ヒゲ脱毛は平均何回目でツルツル?脱毛方法別、脱毛部位別の回数がわかる!回数がわかる理由や少ない回数に減らす方法も解説!

2019-08-21

脱毛の平均回数

何度もヒゲ脱毛しているのになかなか毛がなくならないと感じてはいませんか?

長く脱毛をしているのに脱毛が終わらない方は、まだ脱毛回数が少ない可能性があります。

脱毛の回数は脱毛方法・脱毛箇所・個人の特徴によって必要な回数が異なるので、自分に必要な脱毛回数の平均回数を知ることが大切です。

こちらでは、

POINT✅脱毛方法別のツルツルになるまでに必要な平均回数

✅脱毛箇所別のヒゲの永久脱毛で必要な平均回数
✅人によって必要な脱毛回数が異なる3つの理由
✅お得に脱毛するためになるべく少ない回数で済ませる3つの方法

についてまとめています。

理想の結果を手にするために必要な脱毛回数を知りたいという方は、是非参考にしてくださいね。

脱毛方法別!ヒゲ脱毛でツルツルまでに必要な平均回数

脱毛方法によって完全にツルツルまでの必要な平均回数は異なり、それぞれ以下の回数が目安になります。

POINT1⃣ニードル脱毛なら「8~12回」
2⃣光脱毛なら「20~40回」
3⃣医療レーザー脱毛なら「8~24回」

こちらではそれぞれについて詳しく説明します。

完全に脱毛できる「ニードル脱毛」なら8~12回

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴一つひとつに針を入れて一本ずつ確実に処理していく脱毛方法で、一度施術をすれば二度と生えてこなくなる唯一の方法です。

もともとの髭の本数や1回あたり何本処理するのかによって必要な回数は変わりますが、だいたいの人は8~12回で完全にツルツルな状態を目指すことができます。

髭が多かったり1回あたりの処理本数が少なければさらに回数は増えます。

エステの「光脱毛」なら20~40回

光脱毛

光脱毛は脱毛エステやサロンで行う脱毛方法で、何度も光の照射を重ねることで減毛の効果を期待できます。

光脱毛は照射パワーが弱く回数を多く必要とするため、完全にツルツルの状態を目指すためには最低でも20~40回は必要です。

ヒゲの永久脱毛は期待できないですが、一時的にヒゲを薄くしたい、完全にはヒゲを脱毛したくない方にはピッタリの方法です。

クリニックの「医療レーザー脱毛」なら8~24回

医療レーザー

医療レーザー脱毛は医療行為として脱毛クリニックのみで行われる脱毛法で、レーザーを繰り返し照射することで永久脱毛の効果を得られます。

医療レーザー脱毛の照射パワーは強いので、8~24回と光脱毛よりも少ない回数で完全にツルツルな状態を手に入れることが可能です。

薄い人なら8~12回、濃い人は2倍の16~24回を目安にしましょう。

脱毛箇所別!ヒゲの永久脱毛で必要な平均回数

脱毛回数は脱毛箇所によっても異なり、それぞれの脱毛箇所に必要な平均回数は以下の通りです。

POINT1⃣口周りは「10回以上」
2⃣フェイスライン・首は「6~8回程度」
3⃣頬は「6回程度」

こちらではそれぞれについて詳しく説明します。

口周りは10回以上

口周り

口周りは最も回数を多く必要とする箇所です。

男性ホルモンの影響を受けやすく、太く濃い髭が密集しているからです。

特に鼻下は、最も脱毛に時間がかかる部位となっています。髭が薄い人でも10回、濃い人なら20回は必要とします。

フェイスライン・首は6~8回程度

フェイスライン

フェイスラインや首は口周りと比べてやや毛量が少なくなるため、脱毛に必要な回数も少なくなります。

髭が薄い人なら6~8回程度で脱毛完了可能です。

濃い人でも10回程度で完了します。

頬は6回程度

頬

頬は髭の量が比較的少ない人が多く、回数が少なく済む箇所です。

頬の髭が気になる方でも、6回程度施術を繰り返せば脱毛を終えることができます。

人によって必要な回数が違う!脱毛回数が変わる3つの理由

脱毛回数は人によっても異なり、その理由には以下の3つのことが挙げられます。

POINT1⃣元々の髭の濃さの違い
2⃣どの程度脱毛したいか
3⃣毛周期に合わせて通うことができているか

こちらではそれぞれの理由について詳しく説明します。

【理由1】元々の髭の濃さの違い

脱毛回数が変わる最も大きな理由は、元々の髭の濃さです。

髭が薄ければ脱毛回数は少なく済み、髭が濃ければ濃いほど必要な脱毛回数は多くなります。

人によってヒゲの濃さはバラバラなので、同じレーザー照射6回でも脱毛の効果にかなりの差が出てしまいます。

髭が濃い方は満足する脱毛効果を得るためには最低でも10回以上、完全にツルツルな状態にするなら最低でも16回以上の施術が必要です。

【理由2】どの程度脱毛したいか

どれくらい脱毛したいかによっても脱毛回数は変わってきます。

髭がない状態を目指せば目指すほど回数は多くなります。

毛量を減らしたいだけであれば3~4回、自己処理が楽になる程度なら8~10回、完全にツルツルな状態を手にしたいなら16回以上が目安です。

【理由3】毛周期に合わせて通うことができているか

髭には毛周期があり、毛周期に合わせて通うことができているかどうかも必要な脱毛回数に関わっています。

肌の表面に見えている毛に成長期の毛が多ければ多いほど1回あたりの脱毛効果は高くなります。

脱毛機にもよりますが、最初の3回程度は1ヶ月おき、その後は1ヶ月半、2ヶ月と施術間隔を伸ばしていくと効率よく脱毛できるとされています。

私は約1ヶ月でヒゲが元通りになったので、看護師の方に相談をして2ヶ月おきでのレーザー照射をお願いしていました。

お得に脱毛したいなら必見!なるべく少ない回数で済ませる3つの方法

なるべく少ない回数で済ませるための方法には、以下の3つの方法が挙げられます。

POINT1⃣肌の保湿をしっかりと行う
2⃣日焼けから肌を守る
3⃣自己処理に毛抜きは使わない

こちらではそれぞれの方法について詳しく説明します。

【方法1】肌の保湿をしっかりと行う

肌の保湿をしっかりと行うことは、脱毛回数を減らすことに繋がります。

肌に十分な水分量が保たれていることで、照射する光やレーザーが毛穴の根元まで届きやすくなるからです。

自己処理と入浴の後は化粧水と保湿クリームで必ず保湿を行うようにしましょう。

冬は特に肌が乾燥しやすいので、注意してください。

【方法2】日焼けから肌を守る

日焼けから肌を守ることも大切です。

脱毛機によっては照射する光やレーザーが肌の色を濃くするメラニン色素に反応するため、火傷の恐れがあることから照射パワーを下げられてしまうからです。

照射パワーが下げられれば脱毛効果も低くなり、さらに脱毛回数を必要としてしまいます。

日差しが強い夏場は必ず日焼け止めを塗るようにし、こまめに塗りなおすようにしましょう。

日焼けについては、こちらでも詳しく解説しています。

【方法3】自己処理に毛抜きは使わない

脱毛回数を少なくするなら、絶対に毛抜きで毛を抜いてはいけません。

毛穴の中に毛が無い状態だと、レーザーが反応せず全く脱毛効果を得られないからです。

毛抜きで毛を抜く癖がある人は今すぐに辞め、毛が生え揃ってから施術を行うようにしましょう。

ヒゲを毛抜きすると起こるリスクについては、こちらで詳しく解説しています。

ヒゲ脱毛の平均回数まとめ

✓この記事のポイント

🔴脱毛種類別の平均回数
1⃣ニードル脱毛なら「8~12回」
2⃣光脱毛なら「20~40回」
3⃣医療レーザー脱毛なら「8~24回」

🔴脱毛回数を減らす方法
1⃣肌の保湿をしっかりと行う
2⃣日焼けから肌を守る
3⃣自己処理に毛抜きは使わない

ヒゲ脱毛で完全にツルツルな状態を目指すためには、脱毛方法別に上記の脱毛回数が必要です。

ヒゲ脱毛をしているのになかなか髭がなくならないと感じている方は、是非この回数を目安に脱毛に通い続けてみてください。

なるべく脱毛回数を抑えたいという方は、是非今日から実践してみてくださいね。

ct7