【ひげそりの正しい頻度とは?】世代別でみるおすすめのヒゲ剃り法をわかりやすくご紹介!

ひげ剃り

身だしなみの1つでもある「ひげそり」

男性なら、誰に教わることなく、当たり前のように日々取り入れていますよね。

しかし、ひげそりには正しい頻度が存在します。

この頻度を無視して、自己流にひげそりを続けてしまうと、だらしなく見られてしまったり、肌トラブルを引き起こしたりする可能性が、高いんですね。

そこで今回は、いまさら人には聞けない「ひげそりの正しい頻度」を解説します!

中高生や大学生、さらに社会人といった世代で異なるおすすめのヒゲ剃り頻度についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ひげそりの正しい頻度とは?

それではまず最初に、髭剃りの基本的な正しい頻度についてご紹介します。

通常は1日1回がベスト!

ひげそりの基本は、1日1回です。

ヒゲが濃い男性は、朝剃っても午後には髭が気になり始めるため、朝と夜の1日2回シェービングすることがあります。

しかし、ヒゲが伸びるピークの時間帯は午前中の6時から10時まで。

夕方以降はヒゲの伸びが悪くなり、夜遅い時間帯になるとほとんど伸びなくなるんですね。

したがって、朝ひげそりをするのなら、夜ひげそりをしてもあまり意味がありません。

夜に大事な用事が入っている場合には、夜のシェービングもアリですが、毎日朝と夜の1日2回を繰り返していると、肌に余計な負担をかけてしまいます。

基本的には朝1回のひげそりを心がけ、朝が忙しくてどうしてもシェービングする時間がない人は、夜の入浴中のヒゲが柔らかくなるタイミングを見計らっておこないましょう。

敏感肌は2日に1回でもOK!

敏感肌で肌荒れを引き起こしやすい人や、アトピー体質でカミソリ負けが気になる人は、2日に1回の髭剃りでも大丈夫です。

毛深い男性だと不精髭が目立ち、見た目の衛生面は好ましくありませんが、肌の健康を考えるなら、頻度を少なくした方が良いでしょう。

また、ヒゲが薄い男性は2日でもあまり目立ちません。

清潔感が損なわれない外見を維持できているのであれば、3日に1回の髭剃りでも問題ないですね。

「中学生〜社会人」世代別で見るおすすめのひげそり頻度は?

基本は1日1回の髭剃りですが、世代別でみるとどのようになっているのでしょうか。

  1. 中高生
  2. 大学生
  3. 社会人

この3つに分けて、ひげそりのおすすめ頻度をまとめました。

中学生〜高校生のひげそり頻度

中学生

まず中学生ですが、この時期はほとんどヒゲが目立ちません。

しかし、中学3年生あたりになると、黒いヒゲが生えてきて、同級生にからかわれてしまう場合もありますよね。

ヒゲが気になり始めた人は、目立つタイミングでひげそりをおこないましょう。

あまり伸びていない状態でひげそりをすると、肌への負担が大きくなるので、月に1〜2回くらいが目安となります。

続いて高校生ですが、男性ホルモンが活発に分泌されるようになり、徐々にヒゲが目立ち始めます。

しかし、大人のように濃いヒゲが毎日たくさん生えてくるケースは少ないため、週に1度を目安にひげそりするのが理想的ですね。

ちなみに、ひげそりを頻繁にしたからといって、ヒゲが濃くなるわけではありませんが、毛抜きを使うと、太くて濃いヒゲが生えたり、肌へのダメージがメラニン色素を増大させ、シミを作り出す可能性があります。

本数が少なくても、必ずカミソリを使ってひげそりをしましょう。

大学生のひげそり頻度

大学生

大学生は、大人同様に濃くて太いヒゲが毎日生えてきます。

社会人ほど身だしなみを気にする必要はありませんが、最低でも2日に1回のペースでひげそりを行ったほうが良いでしょう。

また、この時期になると女性の目線が気になり始めますよね。

女性は清潔感を重視する傾向があるため、女子ウケを意識するのであれば、毎朝ひげそりを行うのもおすすめです!

社会人のひげそり頻度

社会人

社会人のひげそり頻度は、1日1回を基本の頻度を参考にしてください。

1日1回がベストで、敏感肌やアトピー体質の方は2日に1回が目安です。

特に、営業職や飲食業といった人と触れ合う機会が多い職業に就いている方は、清潔感が非常に重要です。

ひげそりによる肌荒れもマイナスイメージとなってしまうため、なるべく肌に負担をかけないようにシェービングしてください。

肌トラブルを軽減する正しい髭剃り法

ひげそりは、毎日の身だしなみです。

誤った方法で行っていると、肌トラブルを引き起こすきっかけとなるので、以下の肌トラブルを軽減する正しい髭剃り法をマスターしてください!

念入りな前準備をする

肌が乾燥している状態でカミソリを使うと、必要な角質を取り除いてしまったり、乾燥を悪化させたりします。

このようなトラブルを避けるためにも、ひげそり前には蒸しタオルを使って、皮膚を柔らかい状態にしてください。

タオルを水で濡らし、40秒〜1分間ほど温めれば、簡単に蒸しタオルが完成します。

蒸しタオルを使うことで毛穴も開きやすくなるため、シェービング後の見た目も良くなりますよ!

蒸しタオルで5分ほど肌を温めた後は、シェービングフォームやジェルを使って、カミソリの刺激を軽減できる状態に整えましょう。

肌質にあったカミソリや電気シェーバーを選ぶ

シェーバー

前準備が完了したら、さっそくT字のカミソリや、電気シェーバーを使ってヒゲを剃ります。

この際に使用するカミソリは、肌質にあったものを選んでください。

特に、敏感肌体質の人は、皮膚にカミソリの刃が直接触れないスキンガード付きのものや、電気シェーバーを選ぶと良いですね。

以下の記事でおすすめの電動シェーバーを紹介しています。

アフターケアを怠らない

最後に、化粧水や乳液を使ってアフターケアを行います。

ひげそり後の肌は非常に敏感な状態となっているため、紫外線などの外的刺激を受けやすいです。

肌を健やかに保つためにも、必ず保湿成分が含まれたスキンケアアイテムを活用しましょう。

ひげそりが面倒な人は医療レーザー脱毛がおすすめ!

毎日のひげそりが面倒に感じるのであれば、クリニックの医療レーザー脱毛に挑戦するのも、1つの方法です!

医療レーザー脱毛の特徴

クリニックの医療レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応するレーザーを使い、発毛組織を強い照射出力で破壊します。

1度の脱毛では、高い効果を期待することができませんが、成長期のヒゲに対して高い脱毛効果を発揮するため、少ない回数と短い期間で理想の状態に仕上げることが可能です。

また、クリニックの医療レーザー脱毛はエステの光脱毛とは違い、永久脱毛ができます。

脱毛完了後は、自分自身でひげそりする必要がなくなるため、カミソリによる肌への負担を軽減したい人にもおすすめですね。

医療レーザー脱毛が安いおすすめクリニック

医療レーザー脱毛がお得な価格で受けられるおすすめクリニックは、多くの芸能人からも選ばれている「ゴリラクリニック」です!

ゴリラクリニックの特徴

ゴリラクリニック

ヒゲ脱毛の実績No.1のゴリラクリニックは、幅広い世代の男性から人気を集めています。

痛みを大幅に軽減したメディオスターを始め、男性の剛毛な毛に対して高い効果を発揮した脱毛器を5種類も取り揃えているんですね。

一人ひとりの肌質に合わせた脱毛方法を選んでくれますが、脱毛器を指定してヒゲ脱毛に挑戦できるのも魅力的です。

そんなゴリラクリニックのヒゲ脱毛は、7回目以降の追加料金が、3年間1回あたり100円になる「ヒゲ脱毛完了コース」が人気です!

学生なら、10%オフになる学割も利用することができるので、ぜひ気軽な気持ちで無料カウンセリングに訪れてみてくださいね。

ゴリラクリニック公式サイト

ひげ剃りの頻度まとめ

今回は、髭剃りの正しい頻度や、世代別のおすすめ頻度についてご紹介しました。

理想は1日1回ですが、肌質やヒゲの濃さによって調整しながら、肌に負担をかけないようにシェービングすることが大切です。

また、ひげそりが大きな負担になっている人は、ヒゲ脱毛でお手入れ要らずの状態を手に入れるのも1つの方法なので、ぜひこの機会に挑戦してみてくださいね!

ct7