【男の肌荒れ対策】背中ニキビはアクネ菌じゃなくてマラセチア菌!?ブツブツを解消する3つの方法をご紹介!

マラセチア菌

男の肌荒れで最も多いのが、顔や体(背中・お尻等)に発生するニキビです。

なかなか解消されず、困っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、そのなかなか改善されないニキビ、実は原因が「アクネ菌」ではないかもしれません!

アクネ菌ではないニキビに対し、アクネケアを続けていては、当然解消するのが難しいですよね。

そこで今回は、顔ニキビと背中ニキビの原因菌の違いやマラセチア菌、解消するための3つの方法をご紹介します。

  • 背中のブツブツが解消されない
  • 体ニキビをどうやって改善すれば良いのかわからない
  • 何をやっても効果がない

このようにお悩みの方は、必見です!

顔のニキビと背中ニキビは原因菌が違う?

まず、顔ニキビと背中ニキビの決定的な違いから、ご紹介します。

顔に発生するニキビの多くは、「赤ニキビ」「白ニキビ」「黄ニキビ」といった、いくつかの種類に分かれ、大きさも痛みもその時々によって変わりますよね。

一方、背中ニキビは赤く腫れ上がったり、痛みを伴ったりするケースがほとんどありません。

全体的に赤いブツブツが広がり、大きさも均一なのが特徴的なんですよ。

なぜ、顔と背中に発生したニキビに、これだけの違いが出てしまうのかというと、ニキビの発生源となる原因菌が異なるからなんです。

顔ニキビの原因になりやすいのは「アクネ菌」

ニキビ

顔に発生するニキビの多くは、アクネ菌によって引き起こされます。

アクネ菌は皮膚の常在菌の1つとなり、常に顔の皮膚に存在している菌なのが特徴的です。

そんなアクネ菌には善玉菌と悪玉菌が存在し、この2つのバランスが均等にとれていれば、善玉菌が肌を弱酸性に保ってくれているんですね。

しかし、肌環境が悪化すると皮脂を餌にしたアクネ菌が増大してしまい、結果的に悪玉菌が増えます。

すると、毛穴に炎症を引き起こす結果となるんですね。これが、顔ニキビを悪化させる大きな原因です。

背中ニキビの原因になりやすいのは「マラセチア菌」

背中ニキビ

顔ニキビの原因は、アクネ菌であると判明していることから、背中にできたニキビも、アクネ菌によるものだと思われてきました。

しかし研究が進むにつれて、背中ニキビの原因はアクネ菌ではなく、体に多く存在するカビの一種「マラセチア菌」だということがわかったんです。

背中には多くの皮脂腺が存在し、体の中でも皮脂分泌が活発なのが特徴的です。

この皮脂を餌にして、マラセチア菌は増殖してしまうため、毛包内で炎症を引き起こし、背中に赤いブツブツを発生させるんですね。

ちなみに、マラセチア菌によって引き起こされる毛包炎(背中ニキビ)は、自然に完治するものではありません。

放置しておくと、どんどん広がる恐れもあるため、適切な対策法を心がけることが大切です。

マラセチア菌はお尻ニキビの原因となる可能性も!

細菌

上記で「背中ニキビの原因菌はマラセチア菌である」とご紹介しましたが、お尻に発生するニキビもマラセチア菌の可能性があります。

なぜなら、マラセチア菌はカビの一種になることから、高温多湿を好む傾向があるからです。

下着やデニムなどに覆われているお尻は、通気性が非常に悪いため、常に高温多湿の状態ですよね。

この状況は、マラセチア菌にとって増殖できる条件がすべて揃っています。

したがって、お尻に発生した赤い小さなブツブツは、マラセチア菌によって引き起こされている可能性も考えられるんですよ。

アクネケアだけに力を入れてしまうと、お尻ニキビがなかなか解消されないかもしれません。

マラセチア菌を撃退して背中のブツブツを解消する3つの方法!

マラセチア菌を撃退して、なかなか改善されない背中のブツブツを解消するためには、以下の3つの方法が有効です!

殺菌と抗菌作用がある専用アイテムを取り入れる

クロマイN軟膏

アクネ菌に有効なのは「サリチル酸」ですが、マラセチア菌に有効なのは「イソプロピルメチルフェノール」です。

薬用石鹸などにも多く配合されているイソプロピルメチルフェノールには、強い殺菌作用と抗菌作用が期待できます。

なお、イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌に対しても優れた殺菌作用を発揮するため、アクネ菌とマラセチア菌両方に対して、良い変化を期待することができるんですよ。

どちらが原因でニキビを引き起こしているのかわからない場合には、イソプロピルメチルフェノールが配合されたスキンケアアイテムを、取り入れるのが良いでしょう。

なお、薬局やドラッグストアで入手できる市販薬「クロマイ-N軟膏」は、抗真菌成分が配合されています。

マラセチア菌を撃退するのに効果的な市販薬となるので、このような商品を試してみるのもおすすめです。

AmazonのクロマイN軟膏の検索結果

シャンプーやリンスのすすぎ残しが背中に付着しないようにする

マラセチア菌は皮脂を好むといったお話をしましたが、皮脂だけでなく脂全般が大好きです。

つまり、シャンプーやリンスに含まれているオイル成分も、マラセチア菌の大好物となってしまうんですね。

背中にシャンプーやリンスのすすぎ残しが付着した状態では、マラセチア菌が増殖する絶好の機会を与えてしまいます。

これを防ぐためには、シャンプーとリンスを最初に行い、その後に体を洗うように心がけると良いですね!

通気性と吸湿性に優れた洋服を選ぶ

通気性のいい服

マラセチア菌が好む環境を作らないためには、風通しの良い素材で作られた洋服を着用するように心がけてください。

通気性や吸湿性が悪いと、どうしても高温多湿を作り出します。

特に、春から夏にかけては気温が高まり、汗をかきやすくなりますよね。

このような時期には、

  • リネン素材
  • テンセル素材

この上記2つの素材がおすすめです!

なお、コットンは速乾性があり、肌触りも良いのが特徴的です。

しかし、汗をかくと高温の状態を引き起こす可能性が高い素材でもあるんですね。

「綿100%は肌に良い」といった先入観で購入してしまうと、結果的にマラセチア菌が好む環境を作り出してしまう可能性も。

このような事態を避けるためにも、率先して上記2つの素材を取り入れてみてください。

解消法で改善されない人はメンズ脱毛もおすすめ!

上記3つの解消法を試しても、なかなか改善されない人は、背中にある毛によってマラセチア菌が増殖しやすい環境を、作り出している可能性があります。

そこでおすすめなのが、クリニックのメンズ脱毛です!

自分では手の届きにくい背中も、クリニックのメンズ脱毛ならきれいに取り除くことができるんですね。

さらに医療レーザー脱毛を使ったクリニックの脱毛では、一度施術が完了した後に再度目立つ毛が生えてくる心配がありません。

毛によって汚れが蓄積しやすかったり、高温多湿になりやすかったりといった状態から、抜け出すことに成功するんです。

見た目にも清潔感が出て、女子からの印象も良くなりますし、一石二鳥ですね!

ちなみに、クリニックの医療レーザー脱毛を使って背中の脱毛に挑戦する場合、かかる費用の目安は以下となります。

ゴリラクリニックの背中脱毛 全5回153,000円
湘南美容クリニックの背中脱毛 全6回82,500円(背中上下いずれか1カ所)
メンズリゼの背中脱毛 全5回73,800円

料金を比較していただくとわかりますが、背中脱毛はメンズリゼがとても安いです!

クレジットカード払いや分割プランも選ぶことができるので、ぜひこの機会に試してみてください。

背中ニキビのマラセチア菌のまとめ

今回は、背中ニキビの原因菌や改善するための解消法についてご紹介しました。

放置すると、どんどん悪化する可能性がある背中ニキビは、気がついたときに早めにケアしていくことが大切です。

ぜひ、ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね!

ct7