【注目!】ニキビやニキビ跡があっても医療レーザー脱毛を使ったヒゲ脱毛は可能なのか徹底解説!

ニキビ

繰り返し発生するニキビやニキビ跡に、日々悩まされている人は多いですよね。

ヒゲ脱毛を検討している人にとって、ニキビやニキビ跡があるとレーザー脱毛が受けられないのでは? といった、不安が頭をよぎるのではないでしょうか。

そこで今回は、ニキビやニキビ跡があっても問題なく医療レーザー脱毛を使ったヒゲ脱毛の施術が受けられるのかについて解説します。

ニキビやニキビ跡があっても医療レーザー脱毛は可能?

クリニックで取り扱われている医療レーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛と比較して、威力が高い特徴があります。

肌にかかる負担が大きいことから、ニキビやニキビ跡があると脱毛の施術が受けられないと思う人も多いでしょう。

結論からお話しすると、ニキビやニキビ跡があっても、医療レーザー脱毛は受けられる場合があります。

ただし、あくまで受けられる可能性があるだけで、すべての人が必ずしも脱毛の施術を受けられるわけではないんですね。

自分がどちらに当てはまるのかを判断するのは非常に難しいため、次の特徴を参考にしてみてください。

ニキビやニキビ跡が原因で医療レーザー脱毛が受けられない人の特徴!

ニキビやニキビ跡が原因で医療レーザー脱毛が受けられない場合、次のような特徴が挙げられます。

ニキビ跡の色素沈着が悪化している

ニキビ跡は、繰り返し発生したニキビによって皮膚に跡が残ってしまった状態を指します。

ニキビが今現在進行している肌状態ではないため、問題なく脱毛の施術が受けられるケースも多いのですが、色素沈着が悪化していると施術を断られる可能性が出てくるんですね。

なぜなら、医療レーザー脱毛は黒色のメラニン色素に反応させる脱毛方法が一般的だからです。

黒色メラニン色素がある「毛根」部分にレーザーを照射し、毛乳頭や毛母細胞を破壊します。

つまり、黒色メラニン色素に反応する特性があるため、濃いシミやホクロのある部分は保護シールを貼ってから施術することも少なくありません。

したがって、広範囲に悪化した濃い色素沈着を発生させている場合には、脱毛の施術が受けられなくなってしまうんですよ。

ただし、黒色メラニン色素に左右されない脱毛方法も登場しているため、このような方法であれば、悪化した色素沈着があったとしても脱毛の施術を受けられます。

ニキビやニキビ跡が化膿している

ニキビ跡

ニキビやニキビ跡に強い炎症を引き起こし、赤く化膿している状態では、医療レーザー脱毛の施術が受けられません。

もともと医療レーザー脱毛は表皮に負担の少ない脱毛方法にはなりますが、炎症を引き起こした状態だと、火傷等のリスクが高くなってしまうからです。

また、医療レーザー脱毛は脱毛施術後に肌が乾燥しやすい状態へと陥ります。

炎症を引き起こしているデリケートな肌状態に脱毛の施術を行うと、ますますニキビやニキビ跡の炎症が悪化する可能性もあるため、施術を断られるケースがほとんどでしょう。

ヒゲ脱毛(顔脱毛)でニキビやニキビ跡が改善するって本当?

ニキビやニキビ跡が発生しやすい人は、ヒゲ脱毛の施術によって改善する可能性があることをご存知でしょうか。

「なぜ、ヒゲ脱毛でニキビやニキビ跡が良くなるんだろう・・?」

このような疑問を感じる人も、当然いますよね。

そこで、ヒゲ脱毛がニキビやニキビ後に良い理由を、以下に3つまとめました。

脱毛によって毛穴が引き締まる

そもそもニキビを発生させる1番の原因は、毛穴から過剰な皮脂を分泌させているからです。

毛穴から分泌された皮脂はアクネ菌の餌となり、菌の増殖を引き起こします。

その結果、免疫細胞が過剰反応してしまうため、毛穴に炎症を引き起こしてしまうんですね。

しかし、脱毛の施術によってムダ毛や髭がなくなれば、毛穴は徐々に引き締まります。

引き締まった毛穴には雑菌が繁殖しにくいため、炎症を引き起こす機会が自然と減っていくんですね。

したがって、脱毛をきっかけにニキビができにくい状態となり、ニキビ跡にも悩まされなくなる人が増えます。

脱毛によって肌への負担が減る

ヒゲ脱毛でシェービングの手間を省けるようになれば、カミソリを使ってヒゲ処理を行う必要がありません。

カミソリの刃は、必要な角質まで取り除いてしまいます。

角質が取り除かれることにより、肌のバリア機能を低下させるため、シェービングがなくなることで肌への負担を大きく軽減できるんですよ。

また、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌は、肌の乾燥が原因の1つです。

シェービングによって肌が乾燥しやすい状態になると、肌に潤いを保とうと防衛本能が働き、皮脂を分泌させます。

肌への悪循環肌の乾燥 → 皮脂の過剰分泌 → ニキビ発生

このような悪循環も、脱毛をきっかけにシェービングしなくなることで改善されるはずです。

脱毛によって美肌効果が期待できる

美肌

医療レーザーを使ったヒゲ脱毛は、脱毛以外の副効果として美肌効果が得られることをご存知でしょうか。

POINTシミ(色素沈着)が薄くなる

✅肌のターンオーバーが向上されニキビができにくくなる

このような効果も、脱毛と同時に得られる可能性が高いため、ヒゲ脱毛によって肌状態が改善されたと感じる人も多いんでしょう。

ニキビやニキビ跡があるときに脱毛の施術を受ける際の注意点

ニキビや、ニキビ跡が発生している状態で脱毛を受ける際には、以下の注意点に気をつけてください。

肌状態を医師に確認してもらう

医師の診断

クリニックの医療レーザー脱毛は、医師による診察を受けてから施術を行うことができます。

ニキビやニキビ跡が気になる際には、脱毛の施術を予約する際に必ず伝え、「肌の診察してから脱毛したい」と申し出てください。

医師が常駐していない脱毛サロンは避ける

医療レーザー脱毛ではなく、脱毛サロンやエステの光脱毛を検討している方は、ニキビやニキビ跡が気にならない状態の時を選ぶようにしましょう。

なぜなら、医療機関であるクリニックとは違い、脱毛サロンやエステには医師が常駐していないからです。

万が一脱毛の施術後にトラブルが発生してしまうと、迅速に対処してもらうことができません。

ニキビやニキビなどの不安を抱えながら脱毛の施術を始めたいときには、クリニックの医療レーザー脱毛の方が安心です。

脱毛後の肌状態を注意深く見守る

脱毛後の肌は、皮膚の内部に熱がこもり、非常にデリケートな状態です。

特にニキビやニキビ跡を引き起こしている不安定な肌状態のときには、脱毛の施術後に悪化する可能性も少なくありません。

脱毛後の肌状態を注意深く観察し、万が一異変を感じた際には、速やかにクリニックを受診してください。

まとめ

今回は、ニキビやニキビ跡があっても医療レーザーを使ったヒゲ脱毛が可能なのかをご紹介しました。

肌状態に不安を残したまま脱毛の施術に挑むのは、非常に精神的ストレスが大きくなります。

少しでも安心して脱毛の施術に挑みたい方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。

なお、医療レーザー脱毛を検討しているクリニックで肌状態を確認してもらいたい方は、初回の無料カウンセリング予約時に相談することをおすすめします。

ct7