【ヒゲ脱毛の疑問解消!】脱毛後はいつから自己処理すれば良い?正しく剃るための方法を伝授!

ヒゲソリ

毎日の髭剃りがなくなって、見た目にも清潔感が増すヒゲ脱毛。

快適な生活を手に入れるために、ヒゲ脱毛に挑戦する男性は年々増えています!しかし、ヒゲ脱毛が完了するまでには、脱毛前には予想しなかった難題が待ち構えています。

その難題として一番に取り上げられるのが、脱毛後の髭剃りなんですよ。

「いつから髭剃りできるの?」

「ヒゲ剃りは控えないとダメなの?」

こんな疑問や、不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、脱毛後の髭剃りにまつわる疑問を丸ごと解消します。

脱毛後の髭剃り時期や、正しい自己処理法を知りたい方は必見ですよ!

ヒゲ脱毛後はいつから剃っていい?

ヒゲ脱毛後の髭剃りは、基本的に翌日から可能です!

ヒゲ脱毛を受けた当日は我慢しなければいけませんが、翌日からであれば、問題なく髭剃りが始められるんですね。

全身脱毛にチャレンジすると、「1週間は期間をあけてから自己処理をしたほうが良い」なんていわれますが、ヒゲ脱毛ならそんなに間隔を空ける必要はありません。

ただし、ヒゲ脱毛後の肌は非常にデリケートです。

脱毛時に照射した熱エネルギーが、皮膚の内部にこもった状態となるため、肌も通常より乾燥しやすくなっています。

もしも、脱毛後に肌が赤くなっていたり、痒くなっていたりする場合には、症状が落ち着いてから髭剃りを始めるのがおすすめです。

ヒゲ脱毛後に剃る際の注意点は?

ヒゲ脱毛後は、硬くて太いヒゲも通常より柔らかくなっています。

この状態だと、普段と同じ髭剃りを行ってもうまくいきません。

そこで、ヒゲ脱毛後に髭剃りを行う場合には、以下の3つの注意点を参考にしてみてください。

注意点1「肌に負担のかかる道具は使わない」

シェーバー

髭剃りは、T字カミソリ派と電気シェーバー派の2つに分かれますよね。

特に青ひげが気になる男性は、深剃り可能なT字カミソリを好む傾向があります。

しかしヒゲ脱毛後は、肌が敏感な状態となっているため、刺激の強いT字カミソリは避けた方が無難です。

できるだけ、肌への負担の少ない電気シェーバーを使用してください。

ただし、先ほどもお話ししたようにヒゲ脱毛後は通常よりも髭が柔らかい状態です。

電気シェーバーだと上手に剃ることができず、剃り残しが目立ってしまう場合も。

こんなときには、電気シェーバーだと上手に整えるのが難しい部分だけ、T字のカミソリを活用してみてください。

蒸しタオルやシェービングフォームを忘れず、肌に優しくカミソリの刃を当てるのがポイントです!

なお、がっつり深剃りできるタイプのT字カミソリしかない場合には、敏感肌タイプのT字カミソリを購入しましょう。

注意点2「毛抜きは使わない」

ヒゲ脱毛後のシェービングがうまくいかない場合、面倒になって毛抜きを使ってしまう人がいます。

簡単にヒゲを取り除くことができるため、一見便利に感じるのですが、これは大きなNG行為です!

ヒゲ脱毛は、黒色のメラニン色素に反応して発毛組織にダメージを加えていきます。

皮膚の中にある成長段階のヒゲは、いわゆる脱毛するための導火線になっているような状態なんですね。

そんなヒゲに対し、毛抜きを使って毛根から引き抜いてしまうと、十分な脱毛効果が得られません。

高いお金を払って脱毛しているのに、十分な脱毛効果が実感できなくなったら、悲しいと思いませんか?

このような事態を避けるためにも、絶対に毛抜きで髭を引き抜くのはやめてください。

注意点3「前準備とアフターケアを徹底する」

洗顔

ヒゲ脱毛後のデリケートな肌に負担をかけないためには、前準備とアフターケアを徹底することが大切です。

髭剃り前の前準備では、以下の3つが必要となるため、髭剃り前にしっかりと用意しておきましょう。

必要なもの1⃣洗顔
2⃣蒸しタオル
3⃣シェービングフォームやジェル

ちなみに蒸しタオルは、水でタオルを濡らし、電子レンジで1分弱温めると完成します。

いきなり顔に乗せると火傷してしまう可能性があるため、必ず適温になるように調整してから使用してください。

続いて、髭剃り後のアフターケアですが、こちらでは化粧水や乳液といった保湿剤を活用します。

メンズ用に販売されているアフターケアローションなどを利用するのも1つの手ですが、女性用のスキンケアアイテムは保湿効果が高く、販売価格も安いです。

こちらをぜひ、有効活用してみてくださいね!

ヒゲ脱毛後の自己処理で失敗しないためのポイント!

ヒゲ脱毛後の自己処理で失敗しないためには、以下の3つのポイントを厳守することが大切です。

肌を清潔な状態に整えてから剃る

肌を清潔にする

髭剃りを行う前には、必ず肌を清潔な状態に整えます。

洗顔フォームや石鹸の泡を活用し、優しく肌の表面に吸着した汚れを取りのぞきましょう。

ちなみに、なぜ髭剃り前の洗顔が重要なのかというと、脱毛をきっかけにニキビや毛嚢炎(もうのうえん)を悪化させる人がいるからです。

ニキビは、皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖することにより発生する毛穴の炎症です。

一方、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌を始めとする細菌に感染して、毛穴の奥が炎症する皮膚疾患になります。

悪化すると、ヒゲ脱毛の施術がスムーズに受けられなくなってしまうため、少しでもリスクを減らすためにも、肌を清潔な状態に保つ必要があるんですね。

特にヒゲ脱毛後は、肌のバリア機能が弱くなってしまいがちなので、日頃よりも感染症を意識して髭剃りを行いましょう。

入浴中や入浴後は避ける

通常の髭剃りは、入浴中や入浴後のヒゲが柔らかくなった状態が推奨されています。

しかしヒゲ脱毛後は、上記でもご紹介したように、肌トラブルのリスクが高まります。

雑菌が付着したお風呂のお湯で顔を洗い、その状態で髭剃りを行うと、毛穴の中に細菌が侵入しやすくなってしまうんですね。

このような事態を避けるためには、入浴中や入浴直後の髭剃りは避けた方が良いでしょう。

なお、ヒゲ脱毛に限らず、全身脱毛や部分脱毛に挑戦している人も、脱毛後は入浴中や入浴直後の自己処理を避けるようにしてくださいね。

日頃から紫外線対策に力を入れる

紫外線対策

脱毛後の肌は、紫外線の影響を受けやすいです。

いつもは特に問題がない人でも、ヒゲ脱毛後の日焼けで、肌トラブルを発生させるケースは少なくありません。

万が一、肌トラブルが発生してしまっている状態で髭剃りを行うと、致命的なダメージを与えます。

このような状況を避けるためにも、日頃から紫外線対策を徹底しましょう。

ヒゲ脱毛後の髭剃りを避けたい人におすすめの裏技!

ヒゲ脱毛後の髭剃りは、脱毛の施術翌日から可能です。

しかし、肌トラブルを避けて脱毛効果を高めたい人や、脱毛後に赤みや痒みを発生しやすい人は、できるだけ髭剃りを避けた方が良いですよね。

そこでおすすめなのが、次の2つの裏技です!

マスクで隠す

マスク

ヒゲ脱毛後に不精髭が目立ってしまう場合は、マスクで隠すことにより、清潔感を保つことができます。

マスクをしていれば、紫外線対策にもなるので一石二鳥ですね!

特に、秋から春にかけてはマスクをしていても怪しまれないので、ぜひ実践してみてください。

カットしてデザイン髭にする

髭剃りによるカミソリ負けや、肌への負担が気になる場合には、カミソリや電気シェーバーを使用せず、専用のハサミでカットするのも1つの方法です。

長さを均一に揃えれば、おしゃれなデザイン髭が完成します!

毛深い男性には特におすすめの方法となるため、脱毛前のヒゲスタイルをこの機会に楽しんでみてくださいね。

【まとめ】ヒゲ脱毛後の髭剃りに悩みたくない人はクリニック脱毛に挑戦しよう!

「ヒゲ脱毛後の髭剃りに気を使うのが面倒臭い・・」

このように感じる人は、サロン脱毛ではなく、医療レーザー脱毛を使ったクリニック脱毛に挑戦しましょう!

クリニック脱毛なら、強い照射出力でスピーディーに脱毛していくため、少ない回数と短い期間でヒゲ脱毛が完了します。

1日でも早く理想の状態に近づけば、ヒゲ脱毛後の髭剃りに、頭を悩ませる必要がなくなりますね!

サロン脱毛より痛みが強いといったデメリットがありますが、こちらに関してもクリニックなら麻酔を利用できるので安心です!

なお、口コミで評判の良いクリニックでヒゲ脱毛を始めたい人には、満足度が高いと好評の「メンズリゼ 」がおすすめです。

初回は、無料でカウンセリングが受けられるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

ct7