【剛毛男子集まれ!】メンズ家庭用脱毛器の効果の真相は!?男には効果がないって本当?

2019-10-06

家庭用脱毛器

剛毛男子から、密かに注目されているメンズ家庭用脱毛器

本当に効果があるのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、家庭用脱毛器の効果の真相に迫っています!

POINT✅男には効果がないのでは?
✅ヒゲ脱毛は難しい?

こんな疑問を抱いている方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

家庭用脱毛器で本当に脱毛できる?

家庭用脱毛器は、50,000円以上する高価なものが多いですよね。

高いお金を払ったのに、実際に脱毛してみて効果がなかったら、がっかりしてしまいます。

実際の脱毛効果が気になって、なかなか購入に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

しかし、ご安心ください!

50,000円以上する高性能な脱毛器の多くは、しっかりと脱毛効果を発揮します。

もちろん商品によって特徴が異なるため、男性の脱毛に不向きなものもありますが、「髭」や「脇毛」といった剛毛にも、ちゃんと脱毛効果が期待できるんですよ。

家庭用脱毛器には「フラッシュ式」と「レーザー式」の2種類

フラッシュ式脱毛器 黒色のメラニン色素に反応する光を当てて脱毛
レーザー式脱毛器 黒色のメラニン色素に反応するレーザーを当てて脱毛

ただし、家庭用脱毛器には「フラッシュ式」と「レーザー式」の2種類があることを理解しておきましょう。

レーザー式脱毛器の方が効果を実感しやすいのですが、痛みを伴うため、そこまで人気がありません。

反対に、近年大きな人気を集めているフラッシュ式脱毛器は、数回の施術で大きな変化は実感できない場合が多いです。

何度も回数を重ねていくうちに、徐々に薄くなっていきます。

即効性を期待して購入してしまうと、「効果がなかった」とがっかりしてしまうこともあるので、この点をきちんと理解しておきましょう。

脱毛サロンと家庭用脱毛器の違い

脱毛サロンで導入されている光脱毛器には、

POINT✅IPL脱毛方式
✅SSC脱毛方式
✅SHR脱毛方式

この3つの種類があります。

このなかで、家庭用脱毛器と同じ方式になるのが「IPL脱毛」です。

IPLの略は、「インテンス・パルス・ライト」となり、黒色メラニン色素に反応する光を照射することで、脱毛効果を発揮します。

IPL脱毛方式は、大手脱毛サロンでも採用されている人気の脱毛方法になるため、商品によって出力の違いはありますが、家庭用脱毛器としても十分な効果を発揮するんですね。

つまり、IPL脱毛を採用している脱毛サロンと家庭用脱毛器では、特に大きな違いがありません。

脱毛クリニックと家庭用脱毛器の違い

出力

家庭用脱毛器のレーザー式と同じメカニズムなのが、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛です。

黒色メラニン色素に反応するレーザーを使い、毛根付近にある発毛組織を破壊していきます。

一度破壊された発毛組織は再生が困難となるため、永久脱毛が実現するんですね。

しかし、家庭用脱毛器とクリニックの医療レーザー脱毛器では、出力が大きく異なります。

同じ方式であったとしても、家庭用脱毛器には、発毛組織を破壊するほどの力がないんです。

ただし、ダメージは加えることができるため、髭剃りやムダ毛処理が楽になるくらいまで薄くすることができます。

家庭用脱毛器にはどんなメリットとデメリットがある?

家庭用脱毛器には魅力的なメリットがありますが、当然ながらデメリットも存在します。

メリット

一般的に挙げられている家庭用脱毛器のメリットは、次の3つです。

脱毛にかかる費用がわかりやすい

家庭用脱毛器は、本体を購入する際に初期費用が発生します。

この初期費用が脱毛にかかる費用となるため、回数や期間で金額が変わる心配はありません。

脱毛器の種類によって、途中でカートリッジを交換する必要が発生する場合はありますが、こちらも料金がわかりやすいです。

空き時間に脱毛できる

サロンやクリニックで脱毛をしていると、常に施術の予約を取らなくてはいけません。

前もって日時を確保する必要があるため、わざわざ時間を空けなければいけないんですね。

一方、家庭用脱毛器なら空き時間に脱毛することが可能です。

平日の夜遅くはもちろん、ちょっとしたスキマ時間を使って気軽に脱毛できるため、自由度が高いメリットがあります。

納得するまで繰り返し使える

クリニックで永久脱毛しない限り、脱毛完了後に髭やムダ毛が再発するリスクがあります。

サロン脱毛で再発してしまった場合には、またお金を払って脱毛に通わなくてはいけません。

しかし家庭用脱毛器を使っていれば、納得するまで繰り返し使うことができるため、追加料金も発生しません。

デメリット

価格や利便性といった面でメリットの多い家庭用脱毛器ですが、次のデメリットが存在します。

自分で脱毛する手間がかかる

クリニックやサロンで脱毛すれば、自分で脱毛する手間が必要ありません。

ベッドに横たわっているだけで、施術に慣れたスタッフが脱毛してくれますが、家庭用脱毛器は自分自身で脱毛する必要があります。

こまめに自分で施術するのが、面倒になる可能性があるでしょう。

即効性が期待できない

クリニックの医療レーザー脱毛器なら、照射パワーが強いため、少ない回数や短い期間で脱毛効果を実感できます。

しかし家庭用脱毛器を使っていると、脱毛効果を実感するまでにある程度の回数や、期間が必要となるんですね。

即効性は期待できないので、すぐに脱毛効果を実感したい人には向いていません。

全身脱毛はむずかしい

全身脱毛

家庭用脱毛器は自分自身で施術を行うため、うなじ・背中・お尻といった手の届きにくい箇所を脱毛するのが困難です。

全身脱毛を検討している方は、施術の難しい箇所が出てくるでしょう。

家族や親しい知人に施術を頼める方は問題ありませんが、自分1人で全身を脱毛しようと思っている場合、この点をしっかりと考慮しておく必要があります。

家庭用脱毛器で正しく脱毛する手順

家庭用脱毛器を使って正しく脱毛するためには、以下に記載している1〜4の手順を参考にしてください。

手順1「シェービング」

シェービング

脱毛の施術前には、必ずシェービングが必要です。

ヒゲ脱毛なら髭剃り、体の脱毛ならカミソリを使ったムダ毛処理を、前日までに済ませておくのが理想的です。

手順2「脱毛箇所を冷やす」

家庭用脱毛器を使って光やレーザーを照射する前には、脱毛施術中の痛みや、肌へのダメージを軽減するために、必ずクールダウンを行ってください。

保冷剤で、脱毛部位を5分程度冷やしてあげると良いでしょう。

手順3「照射レベルを設定して脱毛する」

ほとんどの高機能な家庭用脱毛器には、照射(出力)レベルを調節する機能が付いています。

脱毛回数や肌の状態に合わせながら、適切な照射レベルを設定してから脱毛してください。

手順4「アフターケアをする」

化粧水

脱毛が完了した後は、「手順2」と同じように施術部位を冷やしていきます。

しっかりクールダウンした後は、肌を乾燥から守るためにも化粧水や乳液、クリームを使ってしっかりと保湿してあげましょう。

家庭用脱毛器の効果はいつから実感できる?

家庭用脱毛器の効果は、1回の施術で実感することができません。

繰り返し何度か施術を行うことで、徐々に変化を感じられるようになります。

また、ヘアサイクルである毛周期を無視して脱毛してしまうと、回数を重ねても十分な脱毛効果が実感できなくなることも。
早く効果を実感したいからと、短い間隔で脱毛する人もいますが逆効果です。

家庭用脱毛器の種類にもよりますが、一般的には3〜4週間に一度の間隔で施術すると、脱毛効果が実感しやすくなります。

脱毛効果を実感できる回数と期間

家庭用脱毛器の照射レベルや、毛量・肌質によっても、効果を実感できるまでの回数と期間には差があります。

少なくても、10回以上は施術を繰り返さないと効果を実感しにくいため、半年以上はかかると思ってください。

男性におすすめの家庭用脱毛器

ケノン

剛毛な男性の髭にも、しっかりと脱毛効果を実感できると評判なのが、「ケノン」です。

楽天市場で6年連続1位を獲得しているだけあり、業務用脱毛器と変わらない脱毛効果が期待できます。

なお、2019年の新型ケノンは従来型と比較しても進化していました。

レベル1で照射した場合の照射回数は、なんと300万発。
照射1回分の費用は、なんと0.0098円です!

ケノンのポイント✅ヒゲ脱毛にも効果的な脱毛器が知りたい
✅コスパの良い優秀な家庭用脱毛器が欲しい

このように考えている人は、ぜひ試してみてください。

ケノン公式サイト

Amazonのケノン検索結果

 

まとめ

今回は、家庭用脱毛器の効果の真相について、クリニックや脱毛サロンと比較しながらご紹介しました。

「家庭用脱毛器は、男の剛毛に効果がない」

このように噂されていますが、回数や期間がかかるだけで、家庭用脱毛器でも確かな脱毛効果が期待できます!

地道にコツコツと脱毛したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ct7