【見なきゃ損!】ヒゲ脱毛を1日でも早くおわらせるベストな脱毛周期の見極め法

2019-11-21

見極める女性

ヒゲ脱毛を決意した人は、少しでも早く理想の状態に近づきたいと考えているはずです。

しかし、実際のヒゲ脱毛体験者の口コミには、以下のようなことが書かれていたりしますよね。

🔴回数を重ねてもなかなかヒゲが減らない
🔴いつになってもヒゲ脱毛が終わらない

これをみて、「少しでも早くヒゲ脱毛を終わらせる方法はないのか?」と、必死に効率的な方法を検索している人もいるでしょう。

お任せください!

ヒゲ脱毛は、ベストな脱毛周期を見極めることにより、脱毛完了までの期間や回数を減らすことができます。

今回の記事では、ヒゲの毛周期を解説しながら、脱毛クリニックや脱毛エステの効果的な通い方をご紹介します。

ヒゲ脱毛にかかる平均的な期間

クリニックの医療レーザー脱毛 1~2年で効果を実感
エステの光脱毛 2~3年で効果を実感

ヒゲ脱毛が完了するまでにかかる平均的な期間は、クリニックの医療レーザー脱毛と、エステの光脱毛によって異なります。

クリニックの医療レーザー脱毛は、強い出力で高い脱毛効果を発揮する脱毛方法です。したがって、1〜2年で十分な脱毛効果を得られます。完全な脱毛を目指す場合は、4年ほどかかります。

一方、エステの光脱毛は、弱い出力でじわりじわりと脱毛効果を発揮します。短期間で脱毛効果を実感するのが難しいため、2〜3年程度かかるのが一般的です。こちらは完全な脱毛はできず、一時的にヒゲが薄くなりますが、また濃くなっていきます。

ただし、上記で記した期間はあくまでヒゲ脱毛にかかる平均的な期間になります。

ヒゲの個人差✅ヒゲが太い
✅ヒゲの生えている範囲が広い
✅毛量が多い

このような個人差によって、脱毛完了までの期間は左右されてしまうことを覚えておいてください。

短期間でヒゲ脱毛が完了しない理由

ヒゲ脱毛に初めて挑戦する人は、「脱毛をすればすぐに髭がなくなる」と、考えるのではないでしょうか。

しかし実際には、先ほどお話ししたように脱毛完了までには一定の期間が必要です。

つまり、少ない回数と短い期間で脱毛を完了させることができないんですね。

なぜ、脱毛効果をすぐに実感できないのかというと、ヒゲの毛周期が大きく関係しています。

毛周期に合わせる必要がある

毛周期

ヒゲを始めとする人間の体毛には、すべて「毛周期」が存在します。

毛周期1⃣成長期
2⃣退行期
3⃣休止期

これら3つの生えかわり周期で構成されており、皮膚からみえるヒゲや体毛は、「成長期」や「退行期」に移行している毛です。

「休止期」に関しては、抜け落ちている状態となるため、この時期に脱毛の施術を行ったとしても、ほとんど効果を実感することができません。

また、「退行期」は成長期同様に毛が変えている状態とはなりますが、すでに成長が止まっている状態です。

脱毛効果を十分に得ることができないので、脱毛の施術によって1番高い効果を期待できるのは、「成長期」のヒゲや体毛になります。

ちなみに、皮膚の表面に見えているヒゲや体毛は、全体の20〜40%以下です。

この約20〜40%のうち、退行期に移行している毛を除いた純粋な成長期のヒゲや体毛は10〜30%ほどだと考えた方が良いかもしれません。

つまり、成長期に合わせて脱毛効果を得るためには、20〜40%以下の毛に対し、度重なる脱毛の施術が必要となるんですよ。

数回の脱毛では、新たに生えてくる成長期の毛が存在する以上、脱毛が完了しないと覚えておいてください。

ヒゲの毛周期

毛周期は、顔・脇・手脚といった部位により、生え変わる周期に違いがあります。

ヒゲの場合、最も長いのが「成長期」です。

先ほど、皮膚表面に見えている成長期の毛は20〜40%以下と説明しましたが、この40%にあたるのがヒゲになるんですね。

手脚のムダ毛に関しては、約20%程度になります。

ヒゲは、体毛のなかでも成長期が約4ヶ月以上と長く、退行期と休止期が1ヵ月程度と短いんですよ。

ただし、脱毛の施術を繰り返しているうちに、毛周期には変化が出てきます。

通常よりも遅くなり、新たなヒゲが生えづらい状況となってくるんですね。

ヒゲ脱毛の効果を少ない回数で最大限発揮するためには、これを考慮する必要があります。

ヒゲ脱毛の効果的な通い方

ヒゲ脱毛の効果的な通い方は、光脱毛を使うか、医療レーザー脱毛を使うかによって異なります。

エステの光脱毛の場合

エステや脱毛サロンで実施されている光脱毛の場合、ヒゲ脱毛に通うベストな間隔は、3週間〜1ヵ月に1度です。

これを10回以上は繰り返し、ある程度ヒゲが薄くなってきたと感じられるようになったら、もう少し間隔を空けて通うのが良いかもしれません。

クリニックの医療レーザー脱毛の場合

クリニックで行われている医療レーザー脱毛の場合、ヒゲ脱毛に通うベストな間隔は、1ヵ月に1度です。

光脱毛と比較して、1度の脱毛効果に優れているため、あまり短期間で通うのもおすすめできません。

また、ヒゲ脱毛の施術を5回程度繰り返していれば、見た目に違いを実感できる人も多いでしょう。

この段階に差し掛かった後は、周期を長くして通うのが効果的なため、3ヶ月に1度程度の施術を勧められるケースも少なくありません。

私は、2ヶ月に1度で通っていましたが、21回目の髭脱毛から1ヶ月に1度に変えたことでヒゲがほぼ無くなる状態となりました。経過はこちらの記事で紹介しています。

ヒゲ脱毛の通い方で注意したいポイント

ヒゲ脱毛に通う頻度や間隔で注意したいのが、以下の3つのポイントです。

間隔をあけすぎない

ヒゲ脱毛の施術は、上記でもご紹介しているように適切な周期に合わせるのが効果的です。

間隔を空けすぎてしまうと、ベストな毛周期がわからなくなり、最大限の効果を実感しにくくなります。

また、間隔を空けて脱毛する場合は、肌の状態を再度確認しなくてはいけないため、照射レベルを落とされてしまうことも少なくありません。

弱い出力で脱毛の施術が行われることにより、ヒゲの脱毛効果も弱まる可能性があることを、覚えておきましょう。

肌状態が悪い時は予約日時を変更する

電話

脱毛の効果は、肌状態が大きく左右します。

特に、カサカサとした乾燥状態では、レーザーや光の伝達が悪くなり、十分な脱毛効果が得られなくなります。

自分自身で肌のコンディションが悪いと実感しているときには、事前に予約日時を変更し、ベストな状態で脱毛できるように整えてください。

ヒゲ脱毛が完了するまでの計画を立てる

ヒゲ脱毛は、満足いく状態を得られるまでに1〜1年半かかるのが平均的です。

これを踏まえた上で、脱毛完了までの計画をしっかりと立て、正しい間隔で通えるように、スケジュールを調整しましょう。

仕事やプライベートの都合によって、あらかじめ脱毛に通えない期間がわかっている場合には、それらを全て考慮した上で脱毛スタートの時期を見極めてください。

なお、脱毛中は基本的に日焼けNGとなります。夏にマリンレジャーなどの計画がある際には、前の年の秋くらいから脱毛を開始すると、ある程度までヒゲ脱毛をおわらせることができますね。

逆に、脱毛スタート時は頻繁に通わなくてはいけないため、春から夏にヒゲ脱毛をスタートさせるのは、あまりおすすめできません。

まとめ

今回は、ヒゲ脱毛の効果を最大限高めることができる毛周期に沿った通い方について、ご紹介しました。

POINT1⃣少しでも早くヒゲ脱毛を完了したい

2⃣少ない回数でお金をかけずにヒゲ脱毛したい

このようにお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね!

ct7