【検証】髭脱毛の完了までの期間はどのくらい?効果を実感できる回数とベストな施術間隔を紹介

期間

「髭剃りの手間をなんとかしたい」「濃い髭が嫌でたまらない」

こんな人から注目されているのが、クリニックやエステで行われている「ヒゲ脱毛」です!

しかし、ヒゲ脱毛で満足いく効果を実感するためには、繰り返しの施術が必要です。

これを理解せずにヒゲ脱毛を始めてしまうと、

ヒゲ脱毛の注意事項✅脱毛効果が感じられない
✅ヒゲ脱毛に失敗したかもしれない

このような、誤解をしてしまうことも多いんですよ。

そこで今回は、ヒゲ脱毛完了までの回数や期間、さらに効果を実感できるまでの回数や期間について徹底的に検証しました。

ヒゲ脱毛に挑戦したい方は、ぜひ役立ててみてくださいね!

髭脱毛で効果を実感できる目安の期間と回数

エステの光(フラッシュ)脱毛✅髭が薄い人:約5〜7回/およそ1年
✅髭が濃い人:約7〜10回/およそ1〜1年半
クリニックの医療レーザー脱毛✅髭が薄い人:約2〜3回/およそ半年
✅髭が濃い人:約3〜5回/およそ半年〜1年

髭脱毛で効果を実感できるまでの回数には、個人差があります。

ヒゲ脱毛の口コミや体験談をみても、記載している内容がバラバラだと、どれを信じて良いのかわからなくなりますよね。

そこで、実際にヒゲ脱毛を体験した人の口コミをもとに、効果を実感できるまでの期間や回数を分析してみたところ、上記のようになりました。

エステとクリニックのヒゲ脱毛で回数に差が出るのは、使用している脱毛器の威力が異なるからです。

クリニックでは医療機関のみが取り扱える、威力の高い医療レーザー脱毛器を導入しているため、エステより早く効果を実感しやすいのが特徴的ですね。

ヒゲ脱毛1回の施術時間は?

時間

ヒゲ脱毛1回にかかる時間は、エステもクリニックも平均して約15〜30分程度です。

髭の範囲が狭かったり、毛量が少なかったりすると、脱毛にかかる施術時間が短くなります。

ただし、クリニックで麻酔を使ったヒゲ脱毛を行った場合は、上記の目安時間より若干長くなる場合があります。

ヒゲ脱毛1回では効果なし?

ヒゲ脱毛1回では、高い脱毛効果が見込めません。

クリニックの医療レーザー脱毛であれば、脱毛して10日ほど経過した頃に髭が抜け落ちる感覚を実感できますが、ヒゲ処理が楽になるほどの変化は見込めないでしょう。

また、エステの光脱毛の場合、ほとんど変化がなかったと感じる方も多いようです。

ちなみに、ヒゲ脱毛1回で確かな効果を実感できるのは、クリニックもしくはエステで行われているニードル脱毛です。

こちらは施術した直後にその場で髭がなくなるため、1回でも施術した本数の脱毛効果が見込めます。

ただし、ニードル脱毛は「強い痛み」と「料金が高くなる」といったデメリットがあることを覚えておきましょう。

髭脱毛が完了する目安の期間と回数

ヒゲ脱毛が完了する目安の期間と回数は、どの程度の仕上がりを目指すかによって変わってきます。

2つのパターンを以下に記載したので、参考にしてみてください。

ヒゲ剃りの回数を少なくしたい場合

エステの光(フラッシュ)脱毛 ・10〜15回/およそ1年半〜2年
クリニックの医療レーザー脱毛 ・5〜7回/およそ1年〜1年半

もともとヒゲが薄い人と濃い人では差がありますが、平均してこのような回数で髭が薄くなったと感じられるようです。

目安の期間に関しては、エステやクリニックによって設けている施術間隔が異なるため、あくまで参考程度にしてください。

ヒゲを完全になくしたい場合

エステの光(フラッシュ)脱毛 ・25〜30回以上/およそ3年〜4年
クリニックの医療レーザー脱毛 ・12~18回/およそ2年〜3年

こちらも、ヒゲの濃さや範囲によって個人差が出てきますが、平均するとこのような回数になります。

期間に関しても、先ほど同様にあくまで目安となるため、脱毛の施術間隔によって前後することを覚えておいてくださいね!

髭脱毛の効果を実感しやすいベストな施術間隔

ヒゲ脱毛の効果を実感しやすいベストな施術間隔は、1〜2ヵ月に1度です。

つまり、間隔が短すぎても、長すぎても脱毛効果が低くなる可能性があるんですね。

ちなみに、ヒゲ脱毛の効果をしやすいベストな施術間隔がこのようになっているのには、毛周期が大きく関係しています。

毛周期に合わせる必要があるのはなぜ?

毛周期

毛周期とは、髭が生え変わるヘアサイクルのことを指しており、成長期→退行期→休止期といった3つの段階があるんですね。

この中で脱毛に最も適しているのが、成長期の髭です。

皮膚の表面に見えている成長期の髭は、全体のおよそ20%程度になります。

これを狙って脱毛していくのがベストになりますが、20%のうち成長期に移行したばかりの髭もあれば、退行期に差し掛かる髭もあるんですね。

つまり、一度の施術で20%すべての髭を脱毛できるわけではありません。

しかし、回数を重ねることで成長期の髭を狙い撃ちできるようになってきます。

一般的な毛周期は6〜8週間といわれているため、1〜2ヶ月間隔で脱毛の施術を繰り返していくのが効率的です。

髭脱毛の間隔が空くと効果はどうなる?

髭脱毛の施術間隔が空いてしまったからといって、脱毛効果がなくなるわけではありません。

しかし、以下の2つの理由により、脱毛効果が低くなるのは事実です。

毛周期がわかりづらくなる

髭脱毛を開始してから、ベストな間隔である1〜2ヶ月を目安にしていれば、成長期の髭を効率よく狙えます。

しかし、途中で間隔が空いてしまうと、また毛周期を一から探らなければいけません。

成長期に効率よくヒゲ脱毛をしたいのであれば、間隔を空けすぎない方が良いですね。

脱毛器の照射レベルが低くなる

効果が低下

髭脱毛を開始して1〜2回目は、脱毛器が及ぼす肌への影響を確認するためにも、威力を下げた状態で照射が行われます。

通常であれば、3回目あたりから威力を上げて脱毛していきますが、間隔が空いてしまうと、また肌状態をチェックするために照射レベルを低くされてしまう可能性があるんですね。

照射レベルが低いと、それに伴い脱毛効果も低下します。

一定の照射レベルで効率よく脱毛していきたいのであれば、4ヶ月以上は間隔を空けないことをおすすめします。

髭脱毛期間に気をつけたい注意点

泥棒髭

髭脱毛の期間中は、一時的にヒゲが濃くなる「泥棒ヒゲ」に悩まされることがあります。

なぜなら、毛穴の中のヒゲが炭化してしまい、抜け落ちるまでの期間濃く見えてしまうからです。

しかし、脱毛の施術を受けてから1週間以上が経過すると、徐々にポロポロと抜け始めます。

そのままの状態がずっと続くわけではないため、焦ってヒゲを抜くような行為は絶対にしないでください。

また、泥棒ヒゲは脱毛の施術を始めたばかりの人がなりやすい傾向があります。

初めての髭脱毛で泥棒ヒゲが発生したら驚くと思いますが、時期が来たら自然と抜け落ちることを覚えておきましょう。

どうしても気になる人は、泥棒ヒゲの期間中だけマスクで隠すのがおすすめです!

ヒゲ脱毛の期間まとめ

今回は、髭脱毛完了までの期間や、効果を実感できるまでの回数等についてご紹介しました。

ヒゲ脱毛は、一度で満足いく効果を得られるものではありません。

繰り返しの施術により、理想の仕上がりを手に入れることができます。

頻繁に通うのが途中で面倒に感じてしまう人もいると思いますが、効率よく脱毛していくためにも、間隔は空けすぎないようにしてくださいね!

ct7