【徹底検証】男のIラインに生えてる毛が気になる!つるつるに仕上げるにはセルフ処理とサロン脱毛のどちらが良い?

Iライン

清潔感がアップして、快適な生活を過ごせると話題になっている「男のIライン脱毛」

蒸れたり、痒くなったりする夏が来る前に、お手入れしてつるつるに仕上げたいと考えている男性も、多いのではないでしょうか。

しかし、いざIライン脱毛に挑戦しようと思ったとき、

  • 自分でお手入れするべき?
  • 脱毛サロンでプロにお願いするべき?

このように迷われる人も多いですよね!

そこで今回は、男のIラインに生えている毛をつるつるにする場合、セルフ処理が良いのか、サロン脱毛が良いのかについてご紹介します。

Iライン脱毛の基礎知識についても解説しているので、気になっている男性は必見ですよ!

男のIラインの範囲とは?

Iラインの範囲

Iライン脱毛を始めるのなら、まずは正しい範囲について把握しておきましょう。

男のIラインとは、基本的に「玉袋の裏から肛門の手前までの範囲」を指します。

竿の付け根に気になるムダ毛が生えている人は、この部分もIラインの毛として含みます。

ちなみに、肛門周りに密集して生えている毛は「Oライン」と呼ばれ、サロンやクリニックの脱毛では、Iラインとセットでお手入れする人が多いです。

ただし、Oラインに関してはセルフ処理でつるつるに仕上げるのはかなり難しいでしょう。

誤って粘膜部分を傷つけては大変なので、体が柔らかい人や器用な人であっても、自分自身でお手入れするのは控えた方が無難です。

男のIラインに生えてる毛は必要?

男のIラインに生える毛は、蒸れや痒みを引き起こす原因となるだけで、特に必要なものではありません。

デリケートな部分を守るための毛となりますが、下着を着用していれば毛を使って保護する必要がないからです。

したがって、つるつるに処理したとしても、安全性の観点で困るような事態には陥らないので、安心してくださいね。

男のIラインの毛は残すべき?つるつるにするべき?

つるつるにしても特に問題のないIラインの毛ですが、本当に全部取り除いてしまっていいのか、不安に感じる人もいますよね。

そこで、男のIラインの毛は残すべきなのか、つるつるにするべきなのかを、わかりやすくするため、それぞれのメリットとデメリットを以下にまとめました。

つるつるに仕上げるメリット・デメリット

つるつるに仕上げるメリット ・蒸れることで発生する痒みや肌トラブルが大幅に軽減される
・毛によって誘発されていた痒みが改善される
・清潔感がアップして女性から喜ばれる
つるつるに仕上げるデメリット ・つるつるにしたことがバレたら恥ずかしい
・セルフ処理だと生えてきたときにチクチクする

つるつるに仕上げた場合のメリットとデメリットは上記のようになります。

メリットとデメリットの両方をみていただくとわかりますが、はるかにメリットの方が大きいですよね!

また、男のIラインに生えている毛は、女性のように目立つわけではありません。

つるつるにしても気がつかれないことが多いため、他人の目をそこまで気にする必要はないでしょう。

毛を残して仕上げるメリット・デメリット

毛を残して仕上げるメリット ・違和感のない自然な仕上がりになる
・お手入れしたことをパートナーにバレる心配がない
毛を残して仕上げるデメリット ・蒸れや痒みが解消されない
・つるつるに仕上げたときのような快適さが得られない

続いて、Iラインの毛を残して仕上げるメリットとデメリットは、上記のようになります。

恋人や妻に、Iライン脱毛がばれてしまう心配は、限りなく低いのが大きなメリットとなりますが、つるつるに仕上げるほどの爽快感は得られません。

蒸れたり、痒かったりする肌トラブル軽減を目的でIラインのお手入れを検討されている人は、大きなメリットを得られなくなる可能性が高いでしょう。

男のIライン脱毛はセルフ処理とサロン脱毛のどちらが良い?

男のIライン脱毛には、以下の2通りでお手入れする方法があります。

  1. セルフ処理
  2. サロン脱毛(クリニック脱毛)

セルフ処理は、電気シェーバーやヒートカッター、さらに家庭用脱毛器を使用するのが一般的です。

一方、プロにお願いするサロン脱毛やクリニック脱毛では、光やレーザーを使ってお手入れします。

それぞれの方法に、メリットとデメリットが存在するため、まずはしっかりと把握しておくことが重要です。

セルフ処理のメリット・デメリット

セルフ処理のメリット ・自分でお手入れできるから恥ずかしくない
・空いた時間を使って手軽に処理できる
・あまりお金がかからない
セルフ処理のデメリット ・肌に負担をかけやすい
・粘膜周辺は危険を伴う
・チクチクとした毛がすぐに生えてくる
・家庭用脱毛器は本体を購入する費用や、時間と手間がかかる

セルフ処理で男のIライン脱毛を始める場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

サロンやクリニックの脱毛とは違い、自分自身でお手入れできるのが最大のメリットになりますね。

ただし、セルフ処理の方法によっては肌に負担をかけやすく、肛門付近の粘膜部位は慎重にお手入れしないと、危険を伴います。

サロン脱毛のメリット・デメリット

サロン脱毛のメリット ・半永久的にセルフ処理が不要になる
・肌に負担をかけにくい
・プロにお願いするので仕上がりがきれい
・敏感肌でもお手入れが可能
サロン脱毛のデメリット ・デリケートゾーンを他人に見られる
・通うのに時間と手間がかかる
・脱毛費用が発生する

続いてサロン脱毛(クリニック脱毛)で、男のIライン脱毛を始める場合には、上記のようなメリットとデメリットがあります。

プロにお願いするサロンやクリニックの脱毛なら、半永久的にセルフ処理が不要になります。

黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを使うため、肌表面に負担をかけにくいところも良いですね。

ただし、デリケートゾーンを他人に見られてしまうデメリットや、脱毛するのに費用が発生してしまうデメリットが気になる人もいます。

男のIラインを安心・安全につるつるにしたいならサロン脱毛がおすすめ!

セルフ処理とサロン脱毛(クリニック脱毛)のメリットとデメリットを比較していただくとわかりますが、プロにお願いする方が多くのメリットが得られますよね。

特に安全の観点からみると、脱毛の施術に慣れているプロにお任せすることで、リスクを最小限に抑えながら、つるつるのIラインを手に入れることが可能です!

最近では、お得な価格で脱毛できる、男性スタッフが在籍する脱毛サロンも増えているため、このようなお店を探すことでデメリットを大幅に解消できるのも大きな魅力ですね。

メンズ脱毛サロン「レイロール」は業界最安値でIライン脱毛ができる

レイロール

業界初の最安値料金保証を導入したのが、都心を中心に店舗を展開している、メンズ脱毛サロン「レイロール」です!

こちらのお店では、他店の脱毛の通常料金より1円でも高かった場合、割引交渉に応じてくれます。

この制度のおかげで、どこよりも安く男のIライン脱毛が実現するんですよ。

また、レイロールは料金が安いだけではなく、脱毛効果にも徹底したこだわりがあるため、男性専用に特化した脱毛マシンを導入しています。

剛毛な男性の毛に対し、スピーディーな施術と確かな脱毛効果を期待することができるので、初めての脱毛で失敗したくない人にも、おすすめですね。

ちなみに、Iラインを含むデリケートゾーンのお手入れに関しては、基本的に男性スタッフが対応してくれるため、女性に施術してもらうのが恥ずかしい人でも安心です!

レイロール公式サイト

Iライン脱毛の基礎知識まとめ

今回は、男のIライン脱毛の基礎知識や、セルフ処理とプロにお願いするサロン脱毛(クリニック脱毛)のどちらが良いのかについて、ご紹介しました。

Iラインのお手入れは、自分自身でこまめに行うのが大変です。

肌に負担をかけたり、危険を伴ったりする可能性もあるため、どちらか迷っているのなら、ぜひプロにお願いしてみてくださいね!

ct7