【濃い胸毛に悩む男性必見】その場しのぎの胸毛処理から卒業しよう!半永久的に生えない2つの方法を解説

濃い胸毛

当たり前のことですが、男性は女性と比較して体毛が濃いですよね。

さらに、女性には生えないような箇所に、太くて濃い毛が生えてしまうことも・・。

そんな男性特有の体毛にまつわる悩みとして、よく挙げられているのが胸毛です。

濃い胸毛がもじゃもじゃと生えてしまい、自分でみても違和感を感じる人が、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、濃すぎる胸毛がなぜ生えてしまうのかを検証し、最適な処理法をご紹介しています。

  • 濃い胸毛はなぜ生えてくる?
  • 濃い胸毛をみんなはどうやって処理している?

このような点に注目しながら、半永久的に胸毛が生えない2つの方法について具体的に解説しているので、ぜひ役立ててみてください!

濃い胸毛が生える理由は男性ホルモン?

胸毛

胸毛が生える範囲や量には、大きな個人差がありますよね。

胸の皮膚がすっぽりと覆われてしまうほど、もじゃもじゃとした剛毛な毛が生えている人もいれば、女性のようにほとんど生えてない人もいるんですよ。

ではなぜ、濃い胸毛は生えてきてしまうのでしょうか。

その答えの大きな鍵を握っているのは、男性ホルモンです。

男性の体内には、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が分泌されていますが、濃すぎる胸毛に悩まされている方の多くは、男性ホルモンの分泌量が豊富なんですね。

胸毛は、男性ホルモンの影響を強く受けて成長するため、分泌量が多ければ多いほど、濃くて太い毛が生えやすいんです。

ちなみに、男性ホルモンの分泌量は母親の胎内にいる胎児期に決まります。

物心ついた頃から、周囲の人と比較して体毛が濃いと実感しているのであれば、生まれつき男性ホルモンの分泌量が多いのかもしれません。

男性ホルモンの過剰分泌は生活習慣で抑えられる?

男性ホルモンの分泌量が原因で胸毛が濃くなってしまっているのなら、分泌量を減らしたいと考える人も多いでしょう。

そこで、男性ホルモンの過剰分泌を抑えるのに効果的だとよく紹介されているのが、次の生活習慣の見直しです。

  • 脂っこいものや肉中心の食事を改善する
  • 過剰な筋トレを行わない
  • 禁煙する
  • ストレスをため込まないようにする

脂っこい食事や肉中心の偏った食事は、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの過剰分泌につながります。

また、過剰な筋トレを行うことで男性ホルモンが優位に立ちやすいといわれているため、こちらに関しても控えた方が良いとされているんですね。

他にも、禁煙したりストレスをため込まないようにしたりすれば、男性ホルモンの過剰な分泌を抑えられると言われています。

しかし実際には、生活習慣の改善のみで男性ホルモンの分泌量を調整できる可能性はそこまで高くありません。

仮に、微量な男性ホルモンの分泌を抑えることに成功できたとしても、遺伝的な要素で毛深い傾向にある人もいるため、あまり期待することができないんですね。

もちろん、生活習慣を見直すのは大事なことですが、胸毛を根本的に解消したい人は後ほど紹介する「半永久的に胸毛が生えない方法」を、実践したほうが効率的でしょう。

濃い胸毛をみんなはどうやって自己処理してる?

では、濃すぎる胸毛をみんなはどうやって自己処理しているのでしょうか。

よく見かけるのが、次の3つの方法です。

カミソリで剃る

カミソリ

手っ取り早く処理できるのが、カミソリを使ってお風呂場で胸毛を剃ってしまう方法ですよね。

これなら時間をかけずに処理することができますし、面倒な手間がかかりません。

しかし、カミソリで処理できるのは肌の表面に生えている毛のみとなるため、毛深い人はすぐにチクチクと生えてきてしまいます。

毛抜きで抜く

毛抜き

頻繁な胸毛処理が面倒な人のあいだで行われているのが、毛抜きを使って毛根から引き抜く方法です。

これなら、しばらくはムダ毛を処理せずに済むため、自己処理の回数を減らすことができますし、チクチクとした不快な毛も生えにくいでしょう。

ですが、毛抜きで抜いてしまうと、埋没毛のリスクを高めたり、さらに濃くて剛毛な毛が生えてきたりする可能性があることを、ご存知でしょうか。

一定期間は処理せずに済むといったメリットとは引き換えに、このような大きなデメリットを発生させる場合があるんですよ。

これを考えると、毛抜きで胸毛を抜くのは逆効果です。

除毛クリーム・ワックスを使う

脱毛クリーム

脱毛クリームやワックスは、胸毛を便利に処理できるアイテムとして、多くの人から愛用されています。

カミソリより肌表面をつるつるに保つことができますし、毛抜きのような手間がかかりません。

しかし、残念ながらこの方法は肌荒れを引き起こすリスクが高いです。

除毛クリームに含まれる毛を溶かす薬剤は、肌に大きな負担をかける可能性があり、脱毛ワックスは剥がす際に刺激となります。

長期にわたって続けるのは、残念ながらおすすめできません。

胸毛を自己処理するメリット・デメリット

メリット ・その場ですぐに胸毛がなくなる
・お金をかけずに処理できる
デメリット ・頻繁に処理する必要がある
・肌トラブルを引き起こす可能性が高い
・手間がかかって面倒くさい

見た目が悪い胸毛は、上記でご紹介しているような方法を使って、お手入れする人がかなり多いです。

ですが、上記のメリットとデメリットの両方が発生することを忘れてはいけません。

みていただくとわかりますが、メリットよりもデメリットの方が大きいですよね。

だからといって胸毛をそのままにしてしまうと、女性から嫌がられてしまうケースも多いでしょう。

そこでおすすめなのが、生涯にわたって半永久的に胸毛を生えなくする2つの処理法です!

濃い胸毛が半永久的に生えない2つ方法!

濃い胸毛を自分自身で処理しても、必ずまた生えてきます。

しかし以下の2つの方法で処理してしまえば、半永久的に濃い胸毛が生えてきません。

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、クリニックで行われている脱毛方法です。

アレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーと呼ばれるレーザーを使い、発毛組織を熱で破壊します。

破壊された発毛組織は、毛を成長させる力が著しく低下するため、濃くて目立つ胸毛が生えなくなるんですね。

サロンの光脱毛とは違い、永久脱毛が可能となるため、年数が経過してから濃い胸毛が再発する心配もありません。

また、医療レーザー脱毛は医師や看護師といった医療資格を持つ人のみ、許されている施術です。

安全な環境で胸毛を脱毛できるので、今までに脱毛の経験がない人でも、安心して任せられます!

ニードル脱毛

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、クリニックやエステサロンで実施されている美容電気脱毛です。

毛穴1本1本に、ニードルと呼ばれる針を差し込んで、脱毛効果を発揮するんですよ。

昔ながらの脱毛方法ではありますが、

  • 永久脱毛が実現する
  • その場ですぐに毛が抜け落ちる

この2つのメリットを得られる唯一の方法なので、今でも根強い人気があります。

ただし、ニードル脱毛は施術時に強い痛みを伴う可能性が高いです。

痛みに弱い人は向いていない脱毛方法となるため、メリットとデメリットを把握した上で挑戦した方が良いでしょう。

また、ニードル脱毛は本数で費用が発生するため、広範囲に密集した胸毛が生えていると、脱毛費用が高額になる可能性もあります。

濃い胸毛が生える理由のまとめ

今回は、濃い胸毛が生えてくる理由やみんなが実践している自己処理法、さらに半永久的に胸毛を解消できる2つの方法についてご紹介しました。

  1. 濃い胸毛が恥ずかしい
  2. 定期的な自己処理が面倒くさい
  3. 胸毛のない自分に生まれ変わりたい

このようにお考えの方は、ぜひこの機会に上記でご紹介した2つの胸毛処理法を、実践してみてください。

メンズ脱毛の需要は年々高まっているため、胸毛をリーズナブルに脱毛できるクリニックも増えています。

ぜひこの機会に、胸毛のコンプレックスを解消しましょう!

ct7