【男性の陰部脱毛】女性スタッフが施術する確率はどのくらい?体験談からみるメリット・デメリットとは

女性看護師

竿に絡みつく陰毛や、玉袋の毛が邪魔だと感じたことはありませんか?

ズボンのチャックに挟んだり、パートナーの女性から嫌がられたりしますよね。

そんな不快なムダ毛を、最近では脱毛する男性が増えています。

女性のVIO脱毛と同じように、男性のVIO脱毛を行うサロンや、クリニックが増えているんですよ。

しかし、デリケートな陰部を脱毛するのに、施術を女性スタッフが担当するのか、男性スタッフが担当するのかは、非常に気になるところです!

そこで今回は、男性のVIO脱毛を取り扱うサロンやクリニックで、女性スタッフが担当する確率と、体験談からみるメリットとデメリットに注目しました。

男性のVIO脱毛が気になっている人は、必見です!

男性の陰部脱毛の施術範囲

男性の陰部脱毛の施術範囲は、下記3つに分かれます。

  1. Vライン
  2. Iライン
  3. Oライン

3箇所全てを脱毛する場合、VIO脱毛と呼びますが、範囲は次の通りです。

【Vラインの範囲】 ・恥骨周囲にある逆三角形に生えた毛
【Iラインの範囲】 ・玉袋の付け根から肛門手前までの毛
・玉袋に生えている毛や竿に生えている毛
【Oラインの範囲】 ・肛門周りに生えている毛

なお、Iライン脱毛に挑戦する場合、サロンやクリニックによって、定められている範囲が異なる場合もあります。

竿や、玉袋の毛までしっかりと対応してもらいたい人は、初回カウンセリング時に範囲の詳細を尋ねておくのがおすすめです。

男性の陰部脱毛を女性スタッフが施術する確率は?

男性の陰部脱毛を、女性スタッフが施術する確率はそこまで多くありません。

なぜ、一般的に女性スタッフより男性スタッフの確率が高いのかというと、男性を希望する人が多いからです。

男性の陰部脱毛では、恥ずかしい箇所を施術担当者にすべて見られる可能性があります。

異性である女性に見られるよりは、同性である男性の方が、気軽に通いやすいと考えるケースが多いんですね。

女性スタッフが多数在籍しているサロンや、クリニックであっても、男性の陰部脱毛のみは男性スタッフが対応するといったケースが、最近ではかなり増えてきました。

ただし、小規模なサロンやクリニックでは女性スタッフが対応する可能性も考えられます。

対応するスタッフの性別が気になる人は、あらかじめ確認しておきましょう。

男性の陰部脱毛を女性スタッフが対応するメリット・デメリット

では、具体的に男性の陰部脱毛を女性スタッフが対応する場合、一体どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

実際に、女性スタッフが対応した体験談をもとに、メリットとデメリットについてまとめました。

女性スタッフのメリット

男性の陰部脱毛を女性スタッフが対応した場合のメリットは、次の3つとなります。

異性に触られる不快感がない

女性スタッフに対応してもらうのは恥ずかしさがありますが、異性にデリケートな箇所を触れられる不快感はありません。

「男に触られるのが気持ち悪い」

「竿や玉袋を見たり触ったりされることに嫌悪感を感じる」

体験談をみても、このように考える男性は意外と多い結果となっています。

このように感じる人は、女性スタッフに対応してもらうことで、男性スタッフならではのデメリットを解消することができるでしょう。

女性目線で相談に乗ってもらえる

女性看護師

男性の陰部脱毛では、どのようなデザインにするべきか、悩んでしまう人も少なくありません。

男性スタッフでも、しっかりと相談に乗ってもらえますが、なかには女性の意見が知りたいと考える男性もいるんですね。

このような場合、女性スタッフに施術をお願いすることで、女性から見た目線での相談に乗ってもらえます。

女性が好むデザインを知りたい人は、メリットが大きいでしょう。

勃起しても精神的なショックが少ない

男性の陰部脱毛の中でも人気の高いIラインの施術では、竿や玉袋を触ります。

光やレーザーを効率よく照射するために必要な工程となりますが、デリケートな箇所を触れられることで、敏感な人は反応してしまうケースも少なくありません。

そんなとき、対応しているのが男性スタッフだと、「男に触られて勃起してしまった」といった精神的ショックを感じる男性も多いんですね。

もちろん、生理的な現象なので気にする必要はありません。

脱毛の施術を行うスタッフもプロなので、このような状況には慣れています。

しかし、開き直るのが難しい繊細な人は、女性スタッフの方がダメージが少ないかもしれませんね。

女性スタッフのデメリット

続いて、男性の陰部脱毛女性スタッフが対応した場合のデメリットは、次の3つです。

陰部を見られるのが恥ずかしい

恥ずかしい

男性の陰部脱毛は、サロンやクリニックで用意された紙パンツに着替えるケースが多いです。

下半身をもろに出した状態のまま放置される心配はありませんが、脱毛の施術中は紙パンツをずらしながら、光やレーザーを照射していくため、どうしても陰部を見られてしまいます。

特に、肛門周りを脱毛するOラインの施術では、「女性に見られたくない」と感じる人が多いため、女性スタッフによる施術だとリラックスできない可能性があるでしょう。

勃起して射精しないか心配になる

勃起

上記でもご紹介しましたが、男性の陰部脱毛は竿や玉袋といったデリケートな箇所に手が触れます。

これがきっかけで勃起してしまった場合、好みの女性スタッフに施術をしてもらっていると、思わず射精しないか心配になる男性もいるんですよ。

このような不安が頭をよぎり、脱毛の施術に通うのが嫌になってしまうケースも、少なくありません。

脱毛施術中に微妙な空気になる

脱毛の施術中は、ベッドに横たわった状態で、顔にタオルをかけられます。

おしゃべりをしてリラックスさせようとしてくれるスタッフの方もいますが、相手が女性だと微妙な空気になってしまい、気まずく感じてしまうことも。

その点、男性スタッフが対応する場合には、このような時間を有効活用し、人には話せないような悩みを気軽に相談できるといったメリットがありますね。

男性の陰部脱毛を男性スタッフが対応するおすすめクリニック・サロン

やはり女性スタッフではなく、男性スタッフに陰部脱毛をお願いしたい!

このように考える男性におすすめなのが、以下のおすすめクリニック・サロンです。

ゴリラクリニック

ゴリラ脱毛

ヒゲ脱毛に定評のあるゴリラクリニックでは、男性の陰部脱毛も行っています。

一般的な脱毛の施術は女性スタッフが担当するケースも多いのですが、陰部脱毛は男性スタッフが対応してくれるんですね。

脱毛器の種類も指定することができるので、クリニック脱毛を検討中の方におすすめです。

ゴリラクリニック公式サイト

メンズリゼ

mensrizeメンズリゼ

どこのクリニックよりも料金設定がわかりやすいと好評なのが、男性専門の脱毛クリニックでお馴染みのメンズリゼです。

メンズリゼの陰部脱毛は、基本的に男性スタッフが対応します。

公式サイトにもしっかりと記載があるので、安心ですね。

メンズリゼクリニック公式サイト

レイロール

レイロール

男性の陰部脱毛で好評なのが、男性専用脱毛サロンのレイロールです。

スタッフの指名は不可となりますが、陰部脱毛は基本的に男性スタッフが対応しています。

都心を中心に店舗を展開しているため、地方の人は通いづらいデメリットがありますが、業界初の最安値保証を実施しているので、どこよりも安く脱毛の施術が受けられますね!

レイロール公式サイト

RINX

rinx

男性技能士が数多く在籍していることで知られRINXでは、陰部脱毛に限らず、脱毛の施術をすべて男性スタッフが対応します。

カウンセリングから施術まで、一貫して男性スタッフが担当してくれるため、女性スタッフが苦手な人におすすめです!

リンクス公式サイト

陰部脱毛を女性スタッフが対応するメリットやデメリットのまとめ

今回は、男性の陰部脱毛を女性スタッフが対応する確率や、メリット・デメリットを中心にご紹介しました。

女性スタッフが恥ずかしいと感じる人でも、気軽に通えるサロンやクリニックが増えており、有名な店舗で可能となっています。

ぜひ、気軽な気持ちで挑戦してみてくださいね。

この記事が気にいったらフォローしよう!
\メンズ脱毛情報を毎週更新/