家庭用脱毛器でのヒゲ脱毛のメリット・デメリット!脱毛方式別の特徴・効果・痛み・使いやすさを解説!おすすめ機種のTwitter口コミも掲載!

2019-08-29

家庭用脱毛器

ヒゲ脱毛サロンやクリニックに行くのが大変なので、家庭用脱毛器を使って自宅でヒゲ脱毛をしたいと考えてはいませんか?

自宅で簡単にできる家庭用脱毛器を使ったヒゲ脱毛を始めるのがおすすめです。

そこで今回は、

POINT✅家庭用脱毛器でのヒゲ脱毛のメリット・デメリット
✅家庭用脱毛器の脱毛方式別の特徴・効果・痛み・使いやすさ
✅メンズのヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器2つの紹介

をまとめています。

髭の悩みを抱えている方は、是非この機会に購入したい家庭用脱毛器を見つけて自宅でヒゲ脱毛をはじめてみてくださいね。

家庭用脱毛器を使用したヒゲ脱毛のメリット・デメリット

家庭用脱毛器を使用したヒゲ脱毛は自宅で簡単にできることがメリットとして挙げられますが、照射パワーが弱いため小まめな照射が必要であることがデメリットとして挙げられます。

【メリット】自宅で簡単にセルフヒゲ脱毛ができること

自宅でくつろぐ女性

家庭用脱毛器は自宅で簡単にセルフヒゲ脱毛ができることがメリットの一つです。

コンセントに挿した状態か機械を充電した後に照射するだけなので、使い方に迷わず脱毛できます。

また、ちょっとしたスキマ時間に短時間でできるのでストレスがなく、無理せず脱毛を続けられます。

自宅でできる方法はこちらの記事でも紹介しています。

【デメリット】照射パワーが弱く、小まめな照射が必要であること

安全性の理由から家庭用脱毛器の照射パワーはサロンやクリニックの脱毛機と比較してとても弱くなっています。

そのため、脱毛効果を実感するためには1~2週間に1回程度の小まめな照射が必要です。

髭が濃く太い方は、小まめな照射を2~4年以上の長期間続けなければ効果を得られない場合もあります。

家庭用脱毛器の脱毛方式別!特徴・効果・痛み・使いやすさについて

家庭用脱毛器の脱毛方式には、フラッシュ式・レーザー式・サーミコン式の3つの脱毛方式があります。

こちらではそれぞれの脱毛方式の特徴・効果・痛み・使いやすさについて、詳しく説明します。

優しい光を照射して髭を薄くする「フラッシュ式」

フラッシュ

フラッシュ式はエステやサロンで採用されている脱毛方式です。

優しい光を繰り返し照射することで髭が細く薄くなり、抑毛効果を期待できます。

1回あたりの照射範囲が広く照射回数が少なく済むので、比較的使いやすいです。照射漏れの可能性も低く、綺麗に脱毛できます。

痛みは3つの脱毛方式の中でも一番少なく、痛みが苦手な方におすすめです。

高い脱毛効果を期待できる「レーザー式」

レーザー

レーザー式は脱毛クリニックで採用されている脱毛方式です。

レーザーのパワーはフラッシュ式の光よりも遥かに強く、毛の根元の細胞にしっかりとダメージを与えることができ、より高い効果を期待できます。

ただし、1回あたりの照射範囲は狭く照射回数を多く必要とするので、少し使いにくいです。照射漏れの可能性もあります。

痛みはフラッシュ式よりも強く、髭が濃く太い方はやや強い痛みを感じる場合があります。

熱によってムダ毛をカットする「サーミコン式」

サーミコン式は熱線除毛器と呼ばれるもので、熱で毛をカットする除毛器です。

フラッシュ式やレーザー式とは異なり熱で毛をカットするだけなので、繰り返し何度も毛が生えてきます。

毛先を丸くカットできるので普通に処理するよりもチクチクはありませんが、脱毛効果を期待する人には適していません。

また、使い方は肌の上を滑らせるだけで簡単ですが、強い痛みと火傷の危険性があります。

メンズのヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器その1:フラッシュ式の「ケノン」

メンズのヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器の一つは、フラッシュ式脱毛器の「ケノン」です。

こちらではケノンの特徴と価格、リアルな口コミをまとめています。

ケノンの特徴と価格

ケノン

ケノンはフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

照射面積が7平方センチメートルと広く、1度の照射で広範囲を脱毛できるので照射回数が少なく済みます。

また、現在は6連射機能も搭載され、他の家庭用脱毛器と比較して使いやすさは抜群です。

10段階で出力パワーの調整もできるものもあります。

価格は本体が税込69,800円で、男性のヒゲ脱毛に適しているカートリッジが税込9,800円です。

ケノン公式サイト

Amazonのケノン検索結果はこちら

ケノンの良い評判

ケノンには様々なカートリッジがあり、ヒゲ脱毛に適したカートリッジを使用して適した使い方をすれば髭の濃い方でも効果を実感することができます。

照射後はサロンやクリニックでの脱毛後と同じように、髭がスルスルと抜け落ちてきます。

ケノンの悪い評判

ケノンでは効果を感じられないという人もいますが、そのような場合は出力パワーや頻度を変えてみましょう。

髭の濃い方は高い出力で2週間に1回程度の照射を1年以上繰り返すことで高い効果を得られます。

ただし、火傷の恐れがあるため照射パワーは徐々に高めていくようにし、照射後の冷却は欠かさず行ってください。

ケノンは2chでも効果が語られている脱毛器です。

メンズのヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器その2:レーザー式の「トリア」

メンズのヒゲ脱毛におすすめできるもう一つの家庭用脱毛器は、レーザー式脱毛器の「トリア」です。

こちらではトリアの特徴と価格、リアルな口コミをまとめています。

トリアの特徴と価格

トリア

トリアは家庭用脱毛器で唯一のレーザー式です。

照射面積は直径1cmの円形で照射面積が狭く、照射回数を多く必要とします。照射範囲が狭いぶん、鼻下などの凹凸のある狭い箇所を脱毛するには便利です。

出力パワーは5段階で調整可能です。

価格は税込39,800円で、ケノンよりも安く購入可能です。

Amazonのトリア検索結果はこちら

トリアの良い評判

トリアのヒゲ脱毛では効果を実感している声が多く見られました。

毛量が多い箇所である鼻下は特に強い痛みを感じますが、ケノンよりも安い価格で高い効果を得ることができます。

トリアの悪い評判

トリアの照射パワーはフラッシュ式の家庭用脱毛器よりも強い痛みを感じるので、痛みに負けて断念してしまうという人もいました。

髭の濃い方がトリアで脱毛する場合は、痛みに耐える覚悟が必要です。

ヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器のまとめ

✓この記事のポイント

🔴メリット

家庭用脱毛器は自宅で簡単にできるというメリット

🔴デメリット

満足な脱毛には小まめに照射し1年以上の時間がかかる

🔴おすすめの家庭用脱毛器

ケノン・トリア

家庭用脱毛器でも、定期的に照射し続ければサロンやクリニックでの髭脱毛のように髭が生えてこない状態を手に入れることも可能です。

ヒゲが薄めの方であれば、家庭用脱毛器を使って自宅で脱毛するなら、ケノンかトリアがおすすめです。

サロンやクリニックのヒゲ脱毛に行く暇はないけど髭の悩みから解放されたいという方は、是非この機会に家庭用脱毛器を使ったセルフヒゲ脱毛を始めてみてくださいね。

ct7