アレキサンドライトレーザーのヒゲ脱毛効果やメリット・デメリット

2017-06-07

痛いと言われているアレキサンドライトレーザーのヒゲ脱毛効果やメリットデメリットが気になっていました。

湘南美容クリニックであれば、アレキサンドライトレーザーで髭脱毛3部位(口周り、アゴ、アゴした)を9,980円で試すことができます。

このプランを使って髭脱毛を試してみるのですが、その前にアレキサンドライトレーザーのメリット・デメリットが気になったのでまとめてみました。

アレキサンドライトレーザーとは

f:id:hourou_world:20170607172049p:plain
湘南美容クリニックやゴリラクリニックで使われている髭脱毛のアレキサンドライトレーザーは、アメリカのCandela(キャンデラ)社製のGentleYAG(ジェントルヤグ)やGentle LASE(ジェントルレーズ)というレーザー脱毛機です。

導入されてたのは1997年で、すでに20年以上が経っています。メディオスターは2016年から徐々に普及しているのに比べると、アレキサンドライトレーザーは髭脱毛の実績が十分にあります。

アレキサンドライトレーザーは、冷却ガスで冷やされてレーザー照射され、肌へのダメージを抑えています。また、毛乳頭や毛根の黒いメラニンに反応し、細胞を焼いて破壊してしまうことで脱毛をします。
レーザーが黒色だけに反応しているのがわかる動画はこちらです。

キレイに黒色だけ焼かれているのがわかります。

アレキサンドライトレーザーに脱毛効果はあるのか?

導入から20年が経っており、湘南美容クリニックの脱毛実績300万件以上、ゴリラクリニックで18万件以上の脱毛実績がありました。
さらにアメリカの連邦政府機関であるFDA(Food and Drug Administration、食品医薬品局)で、安全性・適格性があり、永久脱毛の効果があるとして認証されています。アメリカ政府の機関が認証しているほどなので、脱毛効果は確実にあります。

湘南美容クリニックやゴリラクリニックのサイトでも、脱毛の前と後で写真を並べて、脱毛効果がわかるようになっています。

アレキサンドライトレーザーの痛みはどれくらいあるのか?

ゴムで強く弾いた程度と言われていますが、これは体験しないとわからないので体験後に書きます。

メディオスターは、熱い針で刺されているような痛みです。私はこの痛みが苦手です。

アレキサンドライトレーザーの瞬間的な痛みのほうが耐えられるという話も聞いているので、もしかしたら痛みが強いといっても、アレキサンドライトレーザーのほうが我慢できるかもしれません。

アレキサンドライトレーザーのメリット

シミやそばかすの除去

メラニンに反応するレーザーなので、シミやそばかすも同時に破壊して除去されます。

もともとアレキサンドライトレーザーは、入れ墨除去やシミやそばかすを消す美肌用のレーザーとして開発されたのですが、脱毛の効果が高いということで脱毛用レーザーとして使われています。

照射範囲が広く、施術時間がかからない

照射範囲は、直径1センチで、1秒間に1回ずつ位置を変えて連続照射していきます。

これにより、広い範囲でもリズミカルに施術していくので、施術時間が短くできます。

ジェルの塗る時間・拭き取る時間がない

冷却ガスを使ったレーザー照射なので、ジェルを塗って冷却するという工程がありません。

メディオスターでジェルを塗られますが、薄く塗られたりして塗りムラが結構あります。

薄く塗られるとかなり熱く感じ怖いのですが、アレキサンドライトレーザーはそもそもジェルがないのでここは気にしなくていいことになります。

アレキサンドライトレーザーのデメリット

痛みが強い

メディオスターと比べて痛みが強いとされており、ゴムで肌をとても強く弾いた感じや、花火を押し付けられている感じの痛みと表現されています。

アレキサンドライトレーザーを受けている動画を見ていますが、それほどの痛みであればのけぞったりしそうですが、普通にレーザーを受けていて、特に痛そうにには見えません。

バチッと一瞬だけ痛むだけなので、辛いことはまったくありません。

施術後は肌に赤みが出る

アレキサンドライトレーザーを受けた後、肌に赤みが出ます。

髭脱毛の後に、仕事に行くなどする場合は気をつける必要があり、肌の赤みを隠すためにマスクをする方もいます。

毛嚢炎ができやすい

レーザー照射された髭は熱で膨張し、毛穴が大きい状態になっています。

このため、手で触れたり汗が入ることで、雑菌が毛穴に入り込み、毛嚢炎になってしまいます。

毛嚢炎になってしまった場合は、炎症を抑えるステロイド剤を塗ることで対処ができます。

産毛に反応しない

アレキサンドライトレーザーは黒いメラニンに反応するため、黒くないものには熱による破壊が出来ません。

このため、産毛や白髪は、アレキサンドライトレーザーでは脱毛ができません。

30代後半になってくると、髭に白髪が混じってくることもあるので脱毛するのであれば早いほうが良いです。

まとめ

私がメディオスターを受けているので、アレキサンドライトレーザーとメディオスターを比較しながらメリットとデメリットを調べていきました。

アレキサンドライトレーザーは痛みが強く、毛嚢炎ができやすいので避けていたのですが、脱毛効果はやはり一番あるように思います。

メディオスターのメリット・デメリットは以下にまとめています。

ct7