。

また、肌のバリア機能も低下しているため肌トラブルにもなりやすい状態でもあります。

脱毛後も髭剃り後や入浴後の保湿を続け、肌の回復を助けてあげましょう。

特に術後1週間は、化粧水や乳液の量をいつもよりも多くして十分に肌を潤わせてください。

私は保湿をするようになって、レーザーの痛みが減り、脱毛効果も高まりました。

こちらの記事を参考にしてください。

【その2】UV(紫外線)ケア

紫外線ケアをする男性

施術後もUV(紫外線)ケアをしっかりと行うようにしましょう。

施術後の肌バリア機能が低下した肌が紫外線を浴びるとシミになったりヒリヒリとした炎症を起こしたりするからです。

外出時は必ず日焼け止めを塗り、こまめに塗りなおすようにしてください。

日焼け止めや低刺激の肌に優しいものを使うようにしましょう。

UVケアは施術後の肌を守るだけでなく、次の施術時に脱毛機の出力パワーを下げないためにも重要です。

【その3】レーザーを当てた部位を冷やしすぎない

肌の炎症を落ち着かせたり毛穴にこもっている余分な熱を逃がして肌トラブルになるのを避けるために冷却を行います。

冷却は保冷剤ではなくアイスノンや清潔な濡れタオルなどを使用するようにして、冷やしすぎないように注意してください。

冷やしすぎてしまうと光やレーザーによってダメージを受けている毛根を回復させることになり、脱毛の効果が薄れてしまうためです。

炎症やヤケドが起きている場合以外の冷却は、短時間にとどめましょう。

顎髭脱毛のまとめ

以下の7つのことを行うことは脱毛効果を高めることに繋がり、回数も少なく済むので安く脱毛完了可能です。

  1. 日焼け対策を行う
  2. 保湿して肌の潤いを保つ
  3. 毛抜きでの処理を絶対にしない
  4. 十分な睡眠をとる
  5. アルコールの摂取を避ける
  6. 施術当日も化粧水や乳液を塗って行く
  7. 当日の朝に髭を剃る

施術後は肌がダメージを受けているので、保湿ケア・UVケア・施術箇所の冷却をしっかり行なって肌の回復をサポートするようにしてください。

肌が回復していることで次回の施術でも、高い脱毛効果を得ることができます。

ct7