【重要】ヒゲ脱毛は失敗する!?後悔した事例一覧と成功するための対策を解説!

2019-10-02

脱毛失敗

髭剃りの手間から解放され、青ひげの悩みも解消すると人気を集めているのが「ヒゲ脱毛」です。

しかし、ヒゲ脱毛は必ず成功するわけではありません。

実際にヒゲ脱毛に失敗してしまい、大きな悔いを残してしまった事例もあるんです。

そこで今回は、ヒゲ脱毛で失敗や後悔した事例一覧をご紹介します。

成功させるための対策法も解説していくので、ヒゲ脱毛前に必ず目を通してみてくださいね!

ヒゲ脱毛は失敗する確率が高い?

ヒゲ脱毛を始めるきっかけは、人によりさまざまです。

POINT✅毎日の髭剃りが面倒臭い
✅濃いヒゲを薄くしたい
✅青ひげを解消したい
✅女性からモテたい

このように、あらゆる目的を持ってヒゲ脱毛に挑戦するんですね。

しかし、ヒゲ脱毛にはメリットとデメリットがあります。

メリットばかりに気をとられてしまうと、リサーチ不足が失敗へとつながり、残念ながら思いもよらないような結末を迎えてしまうことも・・。

ヒゲ脱毛は、決して失敗する確率が高いわけではありませんが、自分の知識不足により、失敗する確率を高めてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

ヒゲ脱毛の失敗&後悔事例を一覧で紹介!

ヒゲ脱毛で後悔しないためには、まずどのような失敗事例があるのかをしっかりと確認してください。

あらかじめ事例を把握しておくことで、ヒゲ脱毛の失敗リスクを軽減することが可能です。

失敗例1「深刻な肌トラブル」

ヒゲ脱毛の失敗で1番多いのが、深刻な肌トラブルです。

脱毛の施術後に、肌が一時的に赤くなったり、痒みがでたりするのはよくありますが、適切なケアですぐに改善されます。

しかし、以下のような症状が当てはまった場合は、ヒゲ脱毛による深刻な肌トラブルを引き起こしている可能性が出てきます。

火傷(ヤケド)

脱毛の施術直後から肌が赤くなり、腫れやただれを引き起こしている場合は、火傷の可能性があります。

通常の赤みは1日で改善される場合が多いので、24時間経過した後も強い「赤み」や「腫れ」が目立つ場合は、医師の診察が必要です。

なぜヒゲ脱毛でこのような症状を引き起こしてしまうのかというと、脱毛器から照射される強い熱が、体の一部に加わるからなんですね。

また、脱毛器の多くは黒色メラニンに反応する仕組みとなっているため、肌を日焼けしている方は注意が必要です。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎

毛嚢炎とは、皮膚の傷口から細菌が侵入し、炎症を引き起こす皮膚病です。

一見ニキビのようにみえますが、悪化すると自然治癒が難しくなり、抗菌剤を使用しないと改善されません。

ヒゲ脱毛中は、強い熱を加えることで肌両面のバリア機能が衰えているため、肌に傷がつきやすい状態となります。

通常時よりも毛嚢炎を発症するリスクが高まるため、ニキビのような赤いボツボツが発生したら、早めに医療機関へ相談してください。

硬毛化

硬毛化とは、ヒゲ脱毛によって抜け落ちるはずの毛が、反対に濃くなったり固くなったりすることを指します。

何が直接的な原因になるのかは未だに判明していないため、体質的な要因も否めません。

万が一このような症状が発生してしまった場合には、クリニックもしくは脱毛サロンに相談し、適切な対応をしてもらってください。

失敗例2「ヒゲの再発」

「ヒゲ脱毛すれば、生涯にわたり髭が生えてこない」

このように考える人は、とても多いと思います。

しかし実際には、ヒゲが100%生えてこないわけではありません。
特に、エステや脱毛サロンで行われている光脱毛は、高い確率で再発します。

脱毛完了後にヒゲが再発してしまった場合は、再度脱毛の施術を受ける必要が出てくるでしょう。

永久脱毛の定義を知ると、こちらの誤解も解けます。

失敗例3「脱毛効果を実感できない」

「ニードル脱毛」以外のヒゲ脱毛は、すぐに脱毛効果を実感できるものではありません。

何度か脱毛の施術を繰り返し、徐々に髭が薄くなっていくんですね。

ただし、何度も脱毛の施術を繰り返しているのに脱毛効果を実感できない場合は、施術者の技術力が低かったり、照射漏れが発生していたりする可能性があります。

また、毛周期を無視して脱毛の施術を受けると、十分な脱毛効果が得られません。

脱毛効果を実感できない原因を特定し、改善策を見つける必要があります。

私は10回以上の脱毛を受けても効果を感じられなかったので、いろいろと脱毛効果を高める方法を探していきました。

失敗例4「脱毛施術中の痛みに耐えられない」

笑気麻酔

髭は、痛みを感じやすい部位です。

サロンやクリニックで実施されている「ニードル脱毛」は、特に強い痛みを伴います。

痛みに弱い方は、痛みを大きく軽減した脱毛器を選択したり、クリニックで麻酔をお願いしたりしましょう。

脱毛クリニックで使われる笑気麻酔は、酸素と窒素の混合気体を吸い込むことで軽く酔った状態になる麻酔です。

私が笑気麻酔を体験した記事はこちらになります。

失敗例5「ヒゲを生やしたくなった」

ヒゲ脱毛の施術を繰り返し受ければ、髭剃りの手間を省くことができるほど、ツルツルの状態に仕上げることもできます。

しかし、脱毛によって大半のヒゲを取り除いた後は、元の状態に戻すことができません。

「髭を生やしたい!」と願っても、脱毛したヒゲは元に戻らないことを覚えておいてください。

ヒゲ脱毛を成功させるための対策法5選!

ヒゲ脱毛の失敗や後悔事例ばかりみていると、挑戦するのが怖くなってしまいますよね。

しかし、今からご紹介する成功させるための対策法を実践すれば、失敗リスクを大きく軽減することができます!

クリニックでヒゲ脱毛する

ヒゲ脱毛は、次の3つの場所で実施されています。

POINT1⃣脱毛クリニック
2⃣エステサロン
3⃣脱毛専門サロン

この中で、医師が在駐しているのは医療機関である脱毛クリニックのみです。

脱毛の施術中や施術後に何らかのトラブルが発生した場合、クリニックなら適切なケアが受けられます。

症例数や実績をリサーチする

スマホで調べる青年

女性の脱毛は、多くのサロンやクリニックで実施されていますよね。

一方、男性のヒゲ脱毛に関しては、一部のサロンやクリニックのみの取り扱いです。

症例数や実績の少ない場所でヒゲ脱毛を行うと、トラブルのリスクが高まります。

必ず、ヒゲ脱毛の症例数または実績をリサーチしましょう。

湘南美容クリニック、ゴリラクリニック、メンズリゼは全国展開し、症例数も多く安心の脱毛クリニックです。

アフターケアに力を入れているか確認する

ヒゲ脱毛を実施しているクリニックの中には、アフターケアをサービスで行っているところも少なくありません。

追加料金が発生しないアフターケアに力を入れているクリニックを選ぶと、安心度が高まります。

脱毛後のスキンケアを徹底する

脱毛した後の肌状態は、想像している以上に敏感です。

いつも以上に念入りなスキンケアを行い、弱った肌をしっかりと保護してあげましょう。

保湿を念入りに行うことで、考えられる肌トラブルが軽減されます。

永久脱毛についての知識を得る

知識を得る

永久脱毛の定義は、AEA(米国電気脱毛協会)により、以下のように公表されています。

「脱毛の経過1カ月後に、毛の再生率が20%以下」

つまり、脱毛の施術完了後に100%ヒゲが生えてこないわけではありません。

肉眼でみて、気にならない程度まで脱毛が可能ですが、細かい産毛が生えてくる可能性は残されているんですね。

また、永久脱毛が可能なのはクリニックの医療レーザー脱毛です。

エステや脱毛サロンで行われている光脱毛は、永久脱毛の定義が適用されないことを覚えておいてください。

まとめ

今回は、ヒゲ脱毛の失敗事例や成功させるための対策法をご紹介しました。

今からヒゲ脱毛を検討されている方は、メリットとデメリットをしっかりと理解し、失敗リスクが低い方法で挑戦してみてくださいね!

ct7