【驚愕!】ニキビの原因は髭剃りだった!?完璧な対策法でツルツル肌を手に入れよう

ニキビ毛嚢炎

髭剃りによるニキビが繰り返し発生して、うんざりしている人も多いですよね。

「ニキビが頻繁にできる」「良くなってもすぐにニキビが再発してしまう」

もしあなたがこんな悩みを抱えているのなら、その原因は毎日行っている髭剃りかもしれません。

そこで今回の記事では、髭剃りでニキビができる原因に注目しました。

髭剃りによるニキビから、生涯解放される完璧な対策法を解説していくので、ぜひ役立ててみてくださいね!

ニキビはなぜ発生する?

ニキビの原因菌

ニキビを発生させる直接的な原因は、「アクネ菌」や「黄色ブドウ球菌」といった皮膚の常在菌です。

常に存在している細菌となるため、肌の状態が良好に保たれていれば、大きな問題を発生させることはありません。

しかし、肌の水分量や油分量のバランスが乱れ、過剰な皮脂を分泌するようになると、これを餌にして一気に菌が増殖します。

その結果、一定周期で行われている肌の再生機能が正常に働かなくなるんですね。老廃物が蓄積され、毛穴に炎症を引き起こし、ニキビを発生させてしまいます。

髭剃りでニキビや毛嚢炎ができる3つの原因!

髭剃りがきっかけでニキビや毛嚢炎(もうのうえん)を発生させてしまうのは、以下の3つの原因が考えられます。

必要な角質まで取り除く

カミソリで髭剃りを行っていると、刃が髭と一緒に肌表面の角質まで取り除きます。

不要な角質であれば取り除いても問題ありませんが、肌を保護している必要な角質まで取り除かれると、無防備な状態にさらされてしまうんですね。

すると、雑菌や紫外線といった外的刺激を受けやすくなり、肌が炎症を引き起こしやすい状態を作り出します。

また、角質が取り除かれたことで肌の水分が蒸発しやすくなるため、乾燥状態に陥り、余分な皮脂を分泌させてしまうこともあるんですよ。

皮脂が過剰に分泌されれば、アクネ菌の増殖によるニキビを発生させやすくなります。

髭剃り道具が不衛生

毎日使用する髭剃り道具は、こまめにお手入れするのが面倒ですよね。

しかし、カミソリの刃をメンテナンスしない状態で放置していると、気がつかない間に大量の雑菌を繁殖させてしまうんです。

この状態で髭剃りをしていれば、当然皮膚にも雑菌が繁殖します。

この雑菌が毛穴の奥に入り込み、ニキビを引き起こすきっかけになることも少なくありません。

切り傷から毛嚢炎を発症

どんなに気をつけて髭剃りをしていても、カミソリの刃で肌を傷つけてしまうことってありませんか?

出血しないような小さな傷であっても、そこに細菌が侵入することで炎症を引き起こし、毛嚢炎を発症する可能性があるんです。

毛嚢炎はニキビと異なりますが、赤いぶつぶつとした状態が発生するため、ニキビに間違えてしまう方も多いでしょう。

なお、毛嚢炎に感染した場合は抗菌薬の内服や外用薬が必要です。

ニキビのように自然治癒しないケースもあるので、疑われる場合には皮膚科を受診してください。

髭剃りでニキビを発生させない方法はある?

髭剃りを続けた状態で、100%ニキビを予防するのは難しいでしょう。

しかし、できる限り髭剃りが原因でニキビを発生させないためには、以下の2つの注意点を参考にしてみてください。

電気シェーバーを使う

電気シェーバー

髭剃り時の肌にかかる負担を軽減したい方は、T字のカミソリではなく、電気シェーバーを使用してください。

電気シェーバーはカミソリとは違い、肌に刃があたりません。

余分な角質を取り除いてしまう可能性や、うっかり肌を傷つけてしまう可能性も低いでしょう。

前処理と後処理を徹底する

髭剃り前は必ず、「蒸しタオル」と「シェービングフォーム」を使い、前処理を行います。

この手間を省いてしまうと、肌にかかる負担が大きくなってしまうからです。

また、髭剃り後は化粧水や乳液を使い、肌をしっかりと保湿する後処理を行ってください。

この2つの処理を徹底することで、肌状態をできる限り健やかに保てます!

髭剃り後のニキビはどう対処すれば良い?

ひげ剃りでのニキビ

髭剃り後にうっかりニキビができてしまったら、まずは髭剃りを中止してください。

ニキビが発生した状態のまま髭剃りを続けると、うっかりニキビをつぶしてしまったり、悪化させたりする可能性があります。

さらに、ニキビを治すためには皮膚科を受診し、抗菌剤などを処方してもらいましょう。

肌の再生能力を高める、ビタミン剤の内服も有効です。

髭剃りでのニキビを防ぐ完璧な対策法はヒゲ脱毛!

髭剃りでのニキビを防ぎたいのなら、1つだけ完璧な対策法があります。

その対策法とは、ヒゲ脱毛です。

ヒゲ脱毛すれば、毎日髭剃りをする必要がありません。

脱毛が完了した後は半永久的にお手入れが不要となるため、髭剃りがきっかけで発症するニキビを完全に予防できます!

ヒゲ脱毛の種類

POINT✅クリニックでの医療レーザー脱毛
✅脱毛サロンでの光脱毛

ヒゲ脱毛は、大きく分けて2つの方法があります。

まず、クリニックでの医療レーザー脱毛ですが、こちらは永久脱毛が可能です。

脱毛が完了した後は再発するリスクが限りなく低いため、仮に多少の髭が生えてきたとしても、肉眼で確認するのが難しい程度になります。

続いて脱毛サロンの光脱毛ですが、こちらは費用が抑えられたり、痛みが少なかったりするメリットがある一方、永久脱毛ができません。

したがって、脱毛完了してから数年経過した後、再発する恐れがあります。

しかし、脱毛前のような状態には戻らないため、髭剃りの手間を大きく省くことができるでしょう。

ヒゲ脱毛が完了するまでの期間と回数

クリニックの医療レーザー脱毛は、比較的短い期間でヒゲ脱毛が完了します。

なぜなら、威力の高いレーザー脱毛器で発毛組織を破壊していくため、6〜12回といった少ない回数で脱毛効果を発揮するからです。

しかし、毛周期に合わせながら脱毛していくので、脱毛完了までに平均して1〜2年はかかります。

一方、脱毛サロンの光脱毛はヒゲ脱毛を完了するまでに20回以上の施術が必要です。かかる期間は、およそ2〜3年程度になり、永久脱毛はできません。

ヒゲ脱毛の痛み

髭はデリケートな箇所になるため、脱毛中の痛みがゼロではありません。

感じ方には個人差があるので表現するのが難しいですが、輪ゴムで弾かれたような痛みや熱い針で刺されるような痛みを感じる人が多いです。

比較的、脱毛サロンの光脱毛は威力が弱い分痛みを抑えることができますが、クリニックのような麻酔が使えません。

どちらが良いかは、実際に施術を受けてみないと判断が難しいでしょう。

ただし、最近では痛みの少ない医療レーザー脱毛器も登場しているため、クリニックのヒゲ脱毛を選ぶ方が増えています。

女性に施術してもらうのが恥ずかしい方は、男性専門のクリニックも増えているので、そちらを活用してみてくださいね!

髭剃りでできるニキビのまとめ

今回は、髭剃りでニキビができる原因と、ヒゲ脱毛による完璧な対策法をご紹介しました。

ニキビを繰り返し発生させると、凸凹とした跡が残ってしまったり、色素沈着を引き起こしたりします。

また、「ニキビがあるからカミソリを使わずに毛抜きを使って抜いてしまおう!」と考える方もいますが、こちらも炎症を引き起こすきっかけとなります。

髭剃りをしないでニキビを予防する。

このような選択肢は難しいため、できる限り肌に負担の少ない方法を選択してみてください。

ct7