今田耕司が挑戦したヒゲのレーザー脱毛は痛い?脱毛効果と気になる痛みについて解説!

今田耕司さんの髭脱毛

今では、お笑い芸人の大御所としてバラエティ番組で活躍する今田耕司さんですが、彼は濃いヒゲをレーザー脱毛したことでも有名です!

ある芸人がヒゲ脱毛したことを聞き、それをきっかけに、ヒゲのレーザー脱毛を決意したといわれています。

ヒゲ脱毛後は見た目の爽やかさが一気に増し、好感度がかなり高くなりましたよね。

そこで今回は、今田耕司さんが成功したヒゲのレーザー脱毛について解説します。

  • ヒゲのレーザー脱毛はどんな特徴がある?
  • ヒゲのレーザー脱毛のメリットとデメリットが知りたい
  • ヒゲのレーザー脱毛は痛くないの?

このような疑問を、わかりやすく全て解消していくので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

今田耕司が挑戦したレーザー脱毛とは?

今田耕司さんが体験したヒゲのレーザー脱毛は、黒色のメラニン色素にレーザーを反応させ、毛根付近の毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織を熱破壊する脱毛方法です。

肌の表面からレーザーを照射すると、まず黒い毛に反応します。

この黒い毛を導火線のように利用し、表皮の奥にある発毛組織に熱を伝えていくんですね。

ヒゲを生やすために必要な役割を果たしている毛乳頭や毛母細胞が、熱によって深刻なダメージを受けると、成長させるための力が徐々に弱まります。

その結果、毛周期が成長期となっている毛は従来までの状態を維持することができなくなり、毛根から自然と離れて抜け落ちるんですね。

ただし、脱毛効果を発揮するのは成長期の毛のみとなるため、これから生えてくる退行期や、休止期のヒゲには脱毛効果を発揮しません。

これらのヒゲが成長期になるのを待ち、繰り返しレーザー脱毛の施術を行うことで、毛量を少なくすることができます。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット ・永続的な脱毛効果を期待できる
・少ない回数で脱毛効果を発揮する
・光脱毛と比較して毛の再発率が低い
デメリット ・脱毛中に痛みを感じやすい
・1回あたりの脱毛費用が高額になりやすい

今田耕司さんが行ったヒゲのレーザー脱毛には、上のようなメリットとデメリットがあります。

レーザー脱毛の大きなメリットは、一度の施術で高い脱毛効果を実感できる点と、永続的な脱毛効果が得られるところですね。

医療機関でのみ取り扱うことができるレーザー脱毛器を使用するため、高い出力で一気にレーザーを照射していきます。

これにより、少ない回数で高い脱毛効果を期待できる点は、多くの人がレーザー脱毛を選ぶ理由の1つでしょう。

ただし、優れた脱毛効果を発揮する分、脱毛中の痛みや費用が高額になりやすいといったデメリットがあることも、忘れてはいけません。

レーザー脱毛でヒゲ脱毛効果を実感できる回数・期間

【効果を実感できるまでの回数】 ・薄くなったと感じるまで → 約4〜5回
・つるつるになったと感じるまで → 約10〜12回
【効果を実感できるまでの期間】 ・薄くなったと感じるまで → 約8〜12ヶ月
・つるつるになったと感じるまで → 約1年半〜2年

クリニックのレーザー脱毛で、ヒゲ脱毛の効果を実感できるまでの回数と期間は、上記のとおりです。

なお、こちらの回数と期間はあくまで一般的な目安です。

もっと早く脱毛効果を実感できる人もいれば、なかなか効果を実感できず、回数や期間がかかってしまう人もいます。

少しでも早くヒゲ脱毛の効果を実感したいのなら、周期を空けすぎず適切な間隔で通うようにしてください。

レーザー脱毛とサロン脱毛に効果の違いはある?

クリニックのレーザー脱毛とサロンの光脱毛では、脱毛器から照射される出力が異なります。

黒色のメラニン色素に反応させるメカニズムは同じですが、発毛組織まで届く熱に違いがあるんですね。

サロンの光脱毛は、出力を抑えた状態で光を照射します。

そのため、効果を実感するまでの時間が、レーザー脱毛の倍近くかかってしまう可能性もあるでしょう。

なお、脱毛中の痛みは出力が抑えられている分、サロンの光脱毛の方が軽減されています。

レーザー脱毛でヒゲ脱毛すると痛みはどのくらい?

医療レーザーを使ったヒゲ脱毛に挑戦する場合には、レーザー脱毛器の種類によって痛みの感じ方が異なります。

熱破壊式レーザー脱毛器の痛み

クリニックに導入されているレーザー脱毛器の多くは、熱破壊式です。

「アレキサンドライトレーザー」、「YAGレーザー」はこちらに当てはまりますが、高温の熱を一気に照射して発毛組織を破壊していくため、痛みを感じやすいのが特徴的なんですね。

輪ゴムで弾かれたような、強い痛みを感じる人が多いです。

痛みに弱い人や不安がある人は、オプションで選べる笑気麻酔・麻酔クリームを利用した方が良いかもしれません。

麻酔によって、脱毛中の不快な痛みは大幅に軽減されます!

蓄熱式レーザー脱毛器の痛み

蓄熱式のレーザー脱毛器の代表は、「メディオスター」です。

ゴリラクリニックや湘南美容クリニックでは、こちらの脱毛器を導入していますが、毛根付近ではなく毛包にある「バルジ領域」を狙うのが特徴的なんですね。

表皮に近い毛包を狙うことにより、高温の熱を照射させる必要がなくなりました。

50度前後の熱を照射し、じっくりとバルジ領域を熱破壊していくため、輪ゴムで弾かれたような強い痛みを感じにくいでしょう。

しかしそれでも、無痛ではありません!

熱いコップを押し当てられたような熱感を感じる人や、瞬発的な痛みを感じる人はたくさんいます。

「痛みはあるが、熱破壊色のレーザー脱毛器よりは痛みが緩和されている」

このように覚えておいてくださいね。

ヒゲのレーザー脱毛にかかる費用とは?

ヒゲのレーザー脱毛にかかる費用は、どのクリニックを選ぶかによって大幅に変わってきます。

なぜなら、ヒゲ脱毛は健康保険を利用できない自由診療となるため、クリニックで価格を自由に決めることができるんですね。

しかし最近では、ヒゲ脱毛の需要が高まっているため、クリニック間での価格競争が起こっています。

以前と比較すると、かなりリーズナブルな価格で、ヒゲ脱毛の施術を受けられるようになったんです!

ちなみに、湘南美容クリニックでは、ヒゲ3部位(上口ヒゲ・アゴ・アゴ下)を6回脱毛するプランで、かかる費用は30,350円(税込)です。

ヒゲ脱毛は10円以上かかると思われがちですが、今は高額な費用を支払わなくても、気軽な気持ちで脱毛に挑戦できます。

今田耕司以外のレーザー脱毛に挑戦した芸能人

ヒゲのレーザー脱毛に挑戦した芸能人は、今田耕司さんだけではありません。

以下のようなお笑い芸人たちが、次々とレーザー脱毛でヒゲを処理しています。

千鳥(ノブ)

お笑いコンビ千鳥のノブさんは、表参道クリニックにて、ヒゲの医療レーザー脱毛に挑戦しました。

口周りがすっきりとし、好感度がアップしています。

タカアンドトシ(トシ)

タカアンドトシのトシさんは、湘南美容クリニックでヒゲ脱毛に挑戦しました。

もともとヒゲの濃いイメージはそこまで強くはありませんが、顔の印象がさっぱりとしているのは、ヒゲ脱毛の力が大きいのかもしれませんね!

月亭方正(山崎邦正)

落語家としても活躍している月亭方正さんは、
ゴリラクリニックにて、ヒゲ脱毛に挑戦しています。

なお、ゴリラクリニックには月亭方正さん以外にも、アンジャッシュの児嶋さんや、カズレーザーさんといった芸人が数多く訪れていました。

今田耕司さんの髭脱毛のまとめ

今回は、今田耕司さんが挑戦したヒゲのレーザー脱毛を中心にご紹介しました。

クリニックの医療レーザー脱毛器なら、年数が経過してから再発するリスクが低いため、永続的な脱毛効果が得られます!

髭剃りの手間を長期にわたって省くことができるため、今からヒゲ脱毛を検討している人は、ぜひレーザー脱毛を選択肢の一つに入れてみてくださいね。

この記事が気にいったらフォローしよう!
\メンズ脱毛情報を毎週更新/