【仕上がりが変わる!?】メンズVIO脱毛前は正しい自己処理が重要!失敗しないコツと覚えておきたい注意点を解説

VIOの自己処理

はじめてのメンズVIO脱毛って、わからないことだらけで不安じゃありませんか?

脱毛前に、毛を必ず剃らなくてはいけないと、いきなりいわれても、

「は?なんで?」

「どうやって剃るの?」

こんなふうに、戸惑ってしまいますよね。

そこで今回は、今さら人には聞けないVIO脱毛前の自己処理に関する疑問について、徹底的に解説します。

  • 脱毛前になぜ毛を剃る必要があるのか
  • 脱毛前のシェービングを失敗しないためにどうすれば良いのか

このような疑問を抱いている人は、必見です!

メンズVIO脱毛前はなぜ自己処理が必要?

クリニックにしても、脱毛サロンにしても、メンズVIO脱毛を受ける前には、脱毛予定部位の毛を、自分自身で処理しなくてはいけません。

しかし、これから脱毛で毛を取り除くのに、なぜこんな面倒なことを、毎回自分でしなくてはいけないのか気になりますよね。

脱毛前に自己処理をする必要があるのは、主に以下の2つの理由があるからなんですよ。

では、一つ一つ解説していきますね!

肌トラブルのリスクを軽減する

メラニン

クリニックの医療レーザー脱毛や、サロンの光脱毛は、黒色のメラニン色素に反応させ、脱毛効果を発揮するのが一般的です。

つまり、毛がボーボーに生えた状態で施術を行うと、皮膚の上に生えている毛にまで光やレーザーが反応してしまうため、火傷をはじめとする肌トラブルのリスクを発生させるんですよ。

しかし、あらかじめ自己処理により毛を剃っておけば、肌色の皮膚の表面には、レーザーや光が反応しません。

反応するのは、皮膚の奥に存在する毛や毛根部分のみとなるため、表皮に負担をかけることなく、脱毛の施術を行うことができるんですね。

したがって、肌トラブルのリスクを軽減するためにも、脱毛前は皮膚の表面に生えている毛を処理する必要があります。

脱毛効果を高める

上記でもお話ししましたが、レーザーや光は黒色メラニン色素に反応します。

毛が生えている状態で脱毛器を照射すると、熱エネルギーが分散されてしまい、毛根付近の発毛組織までしっかりと伝わりません。

すると、再生能力を低下させるだけのダメージを十分に加えることができず、確かな脱毛効果が実感できなくなってしまうんですよ。

このような事態を防ぐためにも、脱毛前は自己処理を行う必要があります。

メンズVIO脱毛前の自己処理で失敗しないコツ!

脱毛前の前処理として必要不可欠なシェービングですが、失敗してしまったり、肌を傷つけてしまったりすると、肝心な脱毛の施術を受けらい可能性が出てきます。

そこで覚えておきたいのが、メンズVIO脱毛前の自己処理で失敗しないための3つのコツです!

希望の仕上がりに合った自己処理をする

メンズVIO脱毛前の自己処理は、必要な箇所だけシェービングします。

例えば、Vラインは形を整える程度に脱毛し、I・Oラインのみツルツルに仕上げるのなら、

POINT✅Vライン → 脱毛箇所だけシェービング
✅Iライン → 全部シェービング
✅Oライン → 全部シェービング

このように、仕上がりに沿った形で自己処理を行います。

つまり、脱毛する範囲が限定されるVラインに関しては、全部シェービングする必要はなく、希望の仕上がりに合わせて、脱毛する部位だけを処理しておけば良いんですね。

もちろんツルツルのハイジニーナ脱毛を希望される場合には、生えている箇所をすべて処理する必要がありますが、残したい箇所がある場合は、必要な箇所だけ自己処理しておけば、誤って光やレーザーを照射される心配もありません!

T字カミソリではなく電気シェーバーを使う

電動シェーバー

脱毛前の自己処理にT字カミソリを使ってしまうと、肌に直接カミソリの刃があたるため、傷をつけてしまい、脱毛できなくなる恐れがあります。

このようなリスクを軽減するためには、肌に直接カミソリの刃があたらない、電気シェーバーを使用しましょう。

ちなみに電気シェーバーは、髭剃り用のものではなく、ボディ用のI字型が良いですね。

細かい箇所までしっかりとシェービングすることができるため、あらかじめ用意しておくと便利です!

前日までに処理を済ませておく

VIO脱毛に限らず、脱毛の施術を受ける前は前日までにシェービングを済ませておきましょう。

忘れてしまった場合は当日でも構いませんが、万が一、カミソリ負けが発生してしまった場合、脱毛の施術が受けられなくなります。

また、シェービングすることによって、肌がカサカサとした状態に陥ると、レーザーや光を照射した際に、十分な脱毛効果が得られない可能性があるんですね。

脱毛当日の保湿剤はNGですが、前日までに処理しておけば、保湿剤を使って肌をなめらかに整えておくことが可能です!

メンズVIO脱毛前の自己処理で覚えておきたい5つの注意点!

メンズVIO脱毛前の自己処理では、以下の5つの注意点に気をつけてください。

毛抜きは絶対に使わない

細かい箇所を、毛抜きを使って抜いてしまう人がいますが、これは絶対にNGです!

なぜ毛抜きを使ってはいけないのかというと、毛根から毛を引き抜いてしまうと、黒色のメラニン色素に反応させることができず、脱毛効果を得られなくなってしまうんですよ。

誤って毛抜きを使ってしまった場合には、新たな毛が生えてくるまで脱毛の施術が受けられないため、必ずクリニックやサロンのスタッフに事情を説明してください。

除毛クリームは避ける

脱毛クリーム

除毛クリームには、毛穴の中の毛まで溶かす薬剤が配合されています。

したがって、除毛クリームを使って脱毛前の自己処理を行うと、毛抜き同様に脱毛効果を得られなくなる可能性があるんですね。

また、除毛クリームに含まれている成分で肌荒れを引き起こす可能性もあるため、脱毛前の自己処理に除毛クリームを使うのは、控えてください。

自己処理前後のケアを徹底する

脱毛前のシェービングでは、肌の表面にある必要な角質まで取り除いてしまう恐れがあります。

その結果、肌がカサカサとしてしまったり、ちょっとした外的刺激に弱くなったりする可能性があるんですね。

このような事態を避けるためにも、自己処理後は保湿効果の高いクリームやローションを使い、しっかりと肌に潤いを与えましょう。

また、Oラインの自己処理を行う前には、肛門の粘膜部分に傷がつかないよう、ワセリンなどで保護してあげることも大切です。

不衛生な状態での自己処理はしない

デリケートゾーンは、他の身体の部位と比較しても雑菌が繁殖しやすい箇所です。

入浴前の不衛生な状態で自己処理を行うと、菌が侵入して、肌状態を悪化させてしまう恐れがあります

このようなリスクを避けるためにも、必ず入浴後にシェービングを行ってください。

自己処理の難しい場所は無理しない

IOライン

IラインやOラインは、自分自身でお手入れしにくい箇所です。

手が届く範囲で、できる限り処理した後は、たとえ剃り残しがあったとしても、無理にシェービングするのはやめておきましょう。

クリニックやサロンのスタッフも、自己処理しにくい箇所は心得ています。

剃り残しがあった場合には、サービスでシェービングするなどの、寛大な対応をとってくれる可能性が高いため、無理は禁物です。

メンズVIO脱毛前の自己処理を正しく行う手順!

メンズVIO脱毛前の自己処理は、以下の5つの手順に沿って行います。

手順1 必要な道具を揃える

必要な道具とは、「ボディ用の電動シェーバー」「鏡」です。
毛が長くて剃りにくい場合には、小さなハサミでカットすると便利なので、こちらも用意しておきましょう!

手順2 シェービング前の準備をする

脱毛前の自己処理は清潔な状態を保つ必要があるため、シャワーなどでしっかりと汚れを洗い流してください。

手順3 体勢を整える

VIO

Vラインは、全身鏡の前で立った状態のまま処理していきます。
IラインとOラインは、和式のトイレにまたがっているようなしゃがんだ状態で、鏡を下に置いて処理すると、やりやすいでしょう。

手順4 シェービングする

電動シェーバーを使い、ムダ毛を処理していきます。
仕上がりに合わせて、該当箇所をすべてシェービングしてください。

手順5 シェービング後のケアをする

シェービングが終わったら、保湿クリームを使って肌に潤いを与えてあげましょう。

デリケートゾーンの保湿には、香料などが多く配合されているものより、肌に負担をかけにくいベビー用保湿剤などがおすすめです。

メンズVIO脱毛の自己処理に関するまとめ

今回は、メンズVIO脱毛前の自己処理に関するコツや注意点についてご紹介しました。

脱毛の仕上がりに影響する可能性のある重要な工程となるため、ぜひ上記でご紹介した内容を参考にしてみてくださいね!

ct7