髭脱毛した後にヒゲが復活するって本当!?生えてくる理由と永続的な脱毛効果が得られる2つの方法をご紹介

ひげ復活髭脱毛を体験した人が、ブログにて経過をわかりやすく紹介しているケースは少なくありません。

初めて髭脱毛に挑戦する人の多くは、このような情報から、回数経過や脱毛完了までの期間を参考にしているでしょう。

しかし、髭脱毛が完了した後にどうなったのかを解説しているブログはあまり見かけないため、髭脱毛した後の再発が気になっている人も多いですよね。

そこで今回は、髭脱毛が完了した後にヒゲが復活するのかを中心にご紹介します。

  • 髭脱毛後にヒゲが復活する理由
  • 髭脱毛後にヒゲが再発しやすい人の特徴
  • 永続的な効果を得られる2つの髭脱毛方法

この上記3つについてもわかりやすく解説しているので、今から髭脱毛を始める人は必見です!

髭脱毛した後にヒゲが復活する理由とは?

そもそも、髭脱毛は毛が再生する発毛組織にダメージを与えて、ヒゲを生えなくさせる施術です。

脱毛完了した後は、ツルツルの状態を手に入れられる人も多いので、後にヒゲが復活するなんて信じられない人もいるでしょう。

しかし、次の2つの理由によって、髭脱毛してもヒゲは生えてきます。

毛周期に合わせた脱毛ができていない

髭には、髪の毛と同様にヘアサイクルが存在します。

毛周期と呼ばれるヘアサイクルには、「成長期」「休止期」「退行期」の3種類が存在しますが、このなかで脱毛の施術によって効果を得られるのは、成長期の髭だけです。

さらに、髭1本1本の毛周期は異なるため、すべての髭が成長期になった時点で、脱毛の施術を繰り返すのは不可能に近いといえるでしょう。

したがって、脱毛していない髭が成長期に到達した時点で通常通り生えてくるので、これが「脱毛した後にヒゲが生えてきた = 再発」と勘違いされるケースも少なくありません。

発毛組織を完全に破壊できていない

髭が成長するために欠かせないのが、次の2つの発毛組織です。

POINT・毛乳頭 → 毛母細胞に栄養を送る役割がある
・毛母細胞 → ヒゲを作り出す役割がある

髭脱毛の施術では、毛根付近にあるこの上記2つの発毛組織に熱ダメージを与えて、正常に機能できなくします。

しかし、毛乳頭や毛母細胞は、ある程度高温の熱を照射しないと、熱破壊することができません。

さらに、毛乳頭や毛母細胞があるのは肌の深部にある毛根付近となるため、高温の熱をしっかりと届けられる脱毛方法でなければ、再生能力を完全に奪うことができないんですね。

このメカニズムを考えると、サロンやエステで行われている光(フラッシュ)を使った脱毛方法では、不十分な可能性が考えられます。

髭脱毛の施術を行った後は、一時的に発毛組織を弱めることができたとしても、完全に破壊できていない以上、数年経過してから復活する可能性もあると覚えておかなければいけません。

髭脱毛を完了した後にヒゲが再発する可能性が高いのはどんな人?

ヒゲ脱毛を完了した後の再発リスクが高い人には、次の3つの特徴があります。

サロンのフラッシュ脱毛器で髭脱毛をしていた人

サロンやエステのフラッシュ脱毛器は、クリニックの医療レーザー脱毛器と比較して、照射出力が弱めです。

なぜなら、医師が常駐する医療機関ではないため、出力を上げることで発生する可能性のあるやけど等のリスクを、避けなければいけないからです。

しかし、照射出力が弱いと、先ほどご紹介したように、発毛組織を完全に破壊することができません。

仮に、成長期の髭にまんべんなく光を照射できたとしても、数年経過してから発毛組織が復活してしまう可能性があります。

もちろん脱毛前と全く同じ状態になるわけではありませんが、ツルツルに仕上げることができたとしても、ポツポツと気になるヒゲが生えてきてしまうでしょう。

髭脱毛に通う間隔が空きすぎていた人

髭脱毛は、毛周期に合わせながら脱毛の施術を繰り返していきます。

脱毛効果を期待できる成長期のヒゲに、光やレーザーを照射する必要があるからです。

しかし、髭脱毛に通う間隔が空きすぎていたり、バラバラになっていたりすると、毛周期に合わせた正しい施術ができません。

効率よく成長期のヒゲを狙って、脱毛の施術を行うことができなくなってしまうんですね。

見た目は髭がなくなったように見えても、休止期として眠っていたヒゲが、生えてくる可能性があります。

髭脱毛中に肌を日焼けしていた人

髭脱毛中は、原則として日焼けがNGです。

理由は、黒色のメラニン色素に反応させるメカニズムを活用して、発毛組織に熱ダメージを加えるため、肌が少しでも日焼けしている状態だと、火傷や炎症を引き起こす可能性が高いからです。

しかし、肌が少し茶色くなった程度であれば、脱毛器の照射出力を落として施術する場合も少なくありません。

発毛組織にはある程度のダメージが与えられるため、脱毛効果を実感することはできますが、破壊するほどの威力がなければ、再発リスクは上がります。

したがって、日焼けしている人と日焼けしていない人を比較すると、日焼けしている人の方が再発リスクを高めてしまうでしょう。

永続的な効果を希望する人におすすめの2つの髭脱毛方法!

髭脱毛完了後の再発リスクを少しでも減らし、永続的な脱毛効果を得たいのであれば、次の2つの方法で髭脱毛に挑戦するのがおすすめです!

医療レーザー脱毛

クリニックの医療レーザー脱毛は、サロンの光(フラッシュ)脱毛器よりも、照射出力が高めです。

1度の施術で高い脱毛効果を実感することができるため、一定回数繰り返すことで再発しにくい状態を作り出すことに成功します。

もちろん、生涯にわたって1本残らずヒゲが生えてこない状態を実現するのは難しいですが、長期にわたり永続的な脱毛効果を得ることができるでしょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に直接針を差し込んで電流や高周波を流す脱毛方法です。

エステサロンで行われている美容電気脱毛も、こちらに該当しますが、成長期のヒゲに対して確かな脱毛効果を期待することができます。

針を直接差し込む分、脱毛中の痛みを実感しやすいのがデメリットですが、永続的な脱毛効果を希望する人には、メリットの大きい脱毛方法になりますね。

また、ニードル脱毛を使って髭脱毛を行うと、その場ですぐにヒゲが抜け落ちるのも魅力的です。

青ひげを少しでも早く解消したい人には、最適な脱毛方法といえるでしょう。

再発リスクを考慮して無期限の通い放題プランを選ぶのもあり!

髭脱毛は、どのような方法で脱毛をしても再発リスクが存在します。

もちろん、上記でご紹介した医療レーザー脱毛やニードル脱毛は、再発リスクの少ない方法になりますが、それでも髭脱毛完了後にヒゲの生えてくる可能性がゼロではありません。

そこで再発リスクが不安な人におすすめなのが、無期限の通い放題プランです。

期限が定められていない通い放題プランのあるサロンやクリニックで脱毛すれば、気になるヒゲが再発しても、すぐに対応してもらえます。

髭脱毛にかかるコストも心配する必要がないので、費用面が気になる人にも安心ですね!

ヒゲ脱毛後に髭が復活する理由のまとめ

今回は、髭脱毛した後にヒゲが復活する理由や、永続的な脱毛効果を得られる方法についてご紹介しました。

髭脱毛完了後の再発リスクが心配な人は、

  • クリニックの医療レーザー器で髭脱毛する
  • ニードル脱毛で髭脱毛する
  • 無期限の通い放題プランで髭脱毛する

この上記3つの方法をぜひ参考にしてみてください!

なお、無期限の通い放題プランを実施している評判の良いクリニックが、「ドクターコパ」です。

「無期限ヒゲ脱毛 プロフェッショナルコース」で申し込むと、6回目以降は予約料の100円のみで、いつでも髭脱毛の施術が受けられます。

詳細が気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!