【剛毛男子集まれ!】あごひげ脱毛は本当にメリットがあるのか?効果を実感できるまでの回数や費用も解説!

あごひげ

肌の色が白くて髭が濃いと、きちんと剃っていても青ひげが目立ちますよね。

そんな悩みを解消するための方法として、剛毛男子から注目を集めているのが、あごひげ脱毛です。

しかし、お店で脱毛するとなればそれなりの費用が発生します。

高額なお金を払って本当にあごひげを脱毛する価値があるのか、見極めたい人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、あごひげ脱毛は挑戦するだけのメリットがあるのかについて注目しました。

効果を実感できるまでの回数や費用も解説しているので、ぜひ役立ててみてください!

あごひげ脱毛には本当にメリットがあるの?

結論からお話しすると、あごひげ脱毛には高い費用を払うだけの価値があります!

ではさっそく、メリットをわかりやすく解説していきますね。

メリット1「青ひげが解消される」

剛毛男子のあごひげは、範囲が広く毛量も多いのが特徴的。どんなに深剃りしたところで、夕方になればすぐに生えてきてしまいます。

また、皮膚の中にあるあごひげはシェービングによって取り除くことができないため、肌の色が白いと青ひげが目立つんですよね。

しかし、脱毛によってあごひげがなくなれば、皮膚の下から透けて見える髭も目立たなくなるため、自然と気になる青ひげを解消することに繋がります。

どんなに苦労しても取り除けなかった青ひげを解消できる唯一の手段となるため、日頃からコンプレックスに感じている人は、高いお金を払ったとしても大きな価値があるでしょう。

また、青ひげが解消されれば、女性の好感度もぐんとアップします!

メリット2「シェービングが不要になる」

シェービング

剛毛なあごひげを目立たなくするためには、朝と夕方の1日2回シェービングが必要ですよね。

しかし、あごひげ脱毛に挑戦すれば、1日2回のシェービングが2日に1度となり、脱毛を続けていくうちにシェービングが必要なくなります。

1回10分のシェービングを1日1回繰り返すと、1年で3650分(60時間)となり、なんと10年で計算すると、36500分(608時間)も費やすことになるんですよ。

脱毛によってこの時間がなくなれば、有意義に活用することができますね!

メリット3「肌荒れが改善される」

毎日の髭剃りによって、肌荒れが引き起こされるケースは非常に多いですよね。

カミソリ負けで肌が赤くなったり、痛くなったりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、あごひげ脱毛によって髭剃りの手間がなくなれば、カミソリ負けに悩まされない快適な日々を過ごすことができるんですね。

カミソリの刃に付着した雑菌が原因で繰り返されていた大人ニキビも、脱毛をきっかけに解消されるかもしれません。

あごひげ脱毛のデメリットはなに?

あごひげ脱毛には、次のようなデメリットもあります。

デメリット1「脱毛完了までに時間とお金がかかる」

あごひげ脱毛には、

  • サロン脱毛
  • クリニック脱毛
  • 自宅でセルフ脱毛

この上記3つの方法がありますが、どの方法を選んでも脱毛完了までに時間がかかりますし、脱毛器を使用するためのお金が発生します。

脱毛しても、すぐにツルツルになるわけではないため、今すぐなんとかしたいと考えている人や、お金をあまりかけたくない人にとっては、大きなデメリットになるかもしれません。

デメリット2「脱毛施術中に痛みがある」

光脱毛施術

あごひげ脱毛の施術は、無痛ではありません。

出力の弱いサロン脱毛や自宅のセルフ脱毛であっても、必ず痛みを伴います。

あご髭の生え方や痛みの感じ方には個人差があるため、そこまで痛くないと感じる人もいれば、耐えられないほど痛いと感じる人もいるでしょう。

自分がどちらに当てはまるのかは実際に体験してみないとわかりませんが、少なからず脱毛には痛みが伴うことを覚えておいてください。

デメリット3「元の状態には戻れない」

あごひげ脱毛によって、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に一度ダメージを与えると、完全に元の状態には戻りません。

また、クリニック脱毛は永久脱毛になるため、ツルツルの状態まで仕上げてしまうと、あごひげを再度伸ばすのが、難しくなるでしょう。

あごひげ脱毛で効果を実感できるまでの回数と費用

あごひげ脱毛で効果を実感できるまでの回数と費用は、クリニック・サロン・セルフ脱毛のどれを選ぶかで変わってきます。

クリニック脱毛の回数と費用

まずクリニック脱毛ですが、1回あたりの脱毛費用が高額です。

少ない回数で脱毛効果を実感できるメリットがあるため、2〜3回の施術で薄くなったと実感できる人もいますが、剛毛男子があごひげをツルツルの状態にするまでには20回以上は必要です。

私のヒゲ脱毛では、鼻下とあごの髭の脱毛に最も時間がかかり、20回目でも脱毛は完了せず28回目あたりでようやく薄くなったと感じられる回数をかけています。

トータル的にかかる費用はクリニックによって異なりますが、ヒゲ脱毛完了コースがある「ゴリラクリニック」なら、20回の脱毛で70,200円です。

ちなみに、ヒゲ脱毛完了コースは鼻下・アゴ・アゴ下3つのセットコースとなり、6回セットが終了した後は、1回100円で3年間脱毛することができるんですね。

クリニックの最安値ともいえる低価格を実現しているため、あごひげ脱毛の価格をトータル的に抑えたいのであれば、かなりおすすめです。

サロン脱毛の回数と費用

サロン脱毛は、1回あたりの脱毛費用が割安となりますが、脱毛完了までに時間がかかります。

なぜなら、クリニック脱毛と比較して脱毛器の照射威力が弱いからです。

剛毛男子がサロン脱毛で、あごひげをツルツルの状態に仕上げるためには、最低でも40回以上必要なので覚悟をしてください。

脱毛サロンに関しても、お店によって設定している価格が大きく変わってくるため、一概にいくらかかるとはいえませんが、男性専用脱毛サロン「RINX」では、以下となっていました。

アゴ脱毛のみ 20回で36,400円
アゴ + アゴ下 + 首 20回で84,900円

RINXは、11回目以降の施術が80%オフになる無期限保証サポートがあるため、このようなお得な価格であごひげ脱毛が可能です。

自宅脱毛の回数と費用

ケノン撮影

自宅脱毛では、脱毛器本体を購入する費用が発生するため、こちらにお金がかかります。

男性の剛毛なヒゲでも、効率よく脱毛できる家庭用脱毛器の種類は限られるため、自宅脱毛を希望する人は購入時に注意してください。

なお、家庭用脱毛器で男性からも人気があるのは「ケノン」です。

ケノンは本体販売価格が70,000円前後となりますが、業務用脱毛器並みの威力があるとして人気があります。

しかし、ケノンを始めとする家庭用脱毛器で、あごひげがツルツルになったケースはほぼ見かけません。

実際に実現するのは、難しいのかもしれませんね。

ケノンを髭に60回照射した人のブログも見ましたが、細かい髭や白髪がちらほら生えている印象を受けました。

あごひげ脱毛に関するよくある質問

最後に、あごひげ脱毛に関する「よくある質問」をご紹介します。

初めてあごひげ脱毛に挑戦される人は、ぜひ参考にしてみてください。

Q サロンとクリニックは脱毛中の痛みが全然違うって本当?

A 照射出力が弱い分、サロン脱毛の方が痛みが軽減されますが、最近では痛みに配慮した医療レーザー脱毛器も登場しています。

昔と比較すると、痛みに対しての大きな違いは感じにくくなっているでしょう。

Q 年数が経過してからヒゲが再発する可能性はあるの?

A サロン脱毛は永久脱毛ができないため、時間の経過とともに再発する可能性があります。
一方、クリニック脱毛であれば永久脱毛ができるので、気になるヒゲが再発する可能性は低いです。

Q 肌荒れがひどいけど、ヒゲ脱毛は可能?

A 肌荒れの程度にもよりますが、軽度の肌トラブルであれば、問題なく脱毛の施術が受けられる可能性が高いです。

アゴヒゲ脱毛のまとめ

今回は、あごひげ脱毛のメリットやデメリットを中心にご紹介しました。

自宅脱毛は想像している以上に時間がかかってしまうため、少しでも早くあごひげ脱毛を完成させたい人には、サロンやクリニックの脱毛がおすすめです!

ct7