【最新版】髭が生えない方法が知りたい!暑苦しい濃いヒゲとサヨナラできる5つの対策法

髭が生えない

剃っても剃っても生えてくる濃い髭は、本当に厄介ですよね。

「髭が生えない方法はないのかな?」

このように考えている人も、多いのではないでしょうか。

髭は、男性ホルモンの影響を受ける「性毛」の一つです。

ホルモンが活発に分泌される人ほど、シェービングしても濃い髭がすぐに生えてくるため、「毛抜きで抜く」「ワックスシートで脱毛する」といった方法は、根本的な解決策になりません!

そこで今回ご紹介したいのが、暑苦しい濃い髭とサヨナラできる5つの対策法です。

髭が濃い人にありがちな悩みや、共通点についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

髭が濃い人に多い特有の悩みとは?

髭が濃くて悩んでいる人に多いのが、SNS上でよくみかける次のような特有の悩みです。

「髭濃いのホント嫌だわ…営業職だから仕方ないけど毎回に近いほど剃ってこいって…
脱毛行くかぁ」
https://mobile.twitter.com/kashumi_R750/status/1260542395839426561

「髭を永久脱毛したいな
青ひげ目立つからメンズ用のファンデーション買ったわ」
https://mobile.twitter.com/BjWwt/status/1096428610934710272

「毛深いって悩むよね
自分は濃い方で特に髭が邪魔だな~
毎朝剃っても夕方にはチクチクしたり、肌傷つくし...」
https://mobile.twitter.com/muuabo/status/1221685299379503104

「一応さ髭とか生え散らかしてたら汚らしいからせめて清潔感保つために結構頻繁に髭剃りとか真面目にしてますが、そのせいでニキビとかにダメージくらったり、ニキビが目立ったりしてるような気がすんだよな。
https://mobile.twitter.com/conaconatu/status/1266599702222389248

髭が濃いせいで、こまめに髭剃りしなくてはいけなかったり、青ひげが目立ったりすることに、大きなコンプレックスを抱えている人は少なくありません。

また、肌が弱い人は毎日カミソリを使って深剃りすることにより、肌荒れを引き起こすきっかけとなります。

これは、髭が薄い人にはわからない特有の悩みだといえるでしょう。

暑苦しい濃いヒゲが生える人の共通点

濃い髭が生える人には、薄い人にはない2つの共通点が存在します。

では、どのような共通点なのか、さっそく見ていきましょう!

男性ホルモンの分泌量が多い

冒頭でもお話ししましたが、髭は男性ホルモンの影響を受けやすい「性毛」に分類されます。

つまり、男性ホルモンの分泌量が多い人は、濃いヒゲが生えやすい傾向にあるんですね。

同じ男なのに、ヒゲが濃い人と薄い人がいるのは、まさに男性ホルモンの分泌量が人によって異なるからだといえるでしょう。

こまめに髭剃りをしている

髭が濃い人は、シェービングしてもすぐに生えてきてしまうため、1日に2〜3回ヒゲを剃ることがありますよね。

しかし、このような対策法を繰り返していると、毛穴や皮膚に強い衝撃を与えてしまう結果となり、一時的に髭が濃くなってしまう可能性があるんですね。

そのため、

  • 髭が濃い → こまめに髭剃りをする

このような行動は、まさに自分自身で髭を濃くしてしまう悪循環に陥っているのかもしれません。

濃い髭が生えない5つの対策法

濃い髭を生えないようにしたり、薄くしたりするためには、次の5つの対策法が有効です!

規則正しい生活習慣を心がける

偏った食生活を繰り返していると、ホルモンバランスが乱れてしまうため、男性ホルモンが活発に分泌されます。

野菜やタンパク質をバランスよく食べるように心がけ、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが、適切に保たれるような努力を行いましょう。

また、就寝時間も男性ホルモンの分泌量に大きな影響を及ぼします。

極端に睡眠時間が短かったり、深夜遅くまで起きていたりすると、成長ホルモンの分泌が損なわれ、ホルモンバランスも乱れてしまうんですね。

ゴールデンタイムと呼ばれる22時から深夜2時の時間帯には、質の良い睡眠が得られるように努力することが大切です。

ちなみに、早い時間に寝付けない人は、次のような対策を行うことで、ぐっすりと眠れるようになります。

  • 毎日30分以上の運動を取り入れる
  • 積極的に日光浴をする
  • 就寝する1時間前にぬるま湯のお風呂に入る

特に日光浴に関しては、太陽を浴びることで「セロトニン」と呼ばれる物質が、活発に分泌されるようになり、質の良い睡眠を得るための「メラトニン」分泌を促します。

朝の時間帯や昼休みを活用し、できる限り太陽の光を浴びるようにしましょう。

過剰な筋トレを控える

過剰な筋トレを繰り返していると、筋肉が増強されることにより、男性ホルモンの分泌が活発となります。

男性ホルモンの分泌が増えることで、髭は濃くなりやすいので、気になる方は適度な筋トレに抑えるようにしてください。

男性ホルモン抑制に役立つサプリを取り入れる

男性ホルモンは、女性ホルモンの減少によって増大します。

したがって、男性ホルモンを抑制するためには、女性ホルモンを増やすことが大切なんですね。

そこでおすすめなのが、女性ホルモンの分泌を促す成分で作られたサプリメントです。

  • 大豆イソフラボン
  • プラセンタエキス

このような成分が配合されているサプリメントを、毎日の栄養補助として取り入れることにより、乱れがちなホルモンバランスにサポート効果を発揮します。

特に、豆腐や納豆といった大豆食品が苦手な人は、日々の食生活の中でイソフラボンを摂取しにくい状態となっているので、ぜひサプリメントを役立ててみてください。

抑毛ローションを活用する

濃いヒゲが生えてくるのを少しでも抑えたいのなら、イソフラボンやパパイヤエキスなどが配合されている抑毛ローションを毎日の生活に取り入れましょう。

シェービング後の保湿にも役立つ商品となるため、化粧水感覚で活用することができます。

3ヶ月以上継続して続けていると、徐々に毛が細くなったり、生えてくるスピードが遅くなったりする効果を実感できるようになるんですね。

即効性を期待できる方法ではありませんが、毎日使い続けることで、髭の成長スピードを遅らすことができます!

クリニック・サロンで脱毛する

濃い髭を確実に薄くしたいのであれば、クリニックやサロンで行われている「髭脱毛」に挑戦してください。

光やレーザーを発毛組織に照射すると、熱ダメージを与えることができます。

髭の再生能力を、著しく低下させることができるため、一定期間続けることで、理想の状態を簡単に手に入れられる可能性が高いです。

ちなみに、サロンの光脱毛だと脱毛器の照射出力が弱いため、数年経過してから再発する可能性があります。

永続的な脱毛効果を実感したい人は、より脱毛器の照射出力が高いクリニックの医療レーザー脱毛に挑戦しましょう!

【まとめ】毛抜きはNG!濃い髭を根本的に解消したいなら医療レーザー脱毛に行こう

今回は、暑苦しい濃い髭が生えなくなる対策法についてご紹介しました。

髭を少しでも薄くしたいとお考えの人は、ぜひ上記でご紹介した方法を実践してみてください。

なお、髭が生えるスピードを遅くする目的で、毛抜きを使い1本ずつヒゲを抜く人がいますが、これだと肌に大きな負担をかけてしまう可能性が高いです。

色素沈着によってシミを作り出したり、肌に刺激を与えることで一時的にヒゲが濃くなったりすることもあるんですね。

根本的な解決法にはならないので、絶対におすすめできません。

濃い髭に強いコンプレックスを抱いている方は、ぜひこの機会に発毛組織を破壊できる医療レーザー脱毛に挑戦しましょう!

この記事が気にいったらフォローしよう!
\メンズ脱毛情報を毎週更新/