【疑問】髭脱毛は2週間の間隔で通えば早くおわるって本当?プロが推奨するベストな施術間隔を知りたい!

プロが教える施術間隔

いざ髭脱毛に通い始めると、気になり始めるのが施術間隔ですよね。

どのくらいのペースで髭脱毛に通えば良いかわからなくなり、困ってしまう人も多いんですよ。

そこで今回は、脱毛のプロが推奨するベストな施術間隔に注目しました。

  • 髭脱毛の施術は最短2週間で受けられる?
  • 短い間隔で通えば早く脱毛が完了する?

こんな疑問を抱いている方は、必見です!

髭脱毛に通うベストな施術間隔とは?

結論からお話しすると、髭脱毛に通うベストな施術間隔は1〜3ヶ月です。

脱毛に通うペースは、短ければ短いほど効果的だと考える人もいますが、これは残念ながら大きな間違いなんですね。

ちなみに、ベストな施術間隔が1〜3ヶ月とざっくりとしているのは、髭脱毛を行う施術方法別で、適切な脱毛間隔が変わってくるからなんです。

施術方法別の適切な脱毛間隔

髭脱毛の施術には、次の3つの方法があります。

  1. 医療レーザー脱毛
  2. 光脱毛
  3. ニードル脱毛

では、それぞれの特徴と脱毛間隔を一つ一つ解説していきますね!

医療レーザー脱毛

レーザー

まず医療レーザー脱毛ですが、こちらはクリニックにて施術可能な方法となり、毛根付近の発毛組織にレーザーをあて、熱で破壊していくんですね。

レーザーの波長により特徴が異なりますが、黒色のメラニン色素に反応させるのが一般的です。

照射出力は、次でご紹介する「光脱毛」よりも高めとなるため、髭脱毛に通う施術間隔は2〜3ヶ月おきが推奨されています。

なお、髭脱毛で人気の高い各クリニックの施術間隔目安は以下となります。

ゴリラクリニック 8〜12週間目安(髭脱毛)
リゼクリニック 6〜8週間目安(髭脱毛)
湘南美容クリニック 初回から3回目は4週間目安となり4回目以降は8週間目安(髭脱毛)

平均すると、やはり2ヶ月おきに通う計算となりますね。

光脱毛

光フラッシュ脱毛

続いて光脱毛ですが、こちらは脱毛サロンやエステサロンで導入されている脱毛方法です。

脱毛メカニズムは、上記でご紹介した医療レーザー脱毛とほぼ同じですが、レーザーより出力の弱い光を使って、徐々に脱毛効果を発揮していきます。

一度の施術で得られる脱毛効果が、クリニックの医療レーザー脱毛器よりも劣るため、一般的に推奨される髭脱毛に通う施術間隔は、約1ヵ月です。

ちなみに、髭脱毛で定評のあるメンズ脱毛サロンの施術間隔目安は、次の通りとなります。

リンクス 2〜3週間目安(髭脱毛)
レイロール 2〜4週間目安(髭脱毛)

最近では、ホスト界の帝王としてお馴染みのローランドさんがオープンした脱毛サロン「ローランドビューティーラウンジ 」も人気を集めていますが、こちらに関しては最短2週間目安で通うことができます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛

最後にニードル脱毛ですが、こちらは上記2つの脱毛方法とは大きく異なる美容電気脱毛を指します。

毛穴1本1本に針を差し込み、微弱な電流を流すことにより、発毛組織にダメージを与えるんです。

その場ですぐに毛が抜け落ちるメリットがありますが、痛みが強いと指摘されることも多いため、向き・不向きが大きい脱毛方法になるでしょう。

そんなニードル脱毛の髭脱毛に通う施術間隔は、ヒゲが1〜2ミリ生えたタイミングです。

施術したヒゲは抜け落ちるため、上記でご紹介した医療レーザー脱毛や光脱毛と比較し、新たな毛が生えたタイミングを狙えばいいんですね。

毛周期によって毛が生えるまでの期間には個人差がありますが、だいたい1〜2ヶ月おきに通えると覚えておくのが良いでしょう。

髭脱毛に通うベストな間隔は毛周期を理解すること!

髭脱毛を早く完了させたい人のなかには、なぜ1〜3ヶ月もの期間をあけて次の施術を行わなければいけないのか、疑問に思う方もいるでしょう。

その答えは、ズバリ! 毛周期にあります。

髪の毛と同じように、ヒゲをはじめとする体毛すべてに毛の生え変わりである毛周期が存在するんですよ。

これをしっかりと理解せずに短い期間で脱毛を続けても、ほとんど意味がありません!

なお、毛周期には次の3つの段階があります。

毛周期は3段階に分かれている

毛周期・成長期 → 皮膚の表面に生えている成長中の毛がある期間
・退行期 → 皮膚の表面に生えている毛の成長が止まった期間
・休止期 → 毛が抜け落ちた後の成長期に移行するまでの期間

このように3段階の役目を果たしており、ヒゲに関しては成長期が4ヶ月〜1年ほど続くといわれています。

退行期〜休止期の期間は、2〜3ヶ月程度となるため、成長期が最も長いんですね。

ちなみに、脱毛の施術で効果を発揮するのは、成長期にあたる毛です。

脱毛効果を実感しやすいのは成長期後半のヒゲ

毛周期

成長期には、大きく分けると前期と後期の2種類が存在します。

前期は、皮膚の表面には見えていない生まれたての毛が徐々に成長している段階ですね。

そして後期になると、太くて濃い立派な毛が成長し、毛根もしっかりと発達した状態となっています。

この大人の毛とな成長期後半のタイミングで髭脱毛を行うと、高い脱毛効果を発揮しやすいんですよ。

なぜなら、黒色のメラニン色素に反応するレーザーや光を使う施術では、最も反応しやすいからです。

ただし、このベストな時期を目で見て判断するのは非常に難しいため、ある程度の間隔を空けながら、その人に合ったタイミングを測って脱毛の施術を行います。

髭脱毛の施術間隔を空けすぎるとどうなる?

髭脱毛でベストなタイミングは1〜3ヶ月となりますが、急な用事で脱毛の予約をキャンセルすると、次回の予約まで空いてしまうことがありますよね。

髭脱毛の施術間隔が空きすぎてしまうと、「脱毛効果が薄れるのでは?」と不安になる人もいると思います。

しかしこの点は、ご安心ください!

脱毛の施術間隔が空きすぎてしまったとしても、すでに受けた脱毛の施術効果に違いが出てくることはありません。

ただし、毛周期が把握しづらくなったり、肌の状態を見極めるために脱毛器の照射出力を低くされたりする可能性はあります。

したがって、期間が空きすぎてしまうと、効率よく髭脱毛の施術が受けられなくなる可能性があることを覚えておいてください。

髭脱毛の施術間隔が短すぎるとどうなる?

髭脱毛の施術は最短2週間で受けられるといった噂があるため、早ければ早いに越したことはないと考える人がいます。

しかし、先ほどからご紹介しているように、この考え方は正しくありません。

毛周期に合わせて脱毛していかないと、十分な脱毛効果を期待できない可能性が高いからです。

また、短い期間に何度も施術を行うと、肌ダメージが積み重なり、やけど等のリスクを高める場合があります。

短くても、1ヶ月おきが良い周期になります。

早く脱毛を終えて快適な生活を手に入れたい気持ちはわかりますが、自分に合ったタイミングで通うのが一番効率的であることを把握しておきましょう。

ちなみに、最短2週間で予約が取れる先ほどご紹介した「ローランドビューティーラウンジ」ですが、こちらのお店では毛周期に左右されにくいSHR脱毛器を導入しています。

毛根付近にある「毛乳頭」や「毛母細胞」を狙うのではなく、表皮に近い毛包を狙って脱毛効果を発揮していくんですね。

この方法なら、2週間おきの施術でも問題ありません。

ただし、SHR方式は弱い熱でじわりじわりとダメージを加える蓄熱式の脱毛方法となるため、脱毛効果を実感するまでに時間がかかる可能性があります。

少ない回数で早く脱毛効果を実感したい人には、クリニックの医療レーザー脱毛のほうが向いているかもしれません。

1ヶ月おきで通いだしたヒゲ脱毛の記事はこちらです。

まとめ

✓この記事のポイント

🔴短い間隔で通っても早く脱毛が完了するわけではない
🔴脱毛のプロが推奨するベストな施術間隔は1〜3ヶ月
🔴施術方法で脱毛に通うペースは異なる

今回は、髭脱毛に通うベストな施術間隔についてご紹介しました。

あなたに合った適切な間隔で通い、十分な脱毛効果を実感しましょう!

この記事が気にいったらフォローしよう!
\メンズ脱毛情報を毎週更新/