【気になる疑問】髭の脱毛は産毛に効果なし?産毛を脱毛すると硬毛化のリスクがあるって本当?

うぶ毛

女性は、メイクのりを良くするために顔の産毛を処理していますが、男だって産毛があると気になりますよね。

しかし、だからといってこまめに顔の産毛までカミソリを使って自己処理を行うのは、かなり面倒臭いです。

「顔の産毛が気になるけど、放置してしまっている・・」

こんな男性も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、今流行りの髭脱毛です。

髭脱毛で顔の産毛まできれいに処理してもらえたら、とても便利だとは思いませんか?

このページでは、髭脱毛が顔の産毛に効果があるのかについて解説しています。

また、顔の産毛を髭脱毛によって処理することで、硬毛化するといった噂の真実にも迫っているので、ぜひチェックしてみてください!

髭脱毛が産毛に効果がないといわれる理由とは?

髭脱毛で産毛が解消されるかについては、賛否両論があります。

わかりやすく説明すると、髭脱毛は産毛に対して効果ありと紹介されていることもあれば、髭脱毛は産毛に効果がないと、紹介されていることもあるんです。

そこで、まず把握しておいてもらいたいのが、脱毛のメカニズムです。

髭脱毛の施術には、大きく分けて次の3つの方法が存在します。

  1. 医療レーザー脱毛
  2. 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  3. ニードル脱毛(美容電気脱毛)

医療レーザー脱毛と光脱毛に共通しているのは、黒色のメラニン色素に反応させて熱ダメージを加える点です。

肌の表面から脱毛器を照射し、黒色メラニンを通して発毛組織を熱で破壊するんですね、

つまり、この方法では黒い色素がある産毛に対しては効果を発揮しますが、肌色の皮膚に馴染んでしまうような色素の薄い産毛には、高い効果を期待できません。

そしてニードル脱毛ですが、こちらは毛穴1本1本に専用の針を差し込み、微弱な電流を流して発毛組織を破壊します。

黒色のメラニン色素に左右されない脱毛方法になるので、色素の薄い産毛であっても、高い脱毛効果を期待することができます。

このメカニズムを見ていただくとわかりますが、脱毛方法によっては効果を発揮しない産毛があるんです。

これが、髭脱毛による産毛の効果が賛否両論ある理由ですね。

レーザーや光の種類でも髭脱毛方法によって産毛への効果が変わる!

上記では、一般的な脱毛のメカニズムをご紹介していますが、実は医療レーザー脱毛器や光脱毛器の種類によっては、産毛に対して高い効果を発揮するものがあります。

産毛に効果を発揮する医療レーザー脱毛器の種類

産毛に対しても、高い効果を期待できると支持されている医療レーザー脱毛器が、「蓄熱式ダイオードレーザー」です。

こちらは、毛根付近にある発毛組織ではなく、表皮から近い毛根に栄養を送るための組織「バルジ領域」を狙います。

メラニン色素の影響を受けない脱毛方法になるので、産毛に対しても脱毛効果を期待することができるんですね。

ちなみに、クリニックの蓄熱式ダイオードレーザーは、「メディオスター」と呼ばれる機種です。

「湘南美容クリニック」や「ゴリラクリニック」では、髭脱毛の施術にメディオスターが活用されています。

産毛に効果を発揮する光脱毛器の種類

続いて光脱毛器ですが、産毛に対しても効果を発揮するのが、「SHR式」と呼ばれるものです。

こちらは、上記でご紹介した蓄熱式ダイオードレーザーと同じ仕組みで、黒色のメラニン色素に左右されません。

毛穴から近い毛包に、じわりじわりと熱ダメージを与えていくので、脱毛効果を実感するまでには時間がかかりますが、産毛に対してしっかりと効果を実感できます。

なお、SHR式で髭脱毛を行っている代表的な脱毛サロンが、ホスト界の帝王ローランドがプロデュースしている「ローランドビューティーラウンジ」です。

こちらのサロンにあるこだわりの脱毛器「Lumix-A9」は、蓄熱式のSHR脱毛になるため、産毛の効果はもちろん、脱毛施術時の痛みも軽減されていると好評です。

髭脱毛で産毛を処理するとどんなメリットがある?

髭脱毛で顔の産毛を処理すると、次の2つのメリットが得られます。

顔の印象が明るくなる

男性の明るい顔

男性の産毛は、

  • 女性よりも色素が濃い
  • たくさん生えている

このような特徴があります。

顔全体を覆う形でびっしりと産毛が生えていることも多いので、これだと顔全体がくすんで暗く見えてしまうんですね。

しかし、髭脱毛の施術で産毛がなくなれば、顔の印象が明るくなり、若々しく見られる機会も増えるでしょう。

毛穴が引き締まり肌がきれいになる

どんなに髭脱毛をしても、顔全体に産毛がたくさん生えている状態では、毛穴を小さくすることができません。

ですが、髭脱毛によって産毛までしっかりと処理してしまえば、毛穴が徐々に小さくなり、肌全体がきれいに見えるんですね。

日頃から毛穴の開きが気になっている男性は、産毛を処理することで、その悩みを解消できるかもしれません。

髭脱毛で産毛を脱毛すると硬毛化する?

髭脱毛で産毛を脱毛した人のなかには、一時的にヒゲが濃くなったり、硬くなったりする「硬毛化」といった現象を引き起こすことがあります。

そもそも硬毛化が引き起こされる最大の原因は、ヒゲを成長させる発毛組織が活性化してしまうことです。

脱毛器から照射される熱エネルギーにより、このような症状を引き起こしてしまうケースがあるんですね。

いまだに、決定的な原因はわかりませんが、医療レーザー脱毛によって髭を脱毛すると、このようなリスクが高くなるといわれています。

髭脱毛での硬毛化を予防する対処法はある?

髭脱毛で、産毛を処理したことにより発生する硬毛化を避けたい人には、以下の3つの対処法がおすすめです!

期間を空けずにこまめに通う

硬毛化は、医療レーザー脱毛器を使った低出力の照射によって、引き起こされる可能性があります。

したがって、低出力での施術を避けたいのであれば、期間を空けずにこまめに通うことが大切です。

なぜ、期間を空けるのが良くないのかというと、脱毛の間隔が長くなってしまうと、次回の施術時に肌トラブル防止として、脱毛器の照射レベルを落とされてしまうことがあります。

このような機会を避けるためには、できるだけクリニックが推奨している間隔で、脱毛の施術に通いましょう。

硬毛化を引き起こしにくい脱毛方法を選択する

メディオスター

上記でご紹介した蓄熱式ダイオードレーザーの「メディオスター」や「SHR式」は、産毛に効果を発揮するだけでなく、硬毛化を引き起こしにくい脱毛方法としても紹介されています。

硬毛化をできるだけ避けて医療レーザー脱毛や光脱毛に挑戦したいのなら、このような脱毛器を導入しているクリニックで、髭脱毛の施術を受けましょう。

また、レーザーや光を使用しないニードル脱毛は、硬毛化のリスクが低い脱毛方法です。

施術時に痛みを伴うデメリットがありますが、産毛脱毛での硬毛化を避けたいのであれば、おすすめですね!

髭脱毛の施術を繰り返し受ける

硬毛化は、髭脱毛による副作用として知られています。

しかし、解消されないような副作用ではなく、発問組織が活発になることで発生する一時的な副作用なので、脱毛の施術を繰り返すことにより、ヒゲ同様に抜け落ちていきます。

硬毛化が怖いからと、うっすら濃くなっている状態でそのまま放置してしまうと逆効果なので、髭脱毛の施術を繰り返し受けるようにしましょう。

顔のうぶ毛のヒゲ脱毛効果のまとめ

今回は、髭脱毛が顔の産毛にも効果があるのかや、硬毛化するのかについてご紹介しました。

産毛にも高い効果を発揮する脱毛方法を選択すれば、髭脱毛と同時に顔の産毛も解消できます。

確実な方法はニードル脱毛になりますが、上記でご紹介した、産毛にも効果を発揮する医療レーザー脱毛器や光脱毛器を使えば、しっかりと脱毛効果を実感できるはずです。

顔の産毛を解消したい人は、ぜひ脱毛方法に注目してみましょう!