【髭を薄くする!】抑制効果のある対策法7選と確実にヒゲを目立たなくする方法を解説

髭を抑制

髭が濃いと、以下のような悩みを抱えがちです。

ヒゲの悩み✅朝剃っても夕方には髭が生えてくる
✅太陽の下で青髭が目立つ
✅髭が濃いせいで女性からモテない

これらの悩みを解決するために、どうにかしてヒゲを薄く抑制したいと考える人も多いですよね。

しかし、いざ髭を薄くしようと思っても、何から始めれば良いのかわからなくなりませんか?

そこで今回は、濃い髭でお悩みの方におすすめの対策法7選と、確実にヒゲを目立たなくする方法をご紹介します!

濃い髭をしっかりと抑制する優れた方法のみを厳選してお届けするので、ぜひ参考にしてみてください!

濃い髭を薄くするとメリットがたくさんある!

メリット✅髭剃りの頻度が減る
✅肌が綺麗になる
✅女性からの好感度がアップする
✅就職活動で有利になる

このように多くのメリットが得られるようになるため、諦めずに努力し続けることが大切です!

髭が濃い最大の理由は、男性ホルモンが過剰に分泌されているからです。

髭は、男性ホルモンの影響を受けて太く・濃くなる傾向があります。

つまり、「髭を抜く」「髭を剃る」といった対処法を繰り返していても、髭が薄くなる事はないんですね。

ただし、だからといって諦める必要はありません!

男性ホルモンの分泌量を抑制する根本的な対策法を取り入れていれば、濃い髭を薄くすることは可能です。

また、対策法を実践してうまくいかなかったとしても、ある方法を使えば確実に髭を薄くすることもできるんですね。

濃い髭を抑制する対策法7選

濃いヒゲを抑制し、薄い状態へ導くためには、以下の7つの対策法が有効です。

髭を薄くする食品を取り入れる

大豆食品・納豆
・豆腐
・豆乳
・大豆

これらの食品にすべて共通しているのが、大豆イソフラボンです。

上記でもご紹介したように、髭が濃い最大の理由は、男性ホルモンの過剰な分泌です。

これを抑えるためには、女性ホルモンに働きかける次のような食品が効果的なんですね。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、男性ホルモンを抑制する効果に優れているんですね。

逆に、動物性タンパク質の多い食事を繰り返してしまうと、男性ホルモンの分泌量が増加し、髭を濃くすることにつながります。

健康状態を良好に保つためにもタンパク質は欠かせませんが、できるだけ植物性タンパク質を取り入れるように心がけましょう。

早寝・早起きを心がける

忙しい毎日を過ごしていると、就寝時間が深夜12時を過ぎてしまうことも少なくありません。

しかし、夜の10時から明け方2時にかけては、成長ホルモンが積極的に分泌されています。

この成長ホルモンの分泌される時間に睡眠を心がけることで、ホルモンバランスを整えることにつながるんですね。

徹夜や寝不足が続いてホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが優位に立ちやすくなってしまうため、日頃から早寝・早起きを心がけましょう。

男性ホルモン抑制効果のあるサプリメントを摂取する

サプリメント

男性ホルモンの過剰な分泌を抑えるためには、規則正しい食生活をできるだけ心がけることが重要です。

しかし、時間がないと外食がちになってしまう人も少なくありません。

そこで便利なのが、「大豆イソフラボン」や「プラセンタ」といった成分が含まれた、サプリメントになります。

このような成分を日常的に取り入れることで、男性ホルモンの過剰分泌を抑制することにつながります。

抑毛ローションを試してみる

濃い髭を薄くしたい男性はもちろん、ムダ毛の処理を省きたい女性からも人気を集めているのが、抑毛ローションです。

薬局やドラッグストアだけでなく、アマゾンといったネット通販でも、気軽に入手することができます。

抑毛ローションの具体的な効果は、以下の3つとなります。

POINT1⃣毛の成長スピードを遅らせる
2⃣太い毛(髭)を細くする
3⃣肌を保湿して健やかな状態にする

ただし、残念ながら即効性は期待できません。

長い期間使い続けると、徐々に良い変化を期待できるようになるんですね。

ちなみに、抑毛ローションと脱毛クリームは全く違う商品となるため、購入する際は間違わないように気をつけましょう。

Amazonの抑毛ローション検索結果

タバコを止める

タバコをやめる人

昔からタバコは、「百害あって一利なし」といわれています。

このように言われている大きな理由は、タバコには多くの有害物質が含まれているからなんですね。

タバコを体内に取り入れると、この有害物質を排出しようとする防衛本能が働き、男性ホルモンが活性化されてしまいます。

この働きを阻止するためにも、タバコを吸っている人は禁煙を心がけてください。

正しいヒゲ処理を心がける

髭を薄くしたい一心で、誤った髭剃りを繰り返している人も少なくありません。

例えば、

●毛抜きを使ってヒゲを抜く
●シェーバーやカミソリで頻繁に深剃りする

このような行動で、肌に強い刺激をもたらしてしまうことも多いんですよ。

しかし、肌に強い刺激を与えてしまうと、炎症を引き起こすきっかけとなり、髭が濃くなる可能性が出てきます。

POINT1⃣髭剃り前はシェービングクリームを使う

2⃣負担のかかる逆剃りは控える
3⃣カミソリやシェーバーの刃をこまめに交換する

この上記3つをしっかりと守り、正しい方法で髭剃りを行うようにしてください。

やってはいけないヒゲの処理はこちらで解説しています。

筋トレを控える

体を鍛えるために日常的な筋トレを取り入れている人も多いですが、やりすぎてしまうと男性ホルモンの過剰分泌につながります。

強い負荷をかける筋トレは避け、有酸素運動を上手に取り入れながら、適度な筋トレを心がけましょう。

確実に髭を目立たなくする2つの方法

髭を薄くするための対策法を取り入れても、確実に濃いヒゲを薄くできるわけではありません。

そこで、確実に髭を目立たなくしたい人は、以下の2つの方法をおすすめします。

エステの光脱毛器でヒゲ脱毛する

光脱毛器

エステで行われている光脱毛器を使ったヒゲ脱毛は、効率よく濃いヒゲを薄くすることができます。

威力が弱い分、回数はかかってしまいますが、続けていれば徐々に髭を薄くすることができるでしょう。

ただし、エステの光脱毛器は「毛根」や「毛包」といった発毛因子を、確実に破壊できるものではありません。

永久脱毛は叶わないため、脱毛完了後に数年経過してから、髭が再発してしまう可能性もあります。

クリニックの医療レーザー脱毛器でヒゲ脱毛する

クリニックの医療レーザー脱毛器を使ったヒゲ脱毛は、半永久的に髭をなくすことが可能です。

エステの光脱毛器と比較すると威力が高いため、永久脱毛が可能となるんですね。

さらに、少ない回数で脱毛効果を実感しやすいため、少しでも早く髭剃りから解放されたい人におすすめです。

ただし、医療レーザー脱毛器は、光脱毛器と比較して、痛みが強いデメリットもあります。

このデメリットを解消したい方は、オプションで麻酔を導入したり、痛みの少ない医療レーザー脱毛器「メディオスター」を利用したりするのが良いでしょう。

私はクリニックでの脱毛をしています。

髭を抑制する方法のまとめ

今回は、髭を抑制するための対策法を中心にご紹介しました。

濃い髭を薄くするためには地道な努力が必要ですが、面倒であればヒゲ脱毛といった手段もあります。

まずは今日からできることを取り入れながら、あなた自身が納得のいく仕上がりを手に入れられる対策法や、解決策を取り入れてみてくださいね!

ct7