男性の腕毛処理にカミソリはだめ!新社会人にもおすすめの好感度がアップするおすすめ処理法3選

腕毛

男性は女性よりも体毛が濃いため、腕に毛が生えているのはある意味当たり前ですよね。

しかし、最近の女性は男性に対して清潔感を求める傾向があります!

もじゃもじゃとした濃い腕毛が生えていると、拒否反応を引き起こしてしまう恐れが、かなり高いんですよ。

  • 電車のつり革につかまる際に見える腕毛が気持ち悪い
  • 会社の同僚の腕毛が濃くて不快
  • 合コンに来た男子の腕毛が毛深すぎてドン引き

このように感じる女性は非常に多いため、腕毛はエチケットとしてしっかり処理しておくのがおすすめです。

そこで今回は、新社会人にもおすすめしたい好感度がアップする男性の腕毛処理法をご紹介します!

男性の腕毛処理にカミソリがおすすめできない理由

手っ取り早く男性の腕毛を処理できる便利なアイテムが、カミソリです。

カミソリなら薬局やドラッグストアで安く購入することができるし、処理する際にもそこまで時間がかかりませんよね。

しかし、一見便利そうなこのアイテムには、次の3つの欠点が存在します。

黒いブツブツが目立つ

カミソリでヒゲを剃ったことがある男性ならイメージが湧くと思いますが、カミソリを使って毛を処理すると、毛穴に黒いブツブツが目立ちませんか?

カミソリは、皮膚の表面に生えている毛しか処理することができません。

そのため、先細に生えている毛をカミソリでカットすると、断面が太くなり毛穴にある黒いブツブツが目立つんですね。

これでは、もじゃもじゃの毛を取り除くことができたとしても、清潔感をアップさせることができません。

肌荒れで見た目が汚くなる

カミソリは、皮膚の表面を覆っている肌にとって必要な角質まで削ぎとってしまいます。

繰り返し使っていると、肌のバリア機能が低下して肌荒れを引き起こすようになるんですね。

腕が赤くなってしまったり、乾燥してガサガサになってしまったりすると、いくら毛を処理していたとしても、見た目が汚くなり逆効果です。

すぐにチクチク生えてくる

男性の腕毛をカミソリで処理しても、翌日にはすぐに生えてきてしまいます。

上記でご紹介したように、カミソリでカットした断面は太くなっているため、チクチクとした不快な毛が生えてくるんですね。

これが何かの拍子で女性の肌にあたると、

  • 気持ち悪い
  • 汚い

このようにマイナスイメージを持たれてしまいます。

毛抜きを使った腕毛処理もNG

カミソリがダメなら、毛抜きを使って抜けば良いと考える人もいますが、こちらも残念ながらNGです。

なぜなら、毛抜きを使って腕毛を処理してしまうと、次の2つのリスクを高めてしまうんですね。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎

毛嚢炎は、毛を抜き取った際に毛穴を傷つけてしまい、そこから菌が侵入して毛包に炎症を引き起こす肌疾患です。

不衛生なカミソリの刃を使用していると、高い確率で発症してしまう可能性があるんですね。

症状が軽ければ時間とともに改善されますが、悪化してしまうと病院で治療しなければいけません。

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛

埋没毛は、何かの拍子で毛の出口が塞がれてしまい、皮膚の中に毛が埋もれてしまう状態を指します。

このような状態を引き起こすと、黒または赤のブツブツが目立ち、汚い肌となってしまいます。

また、埋没毛は一度引き起こすと繰り返す特徴があるため、非常に厄介です。

好感度がアップする男性の腕毛処理法3選

では、男の腕を美しく保てる好感度が高い腕毛処理には、どのような方法があるのでしょうか。

処理法① ボディトリマー

ボディトリマー

ボディトリマーは、電動バリカンのような形状をしているムダ毛処理グッズです。

長さ調整できる、アタッチメントが付属されています。

長すぎる腕毛を適度な長さに調整し、さらに軽くクシを通すような感覚で全体に使用すれば、毛量を少なくすることに成功します。

ツルツルに仕上げるというよりは、体毛が薄い男性の腕毛程度に仕上がるイメージです。

Amazonのボディトリマーの検索結果

処理法② 抑毛ローション

抑毛ローション

抑毛ローションは、即効性の高い腕毛処理法ではありません。

しかし、長期にわたって使い続けることで、剛毛な腕毛を薄くできる便利なアイテムなんです。

  • 毛の成長を遅くする
  • 毛1本1本を細くする

このような効果を期待することができます。

単品で使うと効果を実感しにくいため、他の腕毛処理法と組み合わせるのがおすすめです。

Amazonの抑毛ローションの検索結果

処理法③ メンズ脱毛

メンズ脱毛では、腕毛を薄くしたり、ツルツルにしたりすることができます。

脱毛方法は、主に次の3種類となりますが、どれを選ぶかによって脱毛完了までの「回数」「期間」「費用」が事なるんですね。

  • クリニックの医療レーザー脱毛
  • サロンのフラッシュ脱毛
  • エステのニードル脱毛

クリニックの医療レーザー脱毛は、脱毛効果に優れた出力の高い脱毛器を使って施術を行うため、比較的少ない回数と期間で脱毛効果を発揮します。

サロンのフラッシュ脱毛に関しては、クリニックの医療レーザー脱毛より脱毛器の出力が低くなるため、十分な脱毛効果を実感するまでには、回数と期間が必要です。

ただし出力が低い分、以下のメリットがあります。

・痛みが緩和されている
・肌への負担が少ない

そして、最後にエステのニードル脱毛ですが、こちらは毛穴1本1本に専用の針を差し込んで施術を行うため、すべての脱毛が完了するまでに回数と期間が必要になる傾向があるんですよ。

上記2つの方法と比較すると、脱毛施術中の痛みも大きくなるので、腕毛脱毛にはあまりおすすめできません。

ですが、その場ですぐに毛が抜け落ちるといった嬉しいメリットがあるため、根強い人気を誇ります。

ちなみに費用に関してですが、医療レーザー脱毛とニードル脱毛は、費用が高くなりがちです。

安い方法でメンズ脱毛を始めたい人は、価格設定がリーズナブルなサロンのフラッシュ脱毛から始めるのも良いでしょう。

男性の腕毛処理に関するよくある質問

男性の腕毛処理に関しては、わからないことが多くて不安な人がたくさんいると思います。

そこで、腕毛処理に関するよくある質問を3つまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

Q.ツルツルと薄くするのはどっちがいい?

A.男性の腕毛処理で一番最初に気になるのが、仕上がりをツルツルにするか薄くするかですよね。

結論からお話しすると、どちらでも大丈夫です。

男性の腕毛が女性から不評なのは、もじゃもじゃとした毛深い毛が、不潔に見えてしまうからなんです。

毛量や長さを調節して薄くできれば、自然と清潔感はアップします。

したがって、ツルツルにするか薄くするかをお悩みの人は、どちらが自分に似合うかを重視すると良いですね。

  • 全体的に体毛が濃い → 薄く整える
  • おしゃれ髭を生やしている → 薄く整える
  • 髭が薄い(髭脱毛した人も含む) → ツルツルにする
  • 普段から爽やかさを重視している → ツルツルにする

Q.脱毛はどのくらい費用がかかる?

A.男性の腕脱毛にかかる1回あたりの費用は、脱毛サロンで平均して以下のようになります。

  • ヒザ上 → 約6,000〜12,000円
  • ヒザ下 → 約6,000〜12,000円

クリニックの医療レーザー脱毛やニードル脱毛だと、さらに1回あたりの金額が高くなる可能性があります。

ただし、脱毛は回数を重ねることで割引が適用されたり、他の部位とセットで脱毛することで安くなったりする場合があるんですよ。

さらに、お得なキャンペーンを行っているサロンやクリニックも多いため、メンズ脱毛を検討されている方はぜひ、無料カウンセリングに訪れてみてください。

Q.脱毛はどのくらいの期間で完了する?

A.男性の腕毛脱毛が完了するまでの期間は、平均して次のようになります。

  • クリニックの医療レーザー脱毛 → 1年半程度
  • サロンのフラッシュ脱毛 → 2年半〜3年程度

ニードル脱毛に関しては、本数によって脱毛にかかる回数や期間が大きく異なるため、初回カウンセリング時に直接尋ねてみてください。

腕毛の処理方法のまとめ

今回は、男の好感度がアップする腕毛処理法を中心にご紹介しました。

カミソリや毛抜きを使った方法は簡単ですが、思いもよらない肌トラブルを引き起こす危険性があるため、できるだけ行わないようにしてくださいね。

なお、メンズ脱毛は春から夏に向けて予約が1番混み合います。

少しでも早く腕毛を脱毛したいとお考えの人は、できるだけ早めに無料カウンセリングの予約を取りましょう!