【メンズ脱毛】脱毛前のシェービングで剃り残しがあったら脱毛してもらえない!?人気クリニックの対応を徹底検証!

ひげ剃り

初めてメンズ脱毛に挑戦する際には、不安や心配事がたくさんありますよね。

そんな心配事の1つに、「レーザー脱毛前のシェービングによる剃り残し」が挙げられます。

  • 脱毛前のシェービングの剃り残しによって、施術を断られてしまった
  • 脱毛前のシェービングの剃り残しのせいで、追加料金を請求されてしまった

このような口コミを見かけると、ものすごく不安になりませんか?

そこで今回は、脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合はどうなるのか、各人気クリニックの対応を徹底検証しました!

さらに、脱毛前にシェービングが必要な理由や、正しいシェービング法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛前のシェービングとは?必要な理由は?

そもそも脱毛前のシェービングとは、サロンやクリニックで脱毛する際、前日や前々日にカミソリや電気シェーバーを使って、ムダ毛を処理することを指します。

「今から脱毛するのに、なぜわざわざ剃るの!?」

このような疑問が頭をよぎる人もいると思いますが、脱毛前のシェービングは、次の2つの理由によって必要なんですね。

理由1「肌トラブルリスクを軽減する」

ひげ剃りの意味

サロンやクリニックで導入されている一般的な脱毛器は、黒色のメラニン色素に反応させて、発毛組織に熱ダメージを与えます。

毛根付近にある「毛乳頭」や「毛母細胞」といった発毛組織に熱を加えることで、毛を再生させる活動を弱らせるんですね。

特に、クリニックの医療レーザー脱毛では、発毛組織を破壊していくことが可能なため、毛の再生活動を完全に停止させることができるんですよ。

この際に、黒いムダ毛が肌の表面に生えている状態だと、光やレーザーが反応してしまい、火傷を始めとする肌トラブルを、発生させる可能性が高まります。

したがって、このような肌トラブルを引き起こさないためにも、シェービングによってムダ毛を処理する必要があるんですね。

また、黒いムダ毛が変えている状態で脱毛の施術を始めると、皮膚の表面に熱が伝わりやすくなり、痛みを伴います。

理由2「脱毛効果を高める」

上記でご紹介している通り、脱毛器は黒色のメラニン色素に反応するため、シェービングをしていない状態で施術を行うと、熱エネルギーが分散されます。

ムダ毛によって発毛組織に十分な熱ダメージが加えられず、効果が半減してしまうんですね。

少ない回数や期間で効率よく脱毛していくためには、シェービングをしっかりと行い、剃り残しのない状態で、脱毛の施術に挑むことが重要です!

正しい脱毛前のシェービング法!

脱毛前のシェービングがなぜ必要なのかは、上記2つの理由を見ていただくことで、納得してもらえたと思います。

しかし、脱毛前のシェービングで誤って肌を傷つけてしまうと、脱毛の施術が受けられなくなる可能性も。

そこでまず把握しておきたいのが、正しい脱毛前のシェービング法です。

シェービングに必要な道具

脱毛前のシェービングに必要な道具は、

  1. カミソリ
  2. 電動シェーバー
  3. シェービングフォーム(ジェル)

この3つになります。

入浴時などの毛が柔らかくなったタイミングでシェービングするのが1番ですが、難しい場合には蒸しタオルなどで前準備を行いましょう。

温かいタオルの蒸気で毛を柔らかくしてあげると、ムダ毛の処理が楽になります。

また、電気シェーバーは細かい産毛や、細かい箇所のムダ毛を処理する際に便利です。

肌にかかる負担も少ないため、積極的に活用してください。

シェービングの手順

脱毛前のシェービングの正しい手順は、以下となります。

  1. 肌を清潔な状態にする
  2. 蒸しタオルやシェービングフォーム(ジェル)で前準備を行う
  3. カミソリを使い、毛流れに沿って剃る
  4. 細かい部分は電気シェーバーで仕上げる
  5. 保湿クリームなどでアフターケアを行う

メンズ脱毛では、ヒゲ・デリケートゾーン・全身脱毛と、あらゆる部位の脱毛プランがありますが、上記でご紹介した方法はすべてに共通します。

ただし、iラインやoラインといった粘膜に近いデリケートな部分をシェービングする際には、シェービングフォームなどは控えた方が良いでしょう。

肌への負担が少ない電気シェーバーを、フル活用してくださいね。

シェービングの注意点

逆剃り

POINT✅逆剃りをしない
✅手の届かない箇所を無理にシェービングしない
✅剃り残しがないか明るい場所で確認する

脱毛前にシェービングする際の注意点としては、この3つが挙げられます。

肌に余分な負担をかけないためにも、必ず毛流れに沿った形でカミソリをあてるようにしてください。

逆剃りは、肌にとって必要な角質まで取り除く危険性があるため、脱毛前のシェービングには向きません。

また、背中やデリケートゾーンといった手の届きにくい箇所は、無理にシェービングするのを避けてください。

皮膚の表面に傷がついてしまうと、脱毛の施術が受けられません。

最後に剃り残しですが、こちらは蛍光灯の下や太陽の下などの、明るい場所で確認するとわかりやすいですね。

シェービングで剃り残しがあったら脱毛してもらえない?

脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合には、次の3つの対応にどれかになってきます。

  1. 剃り残し箇所を避けて施術を行う
  2. 有料でシェービングしてくれる
  3. 無料でシェービングしてくれる

脱毛の施術を断られてしまうといった可能性は低いですが、脱毛サロンやクリニックによって対応が大きく異なります。

剃り残しがあった場合の対応に関しては、初回カウンセリング時に、きちんと確認しておくのが安心ですね。

各メンズ脱毛クリニックの剃り残し対応比較!

では実際に、剃り残しがあった場合にどのような対応が行われているのか、メンズ脱毛で定評のある以下の3つのクリニックを、みていきましょう。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

芸能人からも人気なのが、男性の美容医療を中心に施術を行う「ゴリラクリニック」です。

こちらでは、脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合、無料でシェービングしてもらえます。

脱毛の施術前には、必ず剃り残しががないかのチェックを行っているため、完璧にシェービングできていなくても問題ありません!

ゴリラクリニック公式サイト

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

全国に数多くのクリニックを展開し、リーズナブルな脱毛料金が評判を集めているのが、湘南美容クリニックです。

湘南美容クリニックでは、脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合、有料での対応になります。

・1部位につき500円

ちなみに、湘南美容クリニックの剃り残しチェックは、かなり厳しいです。

0.5ミリでも剃り残しがあると、1部位につき500円がどんどん加算されてしまいます。

脱毛の施術を断られるといった対応にはなりませんが、お金がかかってしまうことを覚えておいてください。

湘南美容クリニック公式サイト

メンズリゼ

mensrizeメンズリゼ

男性専門の脱毛クリニックとして、人気を集めているメンズリゼ 。

こちらのクリニックでは、脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合、無料にてシェービングを行っています。

さらに、初回の施術に関してはVIO脱毛以外、事前にシェービングしていく必要がありません。

毛量や毛質をクリニック側が把握するためにも、シェービングをしない状態で来店することを推奨しています。

なお、2回目以降に関しては、脱毛前のシェービングが必須です。

剃り残しには無料で対応してもらえますが、照射枠が決められているため、シェービングに時間を割くことにより、希望の部位をすべて照射してもらえない可能性が出てくることを覚えておいてください。

メンズリゼクリニック公式サイト

脱毛前に剃り残しがあった場合のクリニックの対応まとめ

今回は、脱毛前のシェービングで剃り残しがあった場合の対応についてご紹介しました。

正しいシェービング法をマスターし、できる限り完璧な状態で脱毛の施術に挑むのがおすすめですね!

今からメンズ脱毛をスタートさせようとお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を役立ててみてください。

ct7