【またやっちゃった!】陰部の自己処理でカミソリ負け発生!男のアンダーヘアを上手に処理する方法3選

男の身だしなみとして、アンダーヘアのお手入れは当たり前になりつつありますが、自己処理によりカミソリ負けを発生させる人が続出しています!

 

こんな状況に陥ると、こまめに処理するのが難しくなってしまいますよね。

しかし、ボーボーの状態を放置してしまうと、衛生面でもマイナスですし、女性からのウケも良くありません。

そこで今回ご紹介したいのが、男のアンダーヘアを上手に処理する方法です。

カミソリ負けを引き起こさないアンダーヘアの処理法をお探しの方は、必見ですよ!

陰部の自己処理はなぜカミソリ負けしやすい?

そもそもカミソリ負けとは、カミソリの刃が直接肌に触れることで、炎症を引き起こしてしまっている状態です。

なぜ、アンダーヘアの自己処理でカミソリ負けを引き起こしやすいのかというと、陰部ならではの3つの原因があるからなんですよ。

では、そんな気になるカミソリ負けの原因を一つ一つ解説していきますね。

他の身体の部位より皮膚が薄い

陰部は、他の身体の部位と比較して、皮膚が薄くなっています。

皮膚が薄いと、水分を蓄えている角質層も薄くなってしまうため、外的刺激に弱いデリケートな状態です。

このデリケートな部分を、カミソリの刃で刺激してしまうと、ちょっとしたことで炎症を引き起こしやすくなり、カミソリ負けにつながりやすくなったりするんですよ。

また、皮膚が薄いことにより、本来なら刺激から保護するはずのバリア機能が、損なわれやすい状態となります。

衣類等の摩擦で炎症が悪化しやすい

衣類摩擦

陰部は、下着やデニム等のボトムスによって非常に摩擦を引き起こしやすいです。

この摩擦から、大切な場所を保護するためにもアンダーヘアが生えているのですが、自己処理によって取り除くことにより、「カミソリの刃による刺激」と、「摩擦による刺激」の両方が一気に加わってしまうんですね。

これにより、本来ならそこまで気にならないカミソリ負けの症状も、悪化することにより強い炎症やかゆみ等を引き起こします。

太くて濃い毛を処理するのに時間がかかる

アンダーヘアは、男性ホルモンの影響を受ける「性毛」の1つです。

ホルモンの影響を受けにくい「無性毛」と比較すると、硬くて太い毛が成長しやすいため、カミソリを強くあてないと処理することができません。

したがって、カミソリの刃を何度も往復させたり、逆剃りさせたりすることにより、肌に大きな負担をかけてしまいます。

カミソリ負けではなく「埋没毛」の可能性も!

アンダーヘアの自己処理後に赤いぶつぶつ・痛み・痒みが出た場合、多くの人はカミソリ負けを疑います。

しかし実際には、カミソリ負けではなく、埋没毛が引き起こしている炎症の可能性もあるんです。

そもそも埋没毛とは、アンダーヘアを処理する際に皮膚を傷つけてしまい、その傷がかさぶたになることで、皮膚の中に毛が埋まってしまっている状態を指します。

通常なら黒いブツブツとした見た目ですが、炎症を引き起こすと赤いブツブツとなって、痛みや痒みを伴うこともあるんですよ。

見た目はカミソリ負けとよく似ているため、自分では区別がつかないケースがほとんどです。

特に、髭剃り用の3枚刃や4枚刃といった深剃りタイプのカミソリをお使いの人は、埋没毛を作りやすいので、注意しましょう。

男のアンダーヘアを上手に処理する方法3選!

カミソリ負けを、引き起こさずに男のアンダーヘアを上手に処理する方法として有効なのが、以下の3つとなります!

T字カミソリではなく電動シェーバーを使う

電動シェーバー

アンダーヘアを自己処理する際には、肌への負担が少ない電動シェーバーを使用しましょう。

T字のカミソリは、肌に直接刃が当たってしまうのに対し、電動シェーバーは刃が表皮に当たらないように設計されています。

肌に必要な角質を取り除いてしまう心配もないので、敏感肌の人にも有効ですね。

ただし、長い毛をいきなり電動シェーバーで取り除くのは難しいため、ハサミで長さをカットしてから使用するのがおすすめです。

ちなみに、ツルツルではなく、適度に残した自然な仕上がりを目指す人は、バリカンタイプのボディトリマーも良いですね。

長さ調整可能なアタッチメントが付属されているため、こちらを装着することで清潔感のある自然な仕上がりを実現します。

Amazonの電動シェーバー検索結果

抑毛ローションで毛量を少なくする

抑毛ローション

太くて濃い陰部の毛を無理に処理してしまうと、カミソリ負けを引き起こす原因となります。

これを防ぐためには、毛を細くする成分が配合されている抑毛ローションを使用するのもおすすめですね。

抑毛ローションに配合されているパイナップルエキスや大豆イソフラボンは、男性ホルモンを抑制する女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きを行います。

使い続けているうちに、徐々に毛を細くしたり、薄くしたりすることができるため、アンダーヘアのお手入れが楽になるんですよ。

また、抑毛ローションには肌に潤いを与える保湿成分が含まれています。

この保湿成分のおかげで、デリケートな陰部の皮膚状態を健やかに保つことができるため、カミソリ負けを引き起こしにくい状態へと導いてくれるんですね。

ただし、抑毛ローションは即効性を期待できるものではありません。

長期にわたって、継続して使用する必要があるため、今すぐにカミソリ負けを解消できる有効な方法ではないことを、覚えておいてください。

Amazonの抑毛ローション検索結果

VIO脱毛でプロに処理してもらう

レーザー脱毛

カミソリ負けの悩みを根本的に解消したいのなら、1番効果的なのがクリニックやサロンで行うメンズVIO脱毛です。

黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを照射し、発毛組織を狙い撃ちします。

その結果、成長期の毛に対して高い脱毛効果を発揮することができるため、繰り返し施術を受けることで、アンダーヘアの自己処理をする必要がなくなるんですよ!

ただし、クリニックやサロンのメンズVIO脱毛にはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあります。

メンズVIO脱毛をクリニックでした場合のメリット・デメリット

クリニックの医療レーザー脱毛を使って、メンズVIO脱毛に挑戦すると、

  • 永久脱毛が実現する
  • 麻酔で脱毛施術中の痛みを緩和できる
  • 少ない回数で効果を実感できる

このようなメリットが得られます。

しかし、脱毛にかかる費用が高いといったデメリットが挙げられるため、お得になるキャンペーンなどを活用するのが良いですね。

また、クリニックによっては女性スタッフが施術を担当する可能性もあるため、恥ずかしいと感じる人もいるようです。

メンズVIO脱毛をサロンでした場合のメリット・デメリット

サロンの光脱毛を使って、メンズVIO脱毛に挑戦すると、次のようなメリットがあります。

  • 医療レーザー脱毛より痛みが少ない
  • 1回あたりの費用がクリニックより安い

デメリットに関しては、

  • 脱毛完了までに時間がかかる
  • 痛みの軽減に麻酔が使えない

この2つが主に挙げられるため、クリニックの医療レーザー脱毛としっかり比較し、どちらが自分に向いているかを見極めることが大切です。

また、サロンに関してもクリニック同様に、女性スタッフが対応するケースもあるため、気になる人は公式サイトの情報を参考にしたり、初回カウンセリングで直接尋ねたりしてみてください。

陰部の自己処理のまとめ

今回は、陰部の自己処理でカミソリ負けを引き起こす原因や、男のアンダーヘアを上手に処理する方法についてご紹介しました。

カミソリ負けは、一度引き起こすと症状が改善されるまでに時間がかかります。

また、自己処理を繰り返すたびに炎症を発生させる可能性があるため、根本的な解決策として有効なのは脱毛しかありません!

たびたび発生する肌トラブルにお悩みの方は、ぜひこの機会にクリニックやサロンのメンズVIO脱毛を検討してみてくださいね。

ct7