髭を抜く癖の原因!色素沈着、髭が濃くなりリスク大!ヒゲを抜く癖の治す方法がわかる!

2019-08-09

ネオンの男性

仕事中など無意識に髭を抜いてしまう癖に悩んでいませんか?

 
 

髭を抜く行為は様々な肌トラブルや精神疾患になる恐れがあり、女性からの受けも最悪です。

しかし、髭を抜くことができないような状態を常に保っておけば、自然と髭を抜く癖を治すことが可能です。 今回は、

POINT🔴髭を抜く癖の理由と心理
🔴髭を抜く癖が引き起こす危険
🔴髭を抜く癖から解放されるための対策

について説明します。

髭を抜く癖を治して肌トラブルや精神疾患のリスクを避けたい方や綺麗な肌を手に入れたい方は、是非参考にしてみてください。

髭を抜くのはストレスが原因!?髭を抜く癖の4つの理由と心理

仕事中に髭を抜いてしまう癖の理由と心理には、以下の4つのことが挙げられます。

POINT1⃣精神的なストレスを抱えている
2⃣濃い髭をコンプレックスに感じている
3⃣神経質で少し髭が伸びるだけで気になってしまう
4⃣手持ち無沙汰になり無意識に抜いてしまう

こちらではそれぞれの理由と心理について説明します。

【その1】精神的なストレスを抱えている

ストレスを感じる男性

髭を抜いてしまう癖は、日頃の精神的なストレスが関係していることがあります。

ストレスを抱えれば抱えるほど気持ちはどんどん辛くなり、気持ちを紛らわそうと何らかの行動をするようになるためです。

日頃から髭を抜いてしまう癖がある人は、気を紛らわすための行動として髭を抜いている可能性があります。

【その2】濃い髭をコンプレックスに感じている

濃い髭をコンプレックスに感じている方は、そのせいで髭を抜いてしまっていることがあります。

他人からどのように思われているかを気にしすぎてしまい、必要以上に髭が気になってしまうからです。

そのような方は、生えてくるとつい抜きたくなってしまう衝動に駆られます。

【その3】神経質で少し髭が伸びるだけで気になってしまう

神経質な男性

常に完璧な身だしなみが当たり前でだらしない格好は絶対に許せない!というように、神経質な性格の場合も髭を抜く癖を持っていることがあります。

髭の剃り残しがあったり少しでも生えていたりする状態は許せないと感じてしまうからです。

常に完璧な自分を保つために、目に入った毛はすぐに抜いてしまいます。

【その4】手持ち無沙汰になり無意識に抜いてしまう

髭を抜いてしまう理由が手持ち無沙汰であるということもあります。

何もすることがない暇な時の暇つぶしにスマートフォンを触ったり髪を触ったりするのと同様の理屈です。

特に何もすることがない時に髭を抜いてしまっている方は、髭を抜くことで退屈を紛らわそうとしていると考えられます。

髭を抜くと生えなくなるは嘘!?髭を抜く癖が引き起こす5つ危険

髭を抜くという行為は実は危険な行為で、以下のような5つのリスクがあります。

POINT1⃣肌が黒ずむ色素沈着
2⃣ニキビのような毛嚢炎
3⃣皮膚の中で毛が成長する埋没毛
4⃣髭はさらに濃く太くなる
5⃣抜毛症と呼ばれる精神疾患の恐れがある

こちらではそれぞれのリスクについて説明します。

【その1】肌が黒ずむ色素沈着

色素沈着とは、髭を抜いた毛穴の周りが黒ずんでシミのようになってしまう肌トラブルです。

外部からの刺激に反応し、肌を守ろうとする働きによってメラニン色素が生成されることで引き起こされます。

一度色素沈着すると治るまで長期間必要とし、酷い場合は1年以上かかることもあります。

【その2】ニキビのような毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎とは、ニキビのように毛穴の周りが赤くなって毛穴に白っぽい膿がたまる肌トラブルです。

髭を抜いた時にダメージを受けた毛穴の傷口に菌が侵入し、感染してしまうことで引き起こされます。

軽いものであれば自然治癒しますが、酷い場合は軟膏を塗ったり切開手術が必要になる場合もあります。

【その3】皮膚の中で毛が成長する埋没毛

埋没毛とは、毛が皮膚表面に出てくることができず、皮膚の下で成長してしまう肌トラブルです。

髭を抜いた時の刺激に反応し、身体を守ろうとする働きによって毛穴の表面に膜が作られます。

その結果、髭が皮膚表面に出ることができず、埋没毛になってしまいます。 髭は太く硬いので毛穴の壁を貫通して肌に突き刺さり、強い痛みを伴う場合があるので注意が必要です。

【その4】髭はさらに濃く太くなる

ヒゲが濃くなった男性

髭を抜き続けると生えてこなくなると思っている方もいますが、逆に髭を抜くことによってさらに濃くなる可能性があります。

髭を抜く時に引きちぎられる毛細血管が次は引きちぎられないようにと更に強くなって復活するからです。

復活した毛細血管は多くの栄養を髭に与えるようになり、抜く前よりもより濃く太い髭に成長します。

【その5】抜毛症と呼ばれる精神疾患の恐れがある

抜毛症とは髭を抜くことを辞めようと思っても辞められなくなってしまう精神疾患です。

抜毛症が悪化すると自力で治すことは困難になり、精神科で治療を受ける必要があります。

無意識に髭を抜く癖がある人は注意が必要です。

仕事中に髭を抜く癖を治したい!髭を抜く癖に悩まされない3つの対策

髭を抜く癖の悩みから解放されるための対策には、以下の3つが挙げられます。

POINT1⃣抜ける長さまで伸ばさないために小まめな自己処理をする
2⃣自宅で簡単にできる家庭用脱毛器で髭脱毛をする
3⃣短期間で高い効果を得られる脱毛サロン・クリニックで髭脱毛をする

こちらではそれぞれの対策について詳しく説明します。

【対策1】抜ける長さまで伸ばさない!小まめな自己処理

ヒゲをそる男性

手間がかかってしまいますが、最も簡単にできるのが小まめに自己処理をすることです。

抜ける長さまで伸ばさなければ、髭を抜くことはできなくなるので自然と癖は治っていきます。

外出時には充電式か電池式の小型電動シェーバーがおすすめです。

【対策2】自宅で簡単!家庭用脱毛器で髭脱毛

家庭用脱毛器は自宅で光脱毛ができる便利なアイテムです。

1台約70,000円程度で手に入れることができ、髭のみの照射であれば追加の費用なく脱毛できます。

ただし、2週間に1回など頻繁に照射し続けなければいけないのにも関わらず、十分な脱毛効果を得られるまでには数年かかることも珍しくありません。

【対策3】短期間で高い効果を得られる!脱毛サロン・クリニックの髭脱毛

サロンやクリニックでの髭脱毛は短期間で高い効果を得られるので最もおすすめできる対策です。

一度脱毛が完了したら再び生えてくることがなく、長い間髭がない状態をキープできるのもおすすめの理由です。

短期間の支払いが不安な方は、分割払いで支払いの負担を軽減することもできます。

 
 

私はもともと毛抜きで髭を抜いてしまうことがありましたが、髭脱毛をして毛量が少なくなり毛も細くなったことで髭を抜くことが一切なくなりました。

髭を抜く癖の原因と対処法のまとめ

精神的なストレスや性格的な原因から髭を抜く癖を持っている人は少なくありませんが、髭を抜く癖は肌トラブルや精神疾患の恐れがあります。

肌トラブルや精神疾患にならないようにするためには、髭を抜くことができないようにするための以下の3つの対策がおすすめです。

✓この記事のポイント

1⃣抜ける長さまで伸ばさないために小まめな自己処理
2⃣自宅で簡単にできる家庭用脱毛器で髭脱毛
3⃣短期間で高い効果を得られる脱毛サロン・クリニックで髭脱毛

その中でも、短期間で高い効果を得られる髭脱毛は特におすすめです。

仕事中などに髭を抜く癖を治したいという方は、是非実践してみてくださいね。

ct7